競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

一日一万円生活の概要(あらまし)

一日一万円生活の概要(あらまし)

一日一万円生活の概要(あらまし)

今は昔・・・四十年ほど昔の話。

日本には「戸締り用心、火の用心のおじいさん」がいました。

当時人気力士だった高見山大五郎や作曲家の山本直純、
そして斉藤と同世代の子供たちを引き連れて・・・

「一日一善!」

と・・・そのおじいさんは、毎日毎日テレビで盛んに
教えを説いておられました。

Youtubeリンク
日本船舶振興会 一日一善


当時は知る由もなかったのですが、そのおじいさんこそ・・・
競艇界の首領、いや日本の首領、故笹川良一氏でした。

毎日そのCMを見ていた斉藤少年は、その教えを素直に守り・・・

日曜日は良いことをして親を大切にし、
月曜日は掃除をして街をきれいにし、
火曜日は火遊びせずに火の用心で、
水曜日は西条人でありながら水を大切にし、
木曜日は木や草花を植えて自然を守り、
金曜日はものを大切にして貯金をし、
土曜日はどろんこになって体を鍛えていました。

いや、曜日までキッチリとは守れてないですけど(笑)、
幼少期に叩き込まれた笹川氏のこれらの教えは・・・
まもなく50歳を迎えようとしている現在まで
斉藤の脳裏から離れることはなく、結果として、
ずっとこの教えを守ってきた・・・ような気がします。

多分、絶対、必ず(爆)。

いや・・・ごめんなさい。

一つだけ・・・あからさまな嘘をつきました。

貯金だけ・・・してません(笑)。
浪費の方が・・・はるかに多いです(爆)。

口座に金はありますが、「置いている」だけで、
貯金という性質のものではありません。

定期預金とか、そういう類の貯金とかは一度もやったことが
ありませんで、財布代わりに、いつも「普通預金」として・・・
置いているだけです。

というか、斉藤は昔からずっと・・・定期預金というのが
大嫌いでした。

定期預金とは・・・自分の大切な金が、自分の手の届かない
ところに行ってしまうことを言います(笑)。

マジな話、「預けてる間に銀行が潰れたらどうなるの?だれが
返してくれるの?」って、子供の頃に母親に聞いて、呆れられて
ました(笑)。

いや、今は多分、これからは多分・・・そんなことはないと
思いますが、当時の銀行はそう簡単には潰れないものだった
みたいで、オヤジにも「お前はアホか?」と言われてましたが(苦笑)、
斉藤少年は心の底から納得(安心)することは出来ず・・・

でも、だんだんと世間のことを知り、確かにそう簡単には
銀行は潰れないものなんだな、とは思いましたけど・・・
それでもやっぱり好きになれなくて。

「自分の大切な金が懲役に行ってしまう」というイメージを
持ってました(笑)。

一度預けて(ムショに入って)しまうと、刑期を務め上げるまでは、
自分の裁量ではどうこう出来なくなる・・・自分の金が自分のもの
ではなくなってしまうような気がしてならなかったんですよね(笑)。

金は使ってナンボ。使って無くなってしまうから、欲しくなって
また稼げる(働ける)んだ。貯める為に稼ぐ(働く)んじゃねぇ!
というポリシーでした(です)。

ま、時は流れて・・・2016年の現在、定期だろーが普通預金
だろーが、金利なんてあって無いようなもので、1千万預けて
利子が1万あるかないかなんて・・・定期で預ける方がどうか
してると思いますけどね(笑)。

・・・余談が過ぎました(笑)。

話を元に戻しますが、そんなわけで、笹川じいさんの
「一日一善」の中で、唯一「貯金をしよう」の教えだけ、
守ることが出来てないのですが・・・

しかし!その代わり斉藤は「一日一万円!」が出来ます。

いや、現在の斉藤は・・・それよりも豪快なダッシュの手法に
手を染めてしまってるんで、毎日この「一日一万円」の手法を
やってるわけじゃないのですが・・・

例えば・・・時間がなくて、腰据えてレースに挑めない時でも、
この「一日一万円生活」の手法なら問題ありません。

ほとんど予習の必要はなく、当日の思い立った時に「とかで」を
開いて、すぐに取り掛かることが出来る手法なんです。

そうですねぇ・・・時間にして1時間あればいいでしょうか。
1時間あれば、1万円を獲る自信があります。

あ・・・朝一から始める場合は除きます。朝一は唐津とか芦屋が
30分毎に1レースしかないので・・・初戦で獲れたら良いですが、
見送る時もあるし獲れない時もあるので・・・「1時間で1万円」は、
無理な時もあると思います(笑)。

「一日一万円生活」

一日に一万円を獲ると言っても、毎日必ず一万円を獲る・・・
というわけではないです(笑)。

例えば30日間勝負したら、その内の25日は1万円を獲ることが
出来ると思います。残りの5日は・・・1万円を失うと思います(笑)。

30日間中の25日間で25万獲り、5日間で5万失えば、
差し引き20万の利益ということになりますが、ちょうど
ピッタリ1万円を獲るわけじゃなくて、1万円をちょっと
超えた額を獲りますし、2万以上獲る時もありますんで、
実戦記録上では25日間で27~28万円ぐらい獲ってます。
アベレージで11,000円をちょっと超えたぐらいです。

だから・・・「一日一万円生活」なんですよね。

一日の中で、特定の任意の1時間で1万円を稼ぎ、
稼いだら即終了する・・・みたいな感じです。

早けりゃ1レース、長くかかっても1時間+αぐらいの
時間があれば、対象とするレースは必ずいくつか現れて、
1万円を稼いで即、逃げる・・・という日々を過ごすことが
可能です。

斉藤のような田舎暮らしだと、一日一万円あれば、充分暮らして
いけます。浪費しても、フェラーリとか、オネエチャンに
マンションを現金一括で!とかの浪費じゃない限り(爆)、
一日一万円あれば・・・充分に暮らしていけます。

その・・・斉藤流、一日一万円生活を「概要(あらまし)」として、
昨日、何の因果かホワイトデーに(笑)・・・対象者さまにお伝え
して・・・

とりあえず・・・肩の荷が降りて、ホッとしているところです。

なんせ、当初の予定(予告)よりもお渡しするのが1年以上
遅れてしまいましたもので(苦笑)・・・

しかし・・・当然と言えば当然なのですが、この一年間に、
手法はかなり進化しておりまして(笑)・・・

特に・・・この「一日一万円生活」方式で
「対象とするレース・しないレースの決め方」という部分について、
「決まった項目の数値パターンの組み合わせ」として、
選定方法を厳密に確立させることが出来ました。
パッと見て・・・数秒間の目視確認で判断できるようになりました。

で、進化することが出来たということは、つまり・・・この
「概要(あらまし)」のために書き溜めてきた実戦メモは、
手法のルールが変わって(確立して)行く度に使えなくなり(苦笑)、
もう一度、実戦からやり直さなきゃならなくなり、で、その
実戦記録の概要解説(あらまし)も、新たに書き直すことになり・・・

そんなことを何度かやってるうちに・・・いや、他にも
「とかで」の機能向上とかの開発案件等の「やること」が
たくさんあって、専属でこれにつきっきりでやってたわけでは
ないので・・・気がつけば1年以上が過ぎてしまっていた
・・・というわけだったのですが(笑)、

正直言うと、1年前の「一日一万円生活」方式だと、
1万稼ぐのに1時間以上かかったかも。

いや、この表現は正しくないな。
1万を稼ぐための所要時間だけじゃなくて・・・

この1年で、1万円を稼ぐための労力が半端なく
軽減されました。

・・・というのが正しいかな。

とにかく、判定要素AとBを使って、対象とすべきレースを
選定するのがとても簡単で素早くなりました。そして、
判定要素CとDから導く順位を絶対順位から暫定順位に
変更したことで、効率良く利益を出せるようになりました。

だから・・・予習が出来てなくても、スキマ時間を見つけて
即実戦に入ることが出来るようになったんです。

実際、1年前の実戦メモを読み直してみたんですが、現在の
やり方に比べたら・・・かなりドロ沼状態の日が多くて(苦笑)、

一進一退を繰り返した揚句にようやく利益1万円を達成したとか、
失ったとか・・・そういう日が多かった(笑)。

前日にしっかりと予習をしていたにもかかわらず・・・ですよ!(苦笑)

判定要素AとBから対象とすべきじゃないレースをふるい落とす
ことが出来るようになったことが大きかったですね。

1万円を稼ぐための「かかる労力」というものが、1年前よりも
はるかに軽減、スマート化されています。

あとは・・・暫定順位に基づく買い目の組み立て方を、もう少し
具体的にルール化させて行きたいのですが・・・

でも、それが出来たらまた書き直さなきゃならなくなるんで(笑)、
現時点での手法を「概要(あらまし)」として・・・お伝えする
ことにしたのでした(笑)。

追伸:
概要(あらまし)ですから・・・
その全てを世間に如実に晒している
わけではありませんで、

ここ最近、近年の斉藤流らしく、「考えてもらうこと」を
メインテーマにしています。

この「概要(あらまし)」を読みつつ、お手元の「とかで」を
開いて、そのレースを見てみれば・・・この手法の中身が
分かります。

「とかで」に表示されている数字だけでやってる手法
なのですから・・・必ず解読出来るようになっています。

今回、質問はなしで、あくまでも解読結果のご報告メール
として読ませて頂くことにしてまして・・・

ダウンロードしてお読み下さり、解読にチャレンジして
下さる方々からの、「解読報告メール」を楽しみに待って
います(笑)。

追伸:2
肩の荷が降りたどころか・・・
めでたくこのPDFを配布出来たことで・・・
殺されずに済みました(爆)。

ラッキーにも生かされた今後の人生、
ますますこの分野の活動に費やして行こうと
思っています。

最後までお読み下さりまして
ありがとうございました。

斉藤 圭佑

コメント


認証コード2185

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional