競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

止まらないHa~Ha、黒く塗りつぶせ

止まらないHa~Ha、黒く塗りつぶせ

ここ最近・・・多分結構長いこと、
斉藤自身が経験したことや学んだことを
「アウトプット」することが出来てなかった。

だから今回の講座を書いていて・・・
湧いてくる。次から次へとドンドンと
湧いてくる。

久保田利伸が「終わらない~」って
歌ってるぐらい、書きたいことが
終わらない。

永ちゃんが「止まらない~ 離れない~
生まれてからボートのとりこ~」って
歌ってるぐらい(歌ってない)、
書くことが止まらない。

玉置浩二が「じれったい~」って
歌ってるぐらい、書くのが止まらず、
先に進めない。

どーしよう。無料講座にしては
長すぎてしまったかも。

この講座を先行でお読み頂き、
文章の校正や添削をお願いしている
メンバーさんから

「話が濃すぎるのではないか?クド過ぎる
のではないか?一般的な読者がついて
こられるのか?技術的にもメンタル的にも、
初心者レベルがついてこられる内容では
ないのでは?と心配してしまう。」

・・・という主旨のご意見を頂いた。

「違う!そうじゃない!」って・・・
鈴木雅之も歌ってる(爆)。

読み手がついてこれるのか?を心配すると
いうのは、「みんな遅れずについてきてね~」
という意識で書いてるということになるが、

悪いが斉藤には・・・そういう意識はない。
斉藤の存在を知り、斉藤の主義・主張・
手法を知った「全ての人」に・・・
ついて来て欲しいとはこれっぽっちも
思ってない。

『ボートレースで勝てる人間になりたいか?
ならばついてこい!意欲ある者ども、
ついてこられるものならついてこい!』

ぐらいの意識でやっている。

もし、読んでも理解出来なかったのならば、
理解できるレベルに上がろうと努力する
しかない。それをこちら側から下げて
迎合してしまうと・・・勝てる方法を
教えることができなくなってしまう。

それぐらいの気持ちを持ってやらないと、
人を高みに上らせることなんてできないと
思ってるし、

それぐらいの気持ちを持った人じゃないと
勝ち組には上がって来れないと思ってる。

で、今回の講座では、そのあたりのことに
ついて、かなり詳しく書いた。

今、なんであなたは勝ててないのか、
勝てる思考とはどういうものなのか、
具体的には何をして、どういう行動を
したらいいのか・・・

クド過ぎるほどアツく詳細に書いたつもり。
いや、今後さらに追加で書き足して行く
つもりで、今、追加の講義を下書き中(笑)。

でも斉藤に言わせれば、全て
「当たり前だよな」と思ってることばかり。

だけど多分、今のあなたは気付けていない。
気付けてないから勝てないし、気付いていても
行動を改めないからずっと負けたままなのだ。

ボートレースというものは、いろんな狙い方が
できるギャンブルだ。本命系、中穴系、大穴
狙い、人の数だけ狙い方があり、人の数だけ
勝ち方がある。

だからあなたにもたくさんの選択肢があって、
あなたが好きな狙い方、得意な狙い方で
勝ちを狙っていけばいいと思う。

だが、選択肢がいくつあろうとも、あなたが
どういう狙い方をしようとも・・・「勝てる
ようになるために最も重要なこと」は共通で、
実はとってもシンプルなことなのだ。

たとえ斉藤のようなクドい語り部がそれを
語ろうとも、勝つために最も重要な部分は
常にシンプルだ。

つまり、あなたが一番学ばなければならない
ことは、とてもシンプルなこと。

だが、シンプルがゆえに・・・奥が深い。
それを自分のものにするには熱いハート、
情熱が必要。心に汗をかかなくてはならない。

なのに・・・
あなたの情熱が途中で消えてしまうのは、
これまで何度も燃えては消えるの繰り返し
だったのは、なぜ燃えるのか、なぜ消えて
しまうのかの理由を知らずに燃えていた、
燃やそうとしていたからだ。
自分は燃えていると思い込んでいたからだ。

今回の講座では特にそういう部分について
・・・一通りの基礎講座(テクニック編)が
終わった後に、そういう部分にフォーカスして、
かなり踏み込んで書いた。
途中でケンカ売ってるような回もある(笑)。

以前に「今回の講座は以前に書いた講座の
焼き直しみたいなもの」なんて書いたが、
自分でそう書いておきながら・・・なんか
腹立って(笑)、かなりの部分を書き換えて、
かなりの内容を追記した(笑)。

だから「斉藤はそんなことまで無料で教えて
くれるのか!」って・・・多分絶対必ず、
あなたに感謝してもらえると思ってる。

でも「ふーん。そうなんだ。で?」で
終わる人もいるだろう。

ま、どっちでもいい。あなたの今の意識、
本気度によって本講座に感じる価値は
違ってくるだろうし、あなたが本講座から
何も盗めず何も感じ取れなかったとしても、
斉藤が困ることは何もないからね。

そういうのが斉藤には見えている。
だから「ついて行きたい!」と思った人だけ
来ればいい。

ま、でも・・・まずは黙って読んでみて
もらいたいと思っている。その感情は否定
しない。せっかく書いたからね(笑)。
魂込めて書いたからね。

でも、斉藤のポリシーは「来る人拒まず
去る人追わず」だ。読んであなたがどう思い、
どう行動するかは特に気にしていない。
あなた次第だ。

斉藤ワールドはヤル気のある奴だけが
集まるところ。甘ちゃんは要らない。
今回の講座はボートレースで勝つための
基礎講座的な立ち位置として書き始めたん
だけど、斉藤ワールドの入り口である以上は
「看板」みたいなもんだから・・・入り口から
いきなりそういう「ちゃんとした講座」に
しなくてはならないとも思ってた。

が、ちょっとやり過ぎたかな。書き過ぎたかな。
無料でここまで教える奴はそうはいないと思う。

ま、読め。読めば分かるさ(笑)。
近日公開予定。

追伸:
東京を見てると・・・あまり言いたくないが、
コロナが再燃する可能性だってありえそう。

「新型コロナは本当に危険な病気なのか?」
っていうことの真偽は・・・もう関係なく
なった。

どうであれ、もしも再燃すれば、またも
自粛生活が復活してしまうだろう世の中に、
そういう風潮になってしまったのだから。
世界中でそういう認識になってしまったの
だから・・・じたばたしたって始まらない。

ボートレースだって・・・またも無観客
開催に戻ったりしかねないぜ。

だが、世の中がどう変わろうとも、
あなたのやるべきことは変わらない。
ボートレースで勝ちたいなら、やるべき
ことをやろう。

世の中が変化していくことを恐れたり、
あなたの身を取り巻く環境の変化に
過度に神経質になっても仕方がない。

あなたが変われば、世の中がどう
変わったって大丈夫になるのだ。

あなたを中心に世の中は回ってるのだ。
少なくともあなたの周囲(の環境)は、
あなたを中心にして回っている。
あなた次第で変わるのだ。
変えられるのだ。

これはボートレースに限った話じゃない。
男としての生き方の話だ。
Feelin' comes to meなのだ。

ま・・・綺麗事は言わないつもりだけど、
というか言えないわ。斉藤があなたの役に
立てるのは・・・ボートレースのことだけ
だからね(苦笑)。

あなたが本気でギャンブル好きで、斉藤の
存在が何かあなたの役に立ちそうなので
あれば、遠慮なく斉藤を使って欲しい。

「ボートレースで勝てる人を増やす活動」
斉藤はこれをやってるだけ。これからも
やり続けるだけ。

今、自粛明けだからなのか、ボートレースの
売り上げがめっちゃ上がってるそうだ。
ネット投票「だけ」で、以前よりも
売れてるんだぜ!

ボートレースはオッズが低くて競馬ほどの
魅力はない・・・なんて思うのは古い
パラダイムだ。これから先は変わって行く
というか、今、もう変わり始めているのだ。

もちろん競馬も売り上げが上がったみたい
だけど(苦笑)、「オッズの魅力」は競馬には
太刀打ちできないとも思うけど、その代わり
ボートレースは毎日行われてんだ!

手を出せ!獲れ!稼げ!
しっかりと学び、充分な訓練をしてから・・・ね。

だからもう斉藤も・・・出来たものから順次
公開して行かないと、いつまで経っても講座を
始められねぇや(笑)。

近々、未完成でも無理やり公開し始めようと
思う(苦笑)。多分、絶対、必ず。

追伸:2
「俺のハートはGet no satisfied.
いつもGet no satisfied~」と永ちゃんが
歌ってるように、斉藤のハートも満足を
得られることはない。いつも満足感は
得られない。

次にやるべきステップを、今やってる
ステップが終わってないうちに見つけて
しまうからだ。

「そうさ朝から晩までNight and day
いつも働きっぱなし~」と永ちゃんが
歌ってるように、斉藤も働きっぱなしと
いうか、やりたいことが山積みで、
あちらを立てれば(優先すれば)こちらが
立たないというストレスにさいなまれ
がちだけど・・・

毎朝、今日は何をするかを「TO DO」
リストに書き並べ、達成したものを
黒く塗りつぶせ~している毎日(爆)。

人間、何かの問題にぶち当たったなら・・・
魂に汗をかいて努力し、解決しようぜ。

そして星をつかんだら・・・
サイコーの酒、飲みに行きましょう!

聖地Diamond Moon
Diamond Moon

「まるで犬コロみたいさNight & day
なのに文無しNight & day」と永ちゃんが
歌っているが、斉藤の場合は・・・浪費が原因。

毎月のクレカの請求書がまるで赤く塗りつぶされて
いるように思える(爆)。で、それをボートレースの
収支で「黒く塗りつぶせ~」しているから大丈夫だけど、
支出が「止まらないHa~Ha」だ。

多分、絶対、必ず。

E.YAZAWA

最後までお読み下さりまして
ありがとうございました。

斉藤 圭佑

コメント


認証コード4791

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional