競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

TOPユーザーさんからの声

TOPユーザーさんからの声

こんばんは。

セブンペイはやめるそうですが、
テンプレエクセルは絶対にやめない
斉藤です(笑)。

サポートも落ち着いたんで・・・といっても
まだ続いてはいるのですが、多分ピークは
過ぎたと思うんで、またいろいろとお伝えして
行こうと思います。

まずは・・・TOPユーザーさんからの声を
少しだけご披露・ご紹介させて頂きたいと
思います。



早速TOPやってみました。
問題なくできましたが、私は仕事柄Excelなんて
毎日使っているので問題ないですが、内心
「これをExcel無知のおっさん達にやらせたら
質問殺到するかもなー」なんて思ってしまいました。
余談はさておき、質問です、教えてください!
<以下省略>

・・・この方の予想通り、質問が殺到しました(笑)。

でも・・・斉藤自身もまだまだ無知でしたね。
エクセルにはバージョンがあって、バージョンごとに
挙動が違うというか、マクロの許可操作一つにしても、
バージョンごとに設定方法が違うとか・・・斉藤自身も
無知なおっさんでしたわ(笑)。



とかでアウトプットで昨年12月~今年7月分まで
出力終えました。12月~2月、3月~5月、と3ヶ月
まとめて出力しました、詳しくは動作確認しては
いませんが、おおまかには、問題ないと思います。
出力を優先したため細かく確認していません(^.^;・・・
<以下省略>

・・・5か月ありますんで!実際のカウント開始は
2020年1月1日以降でのTOP出力からですので、
今のうちに出来るだけたくさんアウトプットして
おきたいお気持ちは分かりますし、そのお気持ちは
作者冥利に尽きるというか・・・大変嬉しいです。

でもまぁ・・・いざ分析し始めたら「やっぱり
あの項目のデータも欲しいよな」とか思って、
キーを追加して再出力したくなると思いますよ!

あくまでもあれは斉藤作のテンプレートエクセルに
おけるキーですから、ユーザーさん独自の観点を
盛り込んだ分析をするにはキーの追加や変更が
必要になりますので!

だから、一度にたくさんの量(期間)を出力しても・・・
結局はもう一度それをやらなきゃならなくなり
ますんで・・・

まずは小さい期間で分析を始めて・・・フィルタ
リングのある程度の目星がついたら長期間の
データを追加して、フィルタリングの値を調整して
いく・・・という手順を踏む方が賢明かも知れません。
多分、絶対、必ず(笑)。



展示タイムAveのRankingと展示タイムの
Rankingを出力できました。

キーリスト一覧とIndex-templexcel.csvと
templexcel の関連性を理解できました。

素晴らしすぎる分析ツールです。\(^o^)/
凡庸性を残して頂き、感謝いたします。

ありがとうございました。

・・・ありがとうございます。●●さんが
行われたように、「キーを変えてTOP出力してみる」
ことで・・・この機能の持つポテンシャルの高さを
感じ取って頂けると思います。



ずい分とブログやメールマガ更新がなく、
心配してました〈いや、期待〈笑)してました)
♯直近のメルマガでオフィシャルのせいでQdataを
していたのは後になり知りましたが、、、。
お疲れ様です!

ほら、案の定でした。
便りのないのはよい便り、「TOPとTRM」
これは凄いことになってきてますね!!

ここのところのメルマガラッシュについていけず
返信できないままでいたらついにTOP準備の
バージョンアップ案内までされて、、、

ひとつづつ整理しています。

・・・「便りのないのは良い便り」確かにそうかも
しれないですけど(笑)、いざ便りが来始めたら・・・
怒涛の連続メールで、しかも、クドくて読みずらく
分かりにくい!(爆) どうもごめんなさい(笑)。

自分もまだまだ「横着」できないレベルなので
そういう意味でもTOPがとても楽しみです。
四の五の教材に添付されてたExcelファイルを
加工してフィルターをこねくり回して、
これならどうかな?この数値が〇だと。。
おっ!回収率上がった!なんてやるのが
入力が楽になり、しかもデータが多い状態で
実践できるわけですからこれはありがたいですね!!

・・・おっしゃる通り!(笑)
でも「とかで」上だといろんなデータを目視で
確認しながら頭で考えて四か五か判断しますけど、
TOPしたデータを取り込んだテンプレエクセル上では、
「この数値がこれ以下なら、これ以上なら」とか、
「Aという項目の数値がこれ以上、かつBという項目の
数値がこれ以下」とか・・・ちょっと複雑なフィルタ
リングも出来てしまいますので、それはそれなりに
迷宮の入り口に立ってしまうこともあると思います(笑)。

が、とにかく・・・回収率がパッと即時に表示
されないことには分析のしようがありません。
テンプレエクセルではSAMDESの買い目を扱って
ないので・・・あくまでテンプレートのエクセル
なんですけど、もちろんSAMDES用のエクセルも
作ろうと思っています。

でも、少し前のメールにも書かれてましたが
確かに、「感性」の部分って結構あると思うんですが
それをどう数値化するするって難しいですよね。

おそらく、そこも斉藤さんのヒントExcelに
書かれてるのかもしれませんが、そこは、
自分の感性での判断と結果からリバース
エンジニアリングして結果的に数値的に
どうなっていたか?を導き出す、それを
積み重ねる。になると思います。

・・・全くもっておっしゃる通りです!

「とかで」の画面上で感じる「感性」の部分って
・・・そういうことなんですけど、感じたものを
数値化するのは難しいことで、感性は感性でしか
なくて、直感やファーストインプレッションには
根拠や裏付け数値はありませんからね。

でも、「とかで」の画面を見続けて、毎日考え
続けているうちに、そういう感性は磨かれていきます。
シミュレーション訓練の積み重ねとも言えると思います。

で・・・エクセル上ではその感性?感受性?
培った直感力?というものを、別のところで
発揮する必要がありまして・・・

エクセルという方眼用紙の中にある個々のデータ値を
見て感じるものではなくて、フィルタ▼をカチカチ
やってる時に感じるものなんじゃないかと思うんです。

なんでか分からないけど・・・フィルタ▼を押して
こんな選択、フィルタリングの幅を変更してみた・・・
なんでその値でフィルタリングしたのか分からない
けど、良い結果を出せた・・・というのがエクセルに
おける感性の見せどころなのかもしれません。

ま、それもこれも・・・結局やるべきことは同じで、

「とかで」の場合は・・・データを一覧表示して
出来るだけ多くの項目を全体的に俯瞰して見比べる
・・・という毎日の積み重ねの中で習得できる
能力の中のひとつが「感性とか直感」というもの
なんだと思いますし、

「テンプレエクセル」の場合は・・・「結果から
リバースエンジニアリングしてみる」という意識を
持って何度もフィルタ▼をいじる・・・という毎日の
積み重ねの中で習得できる・・・「テンプレエクセルに
適した感性・直感」というものを習得できるのだと
思います。

シュミレーション機能まで備わってるなんて
これはマジでやばいですね!!
TRM前にまずはTOPでしっかり自分なりの勝てる
パターンを見つけ出していきたいです。
本当に楽しみです。

・・・シミュレーション機能はTRMです。
今回リリースしたTOP(とかでアウトプット機能)は
外部出力する機能なので、シミュレーション機能は
ありませんので!

ま、テンプレエクセルが・・・シミュレーション
機能みたいなものですけどね(笑)。

◆お盆玉
♯もう、一年経ちますが、、、
で、このTRM開発仕上げ中で忙しいタイミングで
恐縮なのですが、「お盆玉」・・・もう一年に
なってしまいます。斉藤さんへの質問権の
プレゼントで、四の五のなら一週間ぐらい、
と書いてありましたが、厚かましい●●は
かなり厚めに実施しました。
後ほどお盆玉リンクからExcel送りたいと
思いますが、数がおおいので、どうしても
教えてほしいと印のところだけでも
お願いできればと思います。

・・・すみません!非常事態発生中です!(苦笑)
「机上の空論」講座の時もそうだったんですけど、
エクセルの使い方が分からないとか、エラーが出る
とか・・・めっちゃメールが来てしまいまして、
エクセルってバージョンの違いとかマクロの設定の
違いとかで、正常動作しないケースが多々ありまして
・・・甘かった(苦笑)。

現在、めっちゃサポート依頼メールが来てまして、
送って下さってて結構ですが・・・すみませんが
お返事に時間下さい!すみません!

◇ちゃっかりこの場で質問というか悩み相談・・・・
SAMDES講習を三か月間ほどさせてもらいましたが
四か五の選択力もありますが、上位三位決着との
闘いだったと思います。
四だと思ったら五が来た。などはまだ経験不足の
ところがありそこは経験でクリアされていくと
思います。〈実際、SAMDES講座で斉藤さんに質問
したら自信を持って私が四といったら斉藤さんは
自信をもって五とご指導されたこともあり、
あの時は目からうろこでした。。)

・・・その回答は覚えています。レースの細かな
シチュエーションは忘れましたが、斉藤なら100%
絶対に五を選択するレースだったのを覚えています(笑)。

ただ、上位三位が来る時の法則性、パターンなど
見出していたいです。オッズグラフが重心が低め
〈どんぐり系)の時は上位三位と四あるいは五との
両建てもありかなと思っております。上位三位決着の
保険をとりながら合成で2.0~をとれるものもあります。
このあたりはどのように思いますか。

・・・上位3艇決着を事前に正確に予測するのは
難しいです。というか、斉藤的には「上位3艇決着
とは事故である」と思うようにしてて(爆)・・・

だって、上位3艇決着となるレースを正確に
読み取ろうと思ったら、どのレースも全部
上位3艇決着になってしまうんじゃないか?と
思い込む癖がついてしまいそうで(爆)・・・

それぐらい・・・クソ真面目に数字を見るように
なって、もしかしたら五が来るんじゃないか?と
思える要素、五が来るかもしれない?と思える、
小さいけどキラリと光る数値を見逃してしまう
人間になってしまいそうで(笑)。

いや、以前にね・・・こんなに上位3艇決着ばかり
来るんなら、いっそ全部そうなると予測して・・・
全部上位3艇決着になると仮定して、どう買えば
利益が獲れるのか・・・ってことを考えてたことが
あるんですよ。

で、その時・・・良さげな案を思いついたんです。
その時、なんか他にもやらなきゃならないことが
あって、とりあえずの検証で・・・多分1週間分か
2週間分ぐらいしか検証しなかったんですけど、
それでもそれなりに良い買い方を編み出せるんじゃ?
と思った記憶があります。

どこかにそれをメモしてると思うので、今度また
探して最近のデータで検証してみようと思います。

う~ん・・・答えになってないな(爆)。

でもまぁそれぐらい上位3艇決着というのは頻繁に
あって、その・・・上位3艇決着となって外して
しまった分も含めて、獲れた時に獲っとかなきゃ
いけないのです。

だから・・・「上位3艇決着の保険」というのは、
斉藤は掛けようとは思いません。もちろんそれが
取れるレースは実際、時々はあると思いますけど・・・

「保険」というのは高いリスクがある時に掛ける
もので、五の超高目狙いの時に四を保険として
両建てすることはありますが、単純に上位3艇と
四(または五)を両建てして保険にするという
気持ちはないですね。

ま、ぶっちゃけた話、高目狙って外しても、
上位3艇決着となって外しても、外れは外れで
失った単価は変わらないですけどね(爆)。
心情的な意味で・・・外した時のメンタルへの
影響というのには大小あると思いますけど、
上位3艇決着は事故に遭ったと思って
忘れることにしています。

ま、あまりにも事故ばかりに遭うのなら・・・
やっぱり事故が多発する場所に高い頻度で出没して
いるから・・・事故に遭うわけで、上位3艇決着の
臭いを嗅ぎ取り、避けて通るスキルを身につける
必要があると思います。

そのためにも上位3艇決着となっているレースを
集めて・・・結果からリバースエンジニアリングして
特徴を読み取る努力が必要だと思います。

ま、言うは安し・・・なんですけどね(笑)。

◆永遠オッズ
復活組の救済もそうですが、永遠オッズ走らせずの
私のような「さぼり」組の救済もお願いできない
でしょうか?!!!

やはり締め切り後オッズで検証しても意味ないですよね。。
前にもご相談しましたが自分は会社の営業用持ち出し用
PCの中に「とかで」をインストールして、モバイルで
テザリング利用してSAMDES講座もしていました。
当然、永遠オッズは起動したままではなく、家のWiFiに
つないで実行してたりしましたがそれも土日の一部で
今私の永遠オッズのDBはほぼ、すっからかんだと
思います。

そこでダメ元でお願いしてみます。四の五のレクチャーは
〈これから自力でなんとかなると思うので)
sOddsdata.mdb 4~6月をお盆玉でもらえない
でしょうか!!!もう、これは、ダメ元で言ってみます

・・・申し訳ありませんがダメです。ごめんなさい。

「永遠オッズDB」は、ユーザー様ご自身の環境下で
走らせるためにあります。斉藤が取得したオッズを
あとから提供するのなら、そもそも「永遠オッズDB」
というソフトの存在自体が不要になってしまいます(苦笑)。
「sOddsdata.mdb」というデータベースファイルだけが
あればいい話になってしまいます。

「永遠オッズDB」で取得・格納したオッズデータは、
そのデータを保護する観点から、そして「とかで」との
連動性を保つためにファイルを保護しておりまして・・・
仕様上、今お使いのsOddsdata.mdbに、あとから
データを追記することは出来ません。

なので、新規のユーザーさんならば、あらかじめ
オッズデータを記載したsOddsdata.mdbをお渡しして
それを新規として使ってもらえればOKとなるのですが、
既存のユーザーさまがお使いのsOddsdata.mdbには
データを追記することが出来ないので・・・

たとえ今回オッズデータをお渡ししたとしても、
既存のものとは別のデータベースファイルとして
使用しなければならず・・・今回のようなお申し出を
受け入れることにしてしまうと、ユーザーさまの
EienOddsDBフォルダ内に、時間の経過とともに
たくさんの独立した期間限定のデータベースファイルが
増え、溜まって行くことになりますので・・・
いずれ管理するのも大変になるというか、かなり
面倒なことになると思います。

「永遠」という名称を付けているソフトではありますが、
パソコン上で動作するソフトウェアですから、ユーザー
さんがパソコンを終了させてしまえば「永遠オッズDB」も
連動して終了してしまいますし、突然の停電とか、
Windows10の自己中なUpdateによる勝手なタイミングでの
PC再起動とか・・・永遠を保証することは出来ません。

実際、斉藤は毎日パソコン3台態勢で、それぞれの
パソコンに「永遠オッズDB」を入れて走らせて・・・
どれかのPCで取得をミスっても、他のPCでは取れていた
という複数台バックアップ体制で毎日オッズを取得して
いますし、突発的な停電に備えてプログラマーBPさんの
ところでも同様な環境下でオッズを取得してもらい、
相互バックアップ態勢を敷いて・・・毎日オッズを
収集しています。

もちろん、●●さまの現在の環境が「永遠オッズDB」を
永続的に動作させられない・・・ということは理解して
おりまして・・・仕方ないことだと思いますし、
心中お察し致します。

ですが・・・「永遠オッズDB」は、ユーザーさまの
環境下で自己責任の上で走らせていただく形の
ソフトウェアです。そこのところをご認識・ご了承
頂きたく思います。どうかよろしくお願い致します。

もう、ロングメールで言いたい放題、お願いしたい
放題、しかも宿題も随分寝かせてました私ですが、
TOP&TRMのリリース前アナウンスを聞いて、ここで
置いて行かれる訳にはいかない!!と一大奮起した
私でしたので、是非とも、ご教示をお願いします!!

それでは、TOP&TRMの最終段階でお忙しい中
恐縮ですが、台風一過梅雨明けもしそうです、
ご自愛ください。これからも斉藤さんのメールを
楽しみにしてます。

今後もご指導お願いいたします!!!

●●

・・・ありがとうございます。
負けず劣らず斉藤も長文でごめんなさい(笑)。

去年の今頃は・・・●●さまのお住まいの近く、
二子玉川でくつろいでましたねぇ。あの・・・
秋田の庄内地鶏だったっけ?あの店、美味かった
なぁ。また行きたいなぁ。なんで今年はこんなに
忙しいの(悲)。

今回のリリース騒動(爆)が終わったら・・・
ちょっとだけ遊びに行く予定なんですが、
今年は二子玉じゃなくて・・・

でも、もう一度行きたいんですけど、
あの田園都市線だけはもうごめんだ(笑)。

次回は羽田からタクシーで行こう(爆)。
多分、絶対、必ず。



あれからもう1年が経ってたんですねぇ。

こんな感じで・・・他にもたくさんの方々から
メールを頂いてたんですけど、同時に質問とかも
書かれてて、届いたものから順次回答して送信して
その方用のフォルダに保存して・・・の繰り返しの
日々のせいで、今となっては誰に何を言われて、
どうお返事したのか分からなくなりまして・・・
今回は分かっているものだけ披露させて頂きました(笑)。

あ、もう一つだけ!



斎藤さん!

こんばんは。
●●です。

もう、待ち遠して仕方ないっす!
本気でやる気になるやつしか使いこなせない。
1万、2万が100円、200円の感覚になるのが
約束されてるのに。。

に、に、2万は
安すぎでないですが〜!!

さすがに、、体の半分が優しさで出来てる人ですね〜(^^)

・・・今はもう2万じゃありません。

が、このように評価して下さる方がおられましたんで、
なんか・・・一気に倍以上にするのを躊躇しました(笑)。

ま、この価値を感じてもらえない人と、「どうせ
自分には使いこなせない」と簡単にあきらめる人には
価値なんてあってないようなものなんで、ナンボに
しようと関係ないのでしょうけど・・・

近い将来、この価値を感じ取ってくれる方が現れて
くれることを願って・・・その方々のために
「ほとんど据え置き」レベルに留めました(笑)。

でも、クレイジー特典「年内無制限アウトプットし放題!」
は終了しました(苦笑)。

ということで・・・

最後までお読み下さりまして
ありがとうございました。

斉藤 圭佑

customer's voice

コメント


認証コード7601

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional