競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

現場へ行って「新しい技法」を編み出してきました!

現場へ行って「新しい技法」を編み出してきました!

2020年、早速動き出そう!と、
斉藤は積極的に外に出て・・・
頭と足は現場に向いていたのですが、
家族のヤボ用とかで(笑)、なかなか
時間を作って現場に行くことが出来ず、
出かけてはいるものの・・・結局、
出先で在宅で・・・ネット投票で
やってました(爆)。

ダッシュじゃない買い方で久しぶりの3万舟券
https://twitter.com/KYOTEI_Keisuke/status/1214089645199261697

で、先日ようやく念願叶って
現場に行く時間が取れまして・・・
こんなのを獲りました。

2連単+3着流しで狙い通り!(嬉)
https://twitter.com/KYOTEI_Keisuke/status/1215166142320242690

いずれもほぼリアルタイムで
ツィッターに上げてたんで、
フォロワーさんは既に知っていると
思いますが(苦笑)、新年早々、いい
感じで獲れてます。いい感じで
勝ててますわ(笑)。

最初のは徳山です。出先の在宅で、
つまみ買いのネット投票でしたが、
結構大きめのが獲れてるでしょう?(ニヤリ)

額面がそこそこ大きいのは、斉藤の
欲望(予想)がそのまま現実になったから。
買った買い目の中で一番デカいのが
来たんでああいう金額になりまして、
額面的にはラッキーな的中だったの
ですが、それでも「展開を予想し、
2連単+3着流しで狙って獲った」
というのは間違いなくて、額面よりも
そのことの方が嬉しかったですね(笑)。

もう一つの方は尼崎。これは現場に
行ってました。2Rがスタートする
直前に到着したんですが、やっぱり
一般戦で本場だけとなると・・・
細かな部分の優劣の判別がつかず(爆)、
「見」が増えてしまって・・・全部で
3~4レースぐらいしか手出し出来な
かったんですが、

第10Rで気持ちいい(狙い通り)のを
獲れたんで、そこで勝ち逃げすることに
して(笑)、第11Rは買わずにニヤニヤ
しながら見て、第12Rの展示が終わった
時点で気持ち良く帰りましたとさ(笑)。

で・・・

やっぱり現場に行くといろんな
気づきがあります。

新たなる発見とかじゃなくて、「自分が
無意識にやっていることの意味」を
ちゃんと説明しなくちゃいけない・・・
という気づきを得ました。

帰宅してから、現場(尼崎)での自分の
行動内容(見たこと・やったこと)を
メモにまとめていたのですが、

その・・・メモした内容が(現時点での)
「現場で勝つ方法」には書かれていない、
書く予定にもなっていない!・・・と
いうことに気づきました。

斉藤にとってはそれが「当たり前の行動」
なものですから、そう認識している分、
「これを解説で書かなきゃ!」という
意識が低くなってしまってて・・・

例えば・・・具体的に言えば「展示の見方」
なんですけど、教材内で説明している内容が
端折り過ぎてるというか、解説の深度が
浅くて不親切というか・・・なんでこれだけ
しか書いてないのか、書く予定にもなって
なかったのか?って・・・思ってしまいました。

自分が現場に行った時は、もっと細かく
深く動いて見ているのに、なんでそのことに
ついて書いてないのか、書く予定項目にさえ
入ってなかったのか?

それは・・・長いこと現場に行って
なかったせいで、そういう自分自身の
行動の細かな部分までが思い出せな
かったのだ・・・ということだと思うん
ですけど(苦笑)、今回、実際に現場に
行って・・・そういうのを思い出し
ましたわ(笑)。

なんせ競艇ファン歴が長いもので(苦笑)・・・
「さすがにそこまで書かんでもええやろ?
大体の人は分かってることやろ?」とか
思ってしまってた部分があって・・・

そのせいで解説を端折ったり省略したり・・・
触れなく(書かなく)なってた部分がありました。

なので、読み手に「それぐらい知ってるわ!」
と突っ込みを入れられるぐらいに丁寧に
解説を書いて行こうと思い直しました(笑)。

あ・・・でも、とことん全部までを書こうと
すれば、超初心者さんにも分かるような
レベルで全部を解説しようとしたら・・・
多分絶対必ず、一つの章を書き終えるのに
1年ぐらいかかってしまう(爆)。

「大前提としてこれぐらいは知ってるやろ」
という線引きはどうしても必要で(苦笑)・・・
線引きが難しいですねぇ(苦笑)。

「知ってるだろうけど、一応書いておくか」
・・・ぐらいでちょうどいいのかな?
バランス感覚・・・難しいですねぇ(苦笑)。

というわけで・・・

まだまだ書けてないこと・・・知ってる
のに、実際にやってるのに、書くのを
忘れてしまってたこと、書き足りてない
部分がたくさんあることを再認識しました
んで・・・

教材作成用のマインドマップにそれらの
項目を書き足し、全体の構成を見直し、
一つの章・一つの項目を・・・もっと
もっと細かく濃く深くしていかなければ
ならないと思いました。

ところで・・・

今回、「新たな技」も編み出しました(ニヤリ)。
現場でそういう動作をしている人がいて、
いや、その人は舟券的中の可能性向上の
ために行っている動作では無かったん
ですけど、それを見てて・・・ふと
気づいたというか、アイデアを思いつき
ました。結構役立つ技だと思いますぜ(ニヤリ)。

将来・・・現場でこの動作をしてる人が
いたら、多分その人は「斉藤ワールドの
メンバーさん」ということになると思い
ます(笑)。それも書きますんで・・・
楽しみにしてて下さいね。

追伸:

> 斉藤にとってはそれが「当たり前の行動」な
> ものですから・・・

とか書きましたが、文字をよ~く見てみたら、

「当たり前の行動」って、「当たる前」の
行動なわけですから、つまりは、行動した
以上は「当たらなきゃいけない」わけで(笑)・・・

「それは当たらない前の行動だ」とか、
「それは外れ前の行動だ」とか表現しません
よね?(笑)

そういうふうに逆説的に考えてみたら・・・
「誰でも知ってるだろうこと」を「当たり前」
と表現している・・・この日本語表現というか
斉藤の認識は正しくないのでは?と思いました(笑)。

「当たり」に結びつく行動をすることが
「当たり前の行動」なわけですから・・・

「そんな事は多分みんな知ってるから
書かなくていいや!」という認識・
考え方は間違ってて・・・

「こうすれば当たりに結びつくんだよ」
という行動内容を欠かさず漏らさず全て
示すことが「当たり前のこと」なんだと
思いました。

そういう意味で・・・斉藤の書く「現場で
勝つ方法」は、当たり前のことしか
書かないようにします(爆)。

だからもしもあなたが「そんなこと
知ってるわ!当たり前だろ!」って
思うことがあったとしても・・・
当たってないのだから、当たり前だと
思わないでください(笑)。

現在のあなたは・・・当たらないから
斉藤の解説を読もうと欲してくれてる
わけです。そもそも自力で当てられる人は、
斉藤のことを必要としていませんからね(笑)。

つまりあなたは、当たるための行動の
いくつかを知っていて、実際に行動も
しているが・・・まだちょっと足りて
なくて、残念ながらまだ正しい答えに
たどり着けていない・・・のだと
思います。

あるいは、何かの行動時に・・・
正しい行動内容になってなくて、
だから正しい答えを導き出すことが
出来てないのかも。

現場で勝つために・・・現場で行うべき
こととは、「当たる前の行動」です。
たくさんの行動すべきことがあります。
的中の可能性を高めるためには、
「出来るだけたくさんの行動を積み上げる」
ことが大切だと思います。行動した内容
(数)の足し算が・・・的中の可能性を
高めて行くことに繋がると思います。

ま、なんか・・・難しく書いてしまい
ましたが、大丈夫です。ご安心ください。

行動さえ積み上げて行けば必ず正解に
たどり着くわけじゃありません。
超能力者じゃないんですから。

「行動」とは「的中する可能性を上げる」
ために行うもの。出来ることは全部やって、
やった行動の足し算をすることに手を抜くな、
という意味です。

行動の数を増やしたり、ある行動時の
判定能力を上げることで、的中の可能性は
必ず上げることが出来ます。

そういうことを今回の実戦で再認識しました。
出来る限り詳しく解説して行きますので。

追伸:2
話は変わりますが・・・

ブログのコメント欄で斉藤に連絡を
取ろうとして下さってる方がおられます。

パソコンが壊れました

家に帰ってPCを動かそとしたところ、
ブルースクリーン画面になってしまいました。
原因不明です
復旧のめどがたちません

・・・斉藤のブログのコメント欄は、
スパム防止の観点から承認制の
コメント欄となっているのですが、

この方はお名前も書いて下さってる
ので・・・承認してしまうとその方の
個人名まで出てしまいますので・・・
個人情報保護の観点からこのコメントを
承認することが出来ません。

でも、お名前が分かる⇒メールアドレスも
分かるので、メールをお送りしたいの
ですが、パソコンが壊れている状態では、
メールを送っても読んで頂けないのでは?
と思っています。

こういう場合は・・・

スマホでロジックコンビ競艇のウェブ
サイトにアクセスし、メニュー内の
「ご意見・ご質問フォーム」から・・・
閲覧できるスマホ用のメールアドレスを
添えてご連絡下さい。そうすれば・・・
斉藤からお返事、連絡ができますので!

【ロジックコンビ競艇】
ご意見・お問い合わせ・ご感想フォーム
http://kyotei.claretinfosys.com/index.php?autoresponseform

・・・と言っても、斉藤はパソコンの
エキスパートじゃないんで、パソコン
自体を直せるわけじゃないんですけど・・・
これも何かの縁ですから・・・もしも
斉藤に出来ることがあればアドバイス
しますので!

また、斉藤のLINEの登録URLもご案内
しますので登録してください。

そうすれば・・・たとえパソコンが
壊れても、お手元のスマホを使って
斉藤とあなたとの連絡回路(ホットライン)が
キープできますので!

で、出来れば・・・こういう事態になる前に
斉藤とLINEで繋がっててください。
「斉藤からのメールが届かない」に備える
だけでなく、こういった不測の事態が起きても
何らかの対応が出来るかもしれませんので。

多分、絶対、必ず。

ということで・・・
今回のお知らせは以上です。

最後までお読み下さりまして
ありがとうございました。

斉藤 圭佑

コメント


認証コード3333

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional