競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

理由:その2

理由:その2

理由:その2
めっちゃ嬉しいメールが来まして、後日また
絶対に紹介させて頂きますが、こういう評価を
して下さる方がいるのに、「サポートが忙しい」
という理由で突然的にファーストリリースを
やめるのは男気に反しているのではないか?
と思ったから。


●●さま、

斉藤です。こんにちは。

ゆっくりとお返事を書いている時間はまだちょっと
取れそうもないんですけど、書かずにはいられなくて
・・・短いですがお返事させて頂きます(笑)。

斉藤さん

ご無沙汰しております、●●です。

気高きメールから元気を頂戴しましたので
2つお伝えしたく。

・エクセルを創ったその人間性を褒めたい
・今後の展望

オリンピックは1年を切ったとのこと。
現場レベルでは過去踏襲しか舵取りできておらず
デジタル化の波にすでにのまれているとお聞き
しています。

デファクトの答えを持つ自信がなければ
その処理できない技術力や民族意識を世界中の
スポンサーと共有し、メディアを巻き込んだ
世界当時開催を目玉とした完璧なるオフラインの
販売(あとでチケットはウェブで確認可)と
すべきかでしたでしょうか。いわゆる逆張りですね。

あとは年内完売(あとは定価内での売買自由)を
前提に天候対応を含む災害規模の予測、宗教を軸に
おもてなしプロジェクトを発動し、オリンピック
開始前、パラリンピック開始後まで断続的な入国
(お金を落とす仕組みを確立)させ、すべての国から
来る人と動きを制御と新たなマネタイズすべき
だったこと、あと数歩足りなかったとしか
言いようがありません。

経験則でいうと、物事の本質を見抜くには
その業界の数歩先をいっている自負があって初めて、
OPENに語れるといえます。それに打ち勝つには
場数から生まれる自信とそれを生み出す人間の
パッションが必要。

やはり斉藤さんはそれをお持ちだなーと改めて
感じた次第。そういう人がオリンピック組織委員会
には必要だったんだと心から思います。(早い話、
競艇をオリンピック種目にすればよかったの
でしょうか。笑)

・・・ありがとうございます。

●●さんは相当深くオリンピックに関わって
いるのですか?(回答が欲しいわけじゃ
ありませんけど)

斉藤はオリンピックはあんま興味がありませんで(笑)
詳しいことはほとんど知りません。東京で行われる
ってことぐらいかな?(爆)

それよりも、●●さんの「経験則でいうと」には強く
賛同致します。一般的なレベルよりもかなり先まで
知ってるとか研究してるとか実戦を積んでいるとか、
そういう自負を持ってなきゃ語れないですよね。

でも、斉藤のように語り過ぎると・・・嫌がられます(笑)。
これでも自負に留めているつもりで(爆)、全てを語って
いるつもりはないのですが、パッションだけはあるんで、
気がつけばクドく語りかけてしまう(苦笑)。全部を出せ
ないから、出しても理解されないから・・・出せるのは
パッションだけになってしまうんですよねぇ(笑)。

オリンピックのようなデカいイベントを成功させるには、
とてつもない純粋なパッションを持った人間がトップ
ダウンで君臨している必要があると斉藤は思います。
ま、パッションだけじゃなくてカリスマ性もいると
思いますが、そうとう優秀な人物がトップに立たないと
・・・合議制では物事が成功する確率は低く、単に
合議に加わったメンバーだけが利を得る・・・だけに
なるんじゃないかと。

もしも競艇がオリンピック種目になって、もしも斉藤が
組織委員会のメンバーになったら(笑)、パッションで
語るどころか、多分絶対必ず、実在する本当のメンバーと
同じように、「利権」に走ってしまうんじゃないか
と思います(笑)。

木だけを見て周囲が見えないという名前の人みたいに、
歳なんだから名誉職で神輿でいればいいのに、何かと
牛耳ろうとするのは、それだけオリンピックには
「利権」というデカい金が動くからだと思います。
斉藤も自信ないですねぇ(爆)。

斉藤は、斉藤ワールドの中でのみ、熱いパッションで
語りかけるのが関の山だと思っています(笑)。

テンプレエクセル、非常に興味深いですね。
今までの「復習」のやり方は、検証→解釈→再構築を
行う必要があり、この「解釈→再構築」の部分が
非数値だったと思量します。

しかし、そこを完璧に定量化したことにより
思考直結型ロジックを形成させる→稼げる人にする
というのは理に適っているとお見受けします。

素晴らしいですね!

・・・ありがとうございます!

しかし、素晴らしいのは●●さんの表現力です!(笑)
なるほど!です。

解釈→再構築の部分が非数値だったのを定量化することで、
思考直結型ロジックを形成する→稼げる人にする

斉藤の頭の中では「そうするのが一番だ!」という
単純な「思い」でしかなくて、このような表現は
思いつけませんでしたわ!(笑)

本当・・・おっしゃる通りです。

その部分を数値で確認出来ることが何より重要で・・・
結果として「勝てる条件」(良さげなフィルタリング)を
いくつ見つけられたか?とかいうよりも、そこに至る
までの経験が一番大事だと思ってて・・・

フィルタリングするという行為が回収率の数字として
すぐわかるというか、フィードバックがすぐに出来る、
分かる、変更できる、変更したらすぐにまたフィード
バックされる・・・というのが、テンプレエクセルの
最も重要な機能だと思ってまして。

眼力が凄いからかな?的確な表現をして下さってて・・・
●●さんって何者?って感じです(笑)。

こういう競艇とユーザをつなぐ原点回帰的な部分があり、
自らの答えをクライアントに持たせようとするお姿をみると
斉藤さんはインターネット界のビジネスではかなり真っ当な
人のようにお見受けします。(ちなみにUIのダークモード、
フラットインターフェースは大賛成です!)

その感覚は、■■界隈にいるビジネス界の雄達と同じ
匂いがするなーと感じましたね。(だからドンペリニヨンが
お似合いで、且つお姉ちゃんにモテるんですかねー笑)

・・・ありがとうございます!

また一つ気付けました!

ドンペリが似合うとかは思ったことないですけど、
オネエチャンにもあんまモテてないんですけど・・・

斉藤は・・・■■に行けばモテるんだ!(爆)
四国の田舎でくすぶってるからモテないんだ!(笑)

冗談はさておき(苦笑)・・・斉藤のことを買って
頂きありがとうございます。お褒め頂き光栄です。
ビジネス界の雄たちと同じ匂い・・・なんか
とっても嬉しいっす!(笑)

「自らの答えをクライアントに持たせようとする」
というのは本当にうまく言い当てて下さってます。

斉藤自身のことを指す「自ら」と、ユーザーさん自身の
ことを指す「自ら」があって、まずは斉藤自らの考えを
伝え教え、ユーザーさんに考え体験してもらうことで・・・
最終的にユーザーさん自らの考えを持ってもらうことを
目指しています。

インターネット業界では真っ当な人間だと思ってますが、
業界外では・・・クズに近い、ふしだらな人間かも(笑)。
というか、斉藤程度が真っ当に見えてしまうほど・・・
ネット業界には悪が渦巻いてるってことなんでしょうね(笑)。

縁あって某■■■■のAI■■■■■立ち上げの話を
受けているため最近■■によく居ます。

平和島競艇とかで競艇やれるかなーと期待していたの
ですが、PJTルームと■■とホテルをタクシーで
周る生活ですね。

今後の展望について、

やはりAIは避けては通れないでしょう。
一人1台の携帯・スマホから、一人一人にAIの時代、
さらに多言語化された「AIとかでinスマホ」の
時代になります。

Predictばかりやっていると、AIよりやはり
人間の方が優秀と感じており、AIは道具に
過ぎないです。

AIに感情があれば、とか、AIに人工知能があれば
人間を超えられるといいますが、我々が理解している
人間というもの以上にかなり複雑なことを私たちは
やっています。

※簡単にいうと
21世紀は感情とか思考とかの定義すらできておらず、
次は「脳の再利用」でしか超えられない、ということ。
素直に次の世代に託しましょう♪

上記より一つ言えるのは、未来の答えはやはり人間しか
持ちえないと言い切れます。もしそれが違うのであれば、
人間の退化しかないでしょう。

将棋や囲碁、チェスなどその空間、ルールに閉じるものに
対する答えは出しやすいですが、競艇も含めてロジカルに
説明がつなかい人間の動きを理解するのは人間にしか
できない能力の一つです。

・・・賛同致します。与えられた条件の中でなら
AIは有効で優秀になっていくと思いますが、
無条件無制限の世界でAIが自ら勝手に考えて・・・
優秀になっていくとは思えません(苦笑)。

完全AIなんてのはまだまだ先の話だと思ってて、
我々が言うAIとは、条件を与えて、その範疇内で
AIに考えさせる・・・という意味になると思います。
じゃないと人間(斉藤)の出番が無くなってしまう(笑)。

もしも完全AIなんてものが出来てしまったら、
人間の役目は無くなってしまう。少なくとも
現役の人間である斉藤にとっては、生きる目的を
失ってしまう。

完全AIの出現によって人間が退化してしまうか、
人間としての尊厳を自ら放棄するようになって
しまうのか、そういう世界で人間が存在している
意義とは?・・・

昭和の生まれの斉藤には理解も想像もしたくない
世界で、それはもう●●さんのおっしゃる通り、
素直に次世代の人間に託すべきだと思います(笑)。

まだまだExcelの伸びしろはあると思いますので、
是非ブルーオーシャンビジネスを続けていってください。
期待しております。

昨夜は2万円払って購入しようとワクワクしていたの
ですが、宝のなんとかをまたやらかすと斉藤さんの
シコリを増やすことになるなと思い断念。。
また今度にさせていただきますねー。

老後の楽しみがまた一つ増えました。
いつもありがとうございます。

酷暑続くと思いますが、お体ご自愛ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

・・・ありがとうございます。

おっしゃる通りExcelは「使える人にとっては」
可能性を秘めた使い方が出来るソフトで・・・
伸びしろもあるっちゃあって(笑)・・・
ま、毎日がサポートだらけの現状では、まだまだ
「ブルーオーシャン」なんては思えないですけど(笑)、
ぜひユーザーさんには「使えるようになって欲しい」
と思ってて、頑張ってます(笑)。

あと、以前から何度もお伝えしておりますように、
斉藤にとって●●さんは「永久メンバー扱い」で
ございます。気がつけば失効してたり・・・日々
管理はできないんですけど、メールを一通下されば、
全ての機能をいつでも使って頂けるようにしますんで、
購入しないでくださいね(笑)。

追伸:
西条高校大敗ですね。

2020年に向けて、このイベントドリブンを
期待していただけに残念でした。
次回期待ですね♪

・・・よ、よくご存知で!(笑)
●●さんは愛媛出身でしたっけ?

もしもそうなら・・・ご理解頂けることと思い
ますが、昭和生まれの西条高校OBにとって、
予選とはベスト8ぐらいから始まるものでして、
初戦の相手はどこ?2回戦の相手はどこ?なんて
ことはほとんど考えませんしチェックもしません。

そろそろベスト8出揃った?相手は?・・・と
いうふうに始まります(笑)。

だから今年は・・・知らぬ間に負けてました(爆)。
な~んやそれ!って感じでした。

よく見たらシードにもなってませんでした(爆)。
来年以降に期待ですね!

ということで・・・久しぶりにメール頂けて
嬉しかったです。どうもありがとうございます。

それでは今後ともよろしくお願い致します。
どうもありがとうございました。

斉藤 圭佑



・・・ということで、このようなメールを頂きまして、
理由:その2として、このように斉藤のやってることを
高く評価して下さってる方がいるのに、「サポートが
忙しい、もうこれ以上は無理!」なんて理由で急遽
キャンペーンを終了させるのはいかがなものか・・・
と思ったんです。

本当・・・予測していたイベントドリブンじゃなかった
からと言って・・・そういうルーチン(急遽終了)に
振り分けてたんじゃいけませんやね!
多分、絶対、必ず。

こういうこと書いて伝えて下さる人がいるってのは、
何事にも代えがたく嬉しいものなんですよね。
どうもありがとうございました。

斉藤 圭佑

理由その2

コメント


認証コード2152

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional