競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

予防接種のための予防接種?

予防接種のための予防接種?

半期に一度行われる・・・マイクロソフトのWindows10の
メジャーアップデート、「October 2018 Update」が
・・・コケているようです!(笑)

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01144/
(別ページで開きます)

日本では10月4日から(だったと思う)配布が開始されたの
ですが、なんか、このプログラムを適用したらファイルが
消失した・・・という大事件がアメリカで発生したみたいで、
10月8日に更新プログラムの提供は一時中止され・・・
現時点でまだ再開されてないみたいです。

https://japanese.engadget.com/2018/10/07/windows-10/
(別ページで開きます)

実は・・・今回のメジャーアップデートの更新プログラムの
配布開始に間に合わせようと、斉藤とBPさんは水面下で
全力でアプデ版を作ってました。

これまで・・・メジャーアップデートを適用するたびに
毎回「Chart Controls」というマイクロソフト社純正の
プログラムが壊れ(再構築に失敗しやがって)、

「とかで」を起動すると「動作を停止しました」という
Windowsからのメッセージが表示され、起動することが
出来なくなってました。

「永遠オッズDB」の場合は、「既に他のPCが認証されて
います」とか「この認証コードは使用期限が切れました」
というエラーメッセージが表示され、認証が通らなく
なってしまってました。

これらは「PC切替のための認証解除」を事前に実行して
おけば回避できるのですが、なんせ夜中とかに勝手な
タイミングで、ユーザーさんの承諾なしにメジャー
アップデートプログラムの適用が開始されてしまうんで・・・

そうなるともう・・・どうしようもない(苦笑)。

なので、Chart Controlsを内包した、より新しい
.NET Framewrok4.5以降を使うようにプログラムを変更
することから始めて、メジャーアップデートでPIDが
変わっても対応出来るように・・・いや、斉藤はあんまり
詳しいことはよく分からないのですが(笑)、BPさんが
一所懸命にプログラムを改良して下さって・・・

で、これ・・・解決しました。
多分、絶対、必ず、解決したと思います!

Windows10のメジャーアップデートを適用しても、
「とかで」も「永遠オッズDB」も、問題なく起動し、
認証が通るようになりました!

※実際にはメジャーアップデート適用後に初めて
起動した時にだけ、認証コードの入力が必要と
なりますが、「問題が発生しました」とか
「他のPCで認証されています」といったエラーは
出なくなりましたので!

実は・・・10月4日にメジャーアップデートプログラムの
配布が開始されると言うことを知り、密かにテストして
やろうと思ってたんです。

プログラムの配布が開始されたらすぐにでも適用し、
何の問題もないことを確認して・・・
「どや!見てみぃ!解決したでぇ!」と
発表しようと思ってたんですよね。

でも・・・斉藤のパソコンにはSAMDESやDAMDSの
アラートメールを発報するための自作アプリも複数
走らせておりまして、それらが起動出来なくなったり
正常に動作しなくなったりしたことが、これまでの
メジャーアップデート適用時に何度もあったんですよね。

だから・・・メジャーアップデートの配布が
開始された直後に自分から適用しに行くなんて、
愚の骨頂。玉砕覚悟で・・・自ら危険な場所に
飛び込んでいくようなもの(笑)。

斉藤にとって、Windows10のメジャーアップデート
とは「鬼門中の鬼門」みたいなものでして(笑)、
出来れば生涯ずっと避けて通りたいものでして、
実際、これまでずっと・・・もうできるだけ
逃げまくってて(笑)・・・

グループポリシーエディターを使えばメジャー
アップデートの適用を半年伸ばせますんで、
あ、今は3ヶ月先までしか延ばせなくなった
はずですが、とにかく先に延ばせるんで、
その間にそのメジャーアップデートプログラムが
安定してくれることをひたすら祈ることにして(笑)、

とにかく・・・まずは、斉藤の承諾なしに勝手に
アップデートされないように適用時期を先延ばしし、
もう延ばせなくなった頃には、なんとか安定している
版になってくれているだろう・・・多分、絶対、必ず、
というサイクルでこれまでずっと回してきました(笑)。

そんな斉藤が・・・自らメジャーアップデートを
適用しに行くってのは・・・なんかおかしい(爆)。
なんか・・・やっちゃダメだと分かっていることを
やろうとしているような気がして・・・

で、思い出したんです!VMwareというソフトで
仮想環境を構築して、仮想環境の中のWindows10に
メジャーアップデートを適用してみればいいって
ことを!(笑)

もしもアラート発報アプリとかがダメになったら
仮想環境ごと全部捨てたらいいわけで・・・
これなら・・・「とかで」と「永遠オッズDB」の
動作確認だけでなく、アラートメール発報アプリも
含めて安全にテストと確認ができる!

と思ってたんですけど・・・

なぜか、その仮想環境が・・・1年ぶりに起動して
みたんですが、なぜか起動してくれなくて(爆)。

なんでやねん?と、あれこれ設定をいじってたら
起動は出来たんですけど、今度は外部(インター
ネット)に接続できなくて・・・あれこれやっても
どうしても接続ができなくて・・・

そんなことしてる間に、今回のWindows10の
メジャーアップデートプログラムに重大な欠陥が
あったみたいで、適用したらファイルが消えてしまう
という大事件を起こして、アップデートプログラムの
配布が一時的に停止されていることを知りました。

もしも・・・

もしもVMwareが正常に接続できていたら、斉藤の
環境下でも想定外の事件が起きてしまってたかも
しれない。

消えるはずのないファイルが消えたんですから、
仮想環境の枠を超えて本体環境に影響があったかも
しれない・・・とも思ってしまうわけです(笑)。

ということは・・・結果論ですが、正しい選択を
していたようです(笑)。持ってるな、斉藤(笑)。

そんなわけで・・・

今回のWindows10のメジャーアップデート
プログラムの配布の再開がいつになるのか
全く分かりませんけど、いずれは再開される
と思います。

(追記:2018-11-13(米国時間)に再開されたようです。)

出来ればこのままプログラムの配布が永遠に
一時停止したままでいてくれたら嬉しいん
ですけど(笑)、

ま、バグってのは必ずあって、新たなウィルス、
未知の新たな脅威というものは後から後から必ず
生まれてくるものなので、対応しなくちゃ
ならないわけで・・・

つまりは、アップデートって必要なことです。
それは否定しませんが、無理やりユーザーの
承諾なしのタイミングで適用が始まってしまう
ことが斉藤は気に入らないだけです(笑)。

とにかく・・・

「とかで」と「永遠オッズDB」は、メジャー
アップデート適用後も正常に起動し、認証が
通ることを確認しております。

あなたが今回の「とかで」と「永遠オッズDB」の
アップデート版を先に適用してくれてたら・・・

後日、Windows10のメジャーアップデートの
適用が再開され、勝手なタイミングで適用されて
しまったとしても、「とかで」と「永遠オッズDB」は
問題なく起動し、初回だけ認証コードを入力すれば
OKとなります。

これまでのように・・・エラーメッセージが出て
起動出来なかったり認証が通らなくなったりは
しませんので。

Windows10のメジャーアップデートがいつから
再開されるのか分かりませんけど、再開された時は、
安全が確認された機種・ハードウェア構成の
パソコンから順次案内されていくと思うので、
再開→即適用とはならないと思いますが、

いや、Windows10のメジャーアップデートを
急いで自ら適用しに行くのは止めた方が良い
ですよ(笑)。

でも、「とかで」と「永遠オッズDB」の
アップデートは・・・急いで自ら適用した方が
良いですよ(笑)。お勧めします!(笑)

言わば・・・「予防接種のための予防接種」
みたいなもんですな(爆)。

メジャーアップデートというワクチンには
副作用がある(かもしれない)が、その副作用を
予防するために、まずは先に『とかでと永遠
オッズDBのアップデート版』というワクチンを
打っといて下さいな・・・と言う話でした(笑)。

よろしくお願い致します。

斉藤 圭佑

予防接種のための予防接種

コメント


認証コード2810

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional