競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

現場で勝つ方法、予告。

現場で勝つ方法、予告。

斉藤です。こんばんは。

「現場で勝つ方法」に関するご質問を昨夜から
募集し始めましたが、早速たくさんの方々から
ご質問を頂き、大変感謝しております。

しかし残念ながら・・・既に書く予定にしていた
内容に関するご質問が多いです。斉藤が
「出来るだけ簡潔にご質問を…」と書いたのが
いけなかったのかも知れません。

なので・・・取り消します!長文になっても
構いませんので、もっと踏み込んだ、ディープな
ご質問を送って下さい(笑)。お待ちしております!

さて、そもそも・・・

この「現場で勝つ方法」は、斉藤の頭の中に
長いこと原案として持ってたんです。

今年の夏場・・・大阪に滞在することがあって、
住之江に行ってたんですけど、家族連れだった
こともあり、「出来るだけ短時間の間に獲って
勝ち逃げする」というテーマと言うか、命題を
掲げて行ってたんですけど(笑)、

ま、その時は「見」も含めて5レースか6レース
かかったかな?勝つには勝ちましたが、「出来る
だけ短い時間で」というのはなかなか難しいな、
という結果だったんですけど、

斉藤的には・・・「目の前で連続的に行われていく
レースを連続的に見て行く」という行為自体が
久しぶりだったんですよね。

だって、普段は「とかで」で有望なレースだけを
ピックアップして買う・買わないを決めて、
ポチッとボタンを押してるだけですからね。

というか、わざわざ有望レースをピックアップ
しなくてもSAMDESのアラートメールが勝手に届き
ますし、「とかで」のリモート機能を使えば
「開催情報メール」も届きますしね。

それに斉藤も昔と違ってちょっとは進歩したんで(笑)、
おおよそのレースにおいて、5分あれば買い目は
決められます。

だから逆に現場の流れが新鮮で(笑)・・・普段なら
見ない(見えない)ものも見えてしまいますから・・・
情報の取捨選択が大変で、心理的に結構バタバタ
した記憶があります(笑)。

で・・・

秋口にもまた関西へ行く用事がありまして、
本当は尼崎に行きたかったんですが開催して
なくて、仕方なく?ボートピア(神戸新開地)に
行ったんですけど、ここで「前回の住之江で
上手く行かなかった原因」に気付いたんです。

「なるほど!だから住之江では正しい判断が
出来なかったんだ!」・・・と。

で、これ・・・有効な考え方というか、現場で
勝つにはこういう部分が重要なんだな、というのが
分かった気がして・・・

でも「分かった気がした」だけでは、実は分かって
ないかも知れません(爆)。単なる斉藤の思い込みに
過ぎず、全然分かってないのかもしれない・・・

そう思ったら・・・調べてみなきゃ気が済まなく
なって(笑)、TOPとテンプレで・・・と思ってた矢先、
オフィシャルさんの身勝手な古代米・・・間違えた、
「改良」行為がありまして(笑)・・・

オフィシャルさんにとってはセキュリティ強化の
つもりだったんでしょうけど、斉藤に言わせりゃ
単なるジコマン(自己満足)でしかなくて、一部の
お客さんに対する配慮の欠けた、ひとりよがりの
エセ改良でしかなくて・・・

しかし、本家オフィシャルが変わってしまったん
ですから、こちらも変わるしかありません。

「あちらが変わればこちらも変わる」・・・
口で言えば簡単に思えますが、ソフトウェアの
プログラム的にはそう簡単なことではなくて、
あちらを変えたらこちらも変わるが、ついでに
そっちも変わってしまい、整合性が取れなく
なってもうたやん!・・・ってことだらけで(笑)、

いえ、もう最終型はおおよそ出来ているのですが、
現在、最終チェック中ですなんですけど・・・

ま、斉藤は転んでもタダでは起きませんから、
ただ起き上がるんじゃなくて、ついでに二度と同じ
原因で転ばないように改良しようとする性格なんで(笑)、
「とかで」だけでなく、SAMDESのアラートメールの
発報システムとその補器類のアプリまで改良をお願い
して・・・本当、BPさんは大変だったと思います(爆)。
ありがとうございますBPさん!

で・・・話を戻しますが、

修正中の「とかで」で、取得データが正しいかどうかの
確認作業をしていたら、「現場で勝つ」系のことが
つい気になって、詳しく調べようとしてしまう(笑)。

データ項目の値が正しいかどうかを調べていたはずが、
気付けばその項目を採用すべきか却下すべきか、
ボーダー値はいくつぐらいなのか・・・とか考えて
しまっていて、おかげで確認作業はかなりの時間を
要してしまいましたが、「現場で勝つ」系の新しい
アイデアや改良すべき点などの気づきも得ることが
できました(笑)。

もはや斉藤は・・・オフィシャルの要らんことしぃの
身勝手な仕様変更でさえも・・・自らの手法を高める
ために有効利用してしまうようになった(笑)。

で、試しにこの手法の存在をチラッとメールや
ブログに書いてみましたが、メンバーさんや
読者さんから結構な反応を頂きまして・・・
「あ、やっぱりこれ、みんな必要としてんだ!」
と実感しましたんで・・・書くことにしました。

ですが・・・今後、やること満載。

オフィシャルの改変さえなければ、今頃はかなり
TRM(とかで自動投票機能)の完成度が高まっていた
はずが・・・現状は完全フリーズ、凍結状態(爆)。

でも、情熱が熱く燃えてる「今」を逃したら、
本教材「現場で勝つ方法」を書こうと思う気持ちが
再び加熱されるのはいつなのか?多分、絶対、必ず、
かなりの先になるだろう。

今すぐ書かなくても斉藤の頭の中にはあるのだから、
いつでも書けるじゃん?って思ったあなた、甘いです。

人間は、頭の中で無限にアイデアを作れますが、
分析し実証し、文字やデータとして書き記すことで
初めて手法として固まって行きます。頭の中にある
ことを明文化することで、流動的なイメージじゃない、
キッチリとした手法に出来るんです。

書くことって大切なんですよ。斉藤が普段から
メモするのは、メモすることによって気づきが
溜まって行くからです。溜まれば比較し、判断できる
ようになるから。頭の中に置いとくだけだと消えて
行きます。自然淘汰されます。しかも、自分にとって
都合の良い、良い思い出と紐づけされた記憶だけが残り、
都合の悪いものは消え去って行く。

だから・・・今書かなきゃダメなんだ。

斉藤は・・・やりたいと思ったことはやりたい。
やりたいことをやる!やりたいことからやる!

ま、大人ですから・・・優先順位は分かっている
つもりです。先にやらなくちゃならないことが
たくさんあるのは分かっているのですが・・・

でも・・・それでもこの手法を書きたい!高めたい!
現場で勝ちたい!という思いを胸の奥にしまうことは
出来ませんでした。

自慢じゃないですが、「後で書く」と口にしたら、
本当に後になる性格の斉藤です(苦笑)。後どころか
かなりの後になる確率が高い斉藤ですからね(爆)。

[check]久しぶりに掴んだ、イケてる(自信を持ってる)
自分の観点・手法を絶対にまとめ上げたい。

[check]今を逃したら後回しにすることが多分絶対必ず
分かっている。(後回しにしたら今よりも情熱が
冷める分、手法の精度が悪くなる斉藤であることを
これまでの経験から知っている。)

[check]毎回のことだが、斉藤は慈善事業家ではなく
一介のギャンブラーでしかない。知りたい!と
熱く思ってくれる方だけに伝えたい。

[check]斉藤のことを信用し、知りたい!と熱く思って
くれる方に対して(後回しにせず)、責任持って
お伝えするぞ!

このような思いから・・・今回のこの手法は
「先行予約申し込み」と言う形にします。

どんなに忙しくても後回しにせず、キッチリと
完成形にするために、とにかくまずは書き始めよう
と決め、実際、書いています。そしてある程度・・・
書けるところまで書けたら、(忙しさにかまけて)
途中でサボったりしないように、先に予約を
承ろうと(笑)。

自分で自分を追い込むには、それ相当の理由と
エナジーが必要です。今回の執筆にはそれだけの
必要性と価値があるのです!(ニヤリ)

「現場で勝つ方法」

モチベの半分は・・・斉藤自身のため。
自分自身のために本教材を書き上げ、今後の
斉藤の行動予定・・・現場へ行き、現場で
勝ち続けて行きたいから。

モチベのもう半分は・・・斉藤ワールドの
メンバーさんのため。斉藤とかかわった以上は、
ネット投票系でも勝ち、現場に行っても勝てる
メンバーさんになってもらいたいから。

もしも・・・この手法を知りたいと思ってくれる人が
少なければ、斉藤圭佑、男として・・・意地でも
ディープな内容までを含めて、この手法を知りたいと
希望してくれる希少な人のために尽くします(笑)。

もしも・・・この手法を知りたいと思ってくれる人が
多ければ、斉藤圭佑、嬉しくて舞い上がり、やっぱり
ディープな内容までを含めて、この手法を知りたいと
希望してくれる多くの方々のために、踏み込んで
書いてしまうと思います(爆)。

内容は・・・斉藤の手の内にあります。
ある程度まで文章化も進んでいますが、まだ半分
ぐらいは斉藤の手元のメモと頭の中にあります。

この手法を知りたいと思ってくれる方が多かろうが
少なかろうが、この熱を冷ますには書き上げるしかない
状態に追い込みます(笑)。

いや・・・「知りたい!現場で勝ちたい!」という
あなたからのご予約は、斉藤の背中を押してくれる
強力な推進力となるのです。

そんなわけで今回は・・・先行予約というか、
まだ書き上げられてない状態で先行予約を
始めさせて頂きます。

なんか・・・確か以前にもこんな形でやったことが
あるような気がしますが・・・なんだったっけ?
お宝エクセルだったっけ?

あ・・・今回のやり方(先行予約)をしようと
思ったもう一つの理由がありまして・・・

それは・・・斉藤圭佑、永ちゃんのライブの
先行予約が全て外れてしまったから!(爆)

代々木体育館が外れ、大阪城ホールが外れ、
マリンメッセ福岡が外れ・・・しまいにゃ
日比谷も外れました(悲)。ま、日比谷は結局、
台風で公演中止になったんですけどね。

これが舟券ならば・・・3連敗しようが4連敗しようが
当てた時に獲り戻せるので怖くも辛くもありませんが、
永ちゃんのライブは・・・先行予約抽選の4連敗は
ハートに堪えました(悲)。

こんな悔しい辛い思いをあなたには
あじあわせたくないので(爆)、今回の斉藤の
先行予約には「外れ」はありません(爆)。
先行予約期間内にお申し込み下さった全ての方に
お渡しします。

ですが・・・数量限定です(爆)。

「先行者は常に報われなければならない」の
ポリシーの斉藤ですが、今回は先行者さまを
メインとした先行予約と言う形ですので・・・
申し訳ないですが数量を限定します。

現場で儲ける人ばかりになったら・・・
それはそれで困るのもあるんで(爆)。

限定数量は後日のメールでお伝えします。

予約期間中に申し込んで下さった全ての方に
渡すと言いながら・・・数量限定?

なんか、斉藤・・・頭おかしいですかね?
祭りで寝不足、祭りが終わってもサポートメールで
寝不足・・・最近ろくに寝てないんで(爆)。

限定数量を超えても期間内に申し込まれた方は
有効にする分・・・申込可能期間は短いです(笑)。
限定数に達しなければ延長するかもしれませんけど、
とりあえず短くします。

あと、先行予約にしたのには、斉藤のメールを
どこまで真剣に読んでくれてるか?の確認の意味も
あります。また、斉藤のメールがどこまでちゃんと
届いているか?の確認の意味もあります(笑)。
最近ホンマ酷いんで。メールはもう限界なのか?と
感じています。

ということで・・・

どれぐらいの方々がこの勝ち方を知りたい!と
思ってくれるのか分かりませんけど・・・

明日またご案内しますので、
そのメールを見逃さないで下さいね!

明日22日、本日と全く同じ時刻に配信しますので、
そのメールを絶対に見逃さないでください!

それではまた明日。

斉藤 圭佑

コメント


認証コード5997

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional