競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

全力で綱引き

全力で綱引き

一人なら全力を出せるし、その結果を甘んじて冷静に
受け止められるんですが・・・

大勢の中で何かを成し遂げようとする場合、自分の功績が
全体の中でどれぐらいを占めているのか分からないと
モチベーションが続かない斉藤は、個人プレイでする
スポーツが好きです(笑)。

卓球好きでした。
ボウリング好きでした。
ビリヤード好きでした。
ゼロヨンレースやカーレース、雪山ドリフトが大好きでした。

スポーツだけではありません。

将棋、オセロ、五目並べが大好きで、ファミコンウォーズや
ドラクエのような、全部一人でやるシミュレーションや
RPGゲームが大好きでした。

・・・結局、全部、個人戦(笑)。

自分が活躍できない限り、納得できないんだと言うこと
なのかもしれません(笑)。

ですがね・・・

斉藤は独りよがりの孤独な奴・・・というわけでも
ありません。

友達がいないわけでもないし、と言うか、結構ワイワイ
やってます。

ただ・・・同じ嗜好性を持った、似たような奴ばかりの
集まりで(笑)、基本的には「個人プレーヤーが集まって
一緒に飲んでる」みたいな感じなのは事実ですが(笑)。

斉藤が一目置いている男が最近こんなこと言ってくれました。

1対1で綱引きをした時、人間は100%の力を出せる。
負けたくないから。

ところが、20対20で綱引きをしたら、人間は50%以下の
力しか出せない。集団の中で依存心が生まれるから。

集団の中で100%の力を発揮するのは簡単ではない。
人間とは本来・・・そういう生き物なのだから。

・・・斉藤はもう綱引きをする年齢ではありませんが、
子供らの運動会で綱引きをすることはあります。

そして彼の言う通り、斉藤は100%の力を出しては
いないと思います。

ま、子供の運動会でムキになって、額に血管浮き出して
全力で綱引きする父親も少ないとは思いますが(笑)、
子供の手前、勝ったお父さんを見て欲しいと望んでいます。

なのに・・・全力を出しきってはいません。

矛盾するこの思いは、幼少の頃からずっと思ってた・・・
全体の中で自分の功績が占める割合が分からないから
チームスポーツが好きじゃない・・・という思いと共通する
ものだったのかもしれません。

というわけで、常に全力を出すことが出来ない「集団」という
ものの中にいることが、斉藤にとってはあまり快適ではない・・・
と言うことになるのかも知れませんねぇ。

ま、そんなこと言いながらもサラリーマンやってるんで、
あんまエラソーには言えないんですがね(爆)。

コメント


認証コード8074

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional