競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

競艇と暴力団「八百長レーサー」の告白 読書感想文

競艇と暴力団「八百長レーサー」の告白 読書感想文

西川君の告白本が出版されてたんで
急いで入手し、一晩で一気に読み終えて
しまいました(笑)。

ということで、今回は読書感想文。

告白本

競艇と暴力団「八百長レーサー」の告白
西川昌希 著

弘道会あんま関係ないやん。
登場人物(共犯の親族)が元弘道会の
人間だったというだけで、組織として
八百長に加担していたわけでもなさそう。
本の帯ってホンマ、キャッチーやわ(笑)。

でも、内容は面白かった。
端的に言えば自分が行ってきた犯罪を
振り返って赤裸々に書いている・・・
わけだけど、一応はファンに対する
懺悔の気持ちと再発防止・・・八百長は
割に合わないってことを伝えるために
書いたとのことなんだけど・・・

それよりも!

かなり勉強になるぜ、この本。

本の中で著者は「強い奴じゃないと
八百長は出来ない、1着を獲る実力が
ないと狙って2着や3着を獲れない」
と告白してた。

そりゃそうだよね。実力がないと
そもそも誰も買わないから飛んでも
儲からない(笑)。ゆえに弱い奴では
八百長自体が成立しないって訳だ(苦笑)。

彼は、何年何月何日のどこの競艇場の
第何レースで八百長をやったと告白
してるし、その内容も詳しく書いている。

斉藤は「とかで」を開いてそのレースの
データを見てみた。本の中で彼が告白して
いた八百長レースは・・・もう全部見た(笑)。
古いレースのリプレイはもう残ってない
けど、今回の騒動のおかげでYoutubeには
結構な数の動画が上がってたんで、可能な
限り探してリプレイも見てみた(笑)。

なるほどねぇ。選手目線ってそういう
ものなんだ。強い奴って対戦相手や
モーター機力、枠番・コース取りや
人間関係までも見ながら・・・
そういう見方、考え方をしてるんだ!

その上でどうやれば怪しまれずに自分が
2着や3着になれるか?まで書いてある(笑)。
弱いインを逃がしてやりながら隣の
強い奴を飛ばしつつ、自分は2着3着に
なるやり方を解説してくれている(笑)。

斉藤的には・・・かなりの学びが
ありましたわ。

だって、曲がりなりにも7点台の勝率を
叩き出していたA1の選手だった奴の
解説なんだぜ?

彼には「八百長がやれるレースと
やれないレース」という判断基準があって、
その判断基準で『このレースなら
怪しまれずに八百長をやれる!』と判断
したから・・・やってきたわけでしょう?

その判断基準・判断内容、そして具体的な
テクにまで触れて本に書いてくれてるの
だから(笑)・・・それを学び獲らない手は
ないぜ!自分の舟券判断にそのスキルを
取り入れるべく、学び獲ろうとすべきだ
と思わない?

「八百長がやれる(やりやすい)レース」
とはどういうレースのことなのか?

答えを言い換えれば、「強い奴は
いかようにもレースをコントロールできる」
ということの裏返しだ。

だから・・・もう今は八百長は行われて
いないと仮定して考えれば(笑)、即ち
そういうレースは基本的に「強い奴が勝つ」
ということ。つまり「固い舟券系」で
挑むべきレースであり、少ない点数で
多額を入れるべきレースであるという
ことだ。

逆に「八百長がやれない(やりにくい)レース」
とは、「必ずしも強い奴がそのレースを
コントロールできるわけではないレース」
ということだ。

だから・・・もう今は八百長は行われて
いないと仮定して考えれば(笑)、即ち
そういうレースは「波乱の結果となる
可能性を秘めている」ということだ。
多点買いで広く浅く網を広げる買い方を
すべきレースであるということだ。

そんな感じで・・・何からでも、どんな
ことからでも何かを学び獲ろうとする
姿勢が大切だと斉藤は思う。
どんなに小さなことであっても、
学び獲れば自分の舟券構成に大きく役立つ
可能性があるかもしれないぜ?
そういう気持ちで常にアンテナを張って
生きていくべきだと思うぜ。

え?この本を購入することは犯罪者(西川)に
利益を供与することになるから慎むべきだ?
業界に迷惑かけておきながら、さらにそれを
ネタにして金を稼ごうというのはけしからん
行為?だから誰も購入すべきじゃない?

あほか!なにゆーてんの?
正義ぶってんじゃねぇ。

たかだか1700円程度の本の印税で
彼が救われたりしないよ。超ベストセラーに
でもなれば儲かるかもしれないが、そもそも
彼の総収入(総売り上げ)なんて、あんたには
関係ないことだよ。

あなたが彼に供与するのはたかだか10%、
170円程度だ。170円払って業界の
内情や八百長の内容や顛末を聞けて、
おまけに学ぶことも出来るんだから・・・
これほど安い出費はないぜ!

え?彼のレースを買ってて損害を受けたから?
彼には恨みがある?なにゆーてんの?
舟券は自己責任なんだよ。八百長も含めてな。
八百長を見破れずに舟券買った時点で、
もうあんたの責任なんだよ。

そんな小さいことグダグダ言ってるヒマが
あったら学べよ。何からでも学べるんだぜ。
学ぶ気ならば。

物事には多分「表と裏」がある。絶対に
「善と悪」があって、必ず「光と影」が
あるんだ。二面性、両面性があるものなんだ。
だから両方から学ばなきゃ。片方だけじゃ
わかんないだろ?

しかし・・・なんですな。

読み終えた時に思わずInstagramでも
書いたんだけど、これ、本人著ではないわ。
多分絶対必ず、ゴーストライターが書いてるわ。
インタビューして、取材して、西川の主張を
代筆したんだと思う。

本の中で西川は高校入試の時に「包帯」の
「包」の字が分からなくて答えられなかった
というエピソードを書いてるぐらいのバk・・・
あんま勉強してない男(笑)。悪いけど、
そんな奴があんな文章書けるわけがない(笑)。

この本のゴーストライターさん、
俺に文章の書き方を教えてよ!てか、
良かったら代わりに書いてよ!(笑)
俺の知識とテクと手法、攻略法を
伝えるから代わりに書いてよ。
めっちゃええ本できそうやん!
読んでもクドくない本。
多分、絶対、必ず(笑)。

あと、これはあくまでも個人の感想で
あり、効果・効能を示すものでは
ありませんが(爆)・・・

西川って「なかなか骨のある奴」という
印象を持ちました。

ま、あくまでもこの本における彼側の
主張だけ、ワンサイドの情報だけなんで、
反対側(主催者側)の主張は分からないん
だけど、彼はなかなか腹の据わった男だ
という印象を持った。

もちろん彼を擁護しているわけではない。
業界では絶対に許されない、やっては
ならないことをやった犯罪者である。
本人は懺悔とか言ってるけど、気持ちいい
ぐらい開き直って書いていて(笑)、自分の
思いを素直に表現しているという印象を
持ちました。だからなんか共感して
しまう部分もあって・・・

社会通念上、こんなこと言うのは
ダメなのかも知れないが、そういう
デリカシーを持ってる斉藤ではないんで(笑)、
同調圧力とかに無頓着な斉藤なんで(爆)・・・
言いますけど、

西川はヤル。ヤル奴だ。

どうせ八百長やるならそれを突き詰めよう、
芸術のレベルにまで高めてやろうという
気概を持って挑んでた男。なかなか
やりおるわ。

犯罪者の告白本に対してこんな感想文
書いてちゃダメなんだろうけど・・・
読んでて面白かった。ためになった。
学べたわ!

ありがと。西川。君ならなんか
他の分野で再起しても成功し、
生き延びて行ける男だと思うよ。
ガンバレ!

斉藤 圭佑

コメント


認証コード8802

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional