競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

100名の有望選手を追跡中・・・

100名の有望選手を追跡中・・・

斉藤です。こんばんは。
ご無沙汰しております。

なんで音沙汰なかったのか?と言えば、
もちろん忙しく熱中してたから(笑)。
コロナウィルスに怯えて萎縮していた
わけじゃありません。

てか、斉藤の本業もコロナの影響で
めっちゃヒマになりまして、逆に
ボートレースに使える時間が
増えました(爆)。

ところがボートレースも無観客開催で
テレボート一本ですから・・・現場にも
行けなくて、ボートピアにも行けなくて
・・・結局在宅でテレワーク(笑)。

「現場で勝つ方法」を書いてる最中なのに、
現場に行けない期間が続いて悲しい限り。
取材や現場検証、写真撮影で現場に行き
たいのに・・・行けないもどかしさ(悲)。

でも・・・詳しくは後でまた話しますけど、
テレワークで自宅にこもっていると必然的に
数字に接する時間が多くなり・・・いわば
「数字くん」との距離が近くなって・・・
より親密なお友達状態になるのですが(笑)、
そこで面白い観点に気付きまして。

いや、その前に・・・まずは予告。

近々、メインの情報伝達システムを
メール配信からLINE配信に変更します!

テレワークですので準備のペースが
上がりました(笑)。

昨年末からもう嫌になっていて・・・
年が明けて以降もicloud.comやmac.com、
me.comとか壊滅的。

niftyも時々届かなくなるし、とにかく
送っても返って来るか、届かなかった
との通知が来るかで・・・使う気が
失せました。

LINE

だからLINEにします。

もちろんメール配信を完全に止める
わけではなくて、現状で何も問題なく
届いている方もおられますので
引き続き使いますけど・・・

今日のは届いてても明日のは分から
ないんで(苦笑)、一応今後は
LINEとメールを並列で使います。

一応はLINEをメインとし、メールを
サブとして使用することにするつもり
ですが、LINEへの「完全移行」までは
まだ考えていません。

「とかで」のサポートとか、認証
コードの伝達とか、メールの本文に
書かれているURLをクリックして
もらったり、メールの本文に書かれて
いる認証コードとかをコピペして
もらうだけで済むことが、LINEでは
かえって手順が増えてしまって
不便になる部分もありますからね。

それと、LINEって・・・
イマイチまだ怖いんです。

だって、LINEって・・・
リアルタイムじゃないですか。

家族持ちで兼業ギャンブラーで
愛人募集中の斉藤ですから(爆)、
即時返信できない時もあるわけで、
そこがちょっと不安。

LINEって・・・基本的に短文での
やり取りになるじゃないですか。
日本有数の長文派の斉藤が果たして
簡潔な短文を書けるのか?ちょっと不安。

いや・・・本当は「不安」なんじゃ
なくて、やんわりと事前にお断りを
入れてるわけです(爆)。

すぐに返信が出来ない時もありますが
ご容赦下さい、短文でそっけない返信に
感じられたらごめんなさい、悪意は
ありませんのでご容赦ください(笑)、
長文になりそうな時はURL振って
アクセスして読んでもらうように
なると思いますがご容赦くださいね!

・・・ということです(笑)。
よろしくお願い致します。

近いうちご案内しますので!

さて・・・
テレワークで自宅にこもっていて
見つけた件。

最近、選手個人に注目するように
なりました。

ご存知の通り・・・
「しのごの攻略法」やSAMDESって
12点の買い目です。ダブルだと最大
24点にもなりますが、それだと効率良く
儲からなくなるので、「両建てPlus」の
手法で買い目を減らすのですが・・・

合成オッズを上げようと強欲になり
過ぎて(笑)、買い目を減らして失敗した
ことで・・・気付いたことがあります。

このSAMDES両建てPlusで解説している
買い目の減らし方とは別の、新しい
減らし方の観点を見つけました。

いや、見つけたというよりも、まだ
精査中なんですけど、この減らし方が
有効であるのはほぼ間違いないんです
けど、実は数字を根拠にして減らして
ないんです。

「選手」を根拠にして減らそうとして
います。もちろん全ての選手には成績の
数字があって、選手であり続ける限り
成績の数字が付いて回っているわけ
なんですが・・・不思議なんです。

ほぼ同じ成績数字を持つA選手とB選手でも、
買い目を減らす対象に出来る選手と出来ない
選手があって、何かにつけて気にかけて
注目して・・・その差をずっと研究してたん
ですが、

例えばの話。

5コースからの1着率がほぼ同じA選手と
B選手、でもA選手は自分以外の出走選手の
強さがどうであれ省いてはいけないという
結論に達し、B選手は自分以外の出走選手が
格下だらけの時だけ省いてはいけないという
結論に達したんです。

周囲が強い選手だらけでもコース別の成績を
発揮する選手と、周囲が弱い選手の時に
コース別の成績数字通りの結果を発揮する選手。

周囲が強い時でもヤレる選手は、
周囲が弱い時は?

周囲が弱い時だけしかヤレない選手は、
周囲が強い時は?

周囲が強い、弱いの基準って・・・?

こういった差や境界・ボーダーを見極めよう
としているのですが、どうやら選手によって
違うんです。

データに落として分析する前に、そういう
選手だけを見つけてデータを抽出する
必要があって、あるいは一選手のみの
数字で分析して、選手別に判定する
必要があって・・・

現在、そのために斉藤の持てる全口座を
駆使しています。入金口座、つまり
テレボートのアカウント別にお気に入り
レーサーを上限いっぱいの30名登録し、
会員メニュー内のマイページで表示される
一覧表を見ながら、それらの選手が
出走する全レースを追って見ています。

さらに、スマホアプリの「ボートアシスト」
も使い、お気に入りレーサー10名を登録し、
その選手が出走するレースの前レースが
終わったら通知が届くように設定し・・・

監視したい選手は100名を超えていて・・・
ま、その100名全員が必ず出走するわけでは
なくて、斡旋されてない日もあるんですけど
・・・かなりこれが忙しい(苦笑)。

100名を超える選手を追跡中・・・

でもこの目視確認行程で有望な選手を
絞り込めたら、その選手だけのデータを
落としてTOPとかで詳細に分析したいと
思っています。

まとめますと・・・

SAMDESをベースに、的中率アップを
図って一旦はダブルで狙うも・・・
回収率のアップのために両建てPlusの
観点で買い目を絞っているが・・・
そこに新たな観点「こいつとこいつは
例外処理」というのを加えられるかも
しれない。

特定の選手を毎日追うのは・・・
今のところ良い結果に繋がりそうで、
とてもやりがいがあるのですが・・・
100名を超える選手を毎日追うのは
正直とても疲れる(笑)。

あなたはどう思われます?
興味ありますか?

こういう観点・・・現時点では
「ヤル奴、ヤラない奴」という区分けしか
出来てないのですが・・・こういうのに
興味ありますか?

興味ある方が多ければ・・・途中経過ですが、
SAMDES両建てPlusをお持ちの方に案内
しようかな?それかLINEへの移行記念?で
シェアしようかな?

毎日100名追ってますから・・・
ゆっくりと返信できる時間が無いんで、
いや、多分絶対必ず、返信は出来ない
と言っておきますが(苦笑)、それでも
よろしければ・・・メールにてご意見
ご要望などお聞かせ頂けたら嬉しいです!

あ、こういうのにLINEを使えば
いいんですね!(笑)

もうちょっとだけお待ち下さいね!

今回のお知らせは以上です。
どうもありがとうございました。

斉藤 圭佑

コメント


認証コード9994

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional