競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

ケガの功名?

ケガの功名?

新しくアプリを開発しようとしている時・・・トラブルはつきものです。想定外のことが次々と起こるんです。プログラマーBPさんと共同で、試作して動かし、修正しては動かし・・・のメイク&トライの積み重ねを今やってるんですけど、

そこに「人的原因」というか・・・まぁはっきり言って主に斉藤のイージーミスが多いんですけど(苦笑)、設定を間違ってしまってたり、途中で押すべきでないボタンを誤押ししてしまったり、あるいは取得途中で不測のエラーが起きてアプリの動作が止まっていることに気づかずに半日以上放置してしまってたり・・・等々(苦笑)、

もちろんミスっていうものは人間にはつきもので、意図してやってるわけではないのですが、そして想定外の出来事というものは・・・どうしても起こってしまうものでして(苦笑)、

で、取得にミスったデータを埋めようと、数十年ぶりに目視手動のチマチマ入力で、欠けたデータを夜な夜な手動で書き込んでいたのですが・・・そこで気づきました!

これまで何となく思っていたことが確信に変わりました!

これは使えるぅ!使えるぜぇ!ぜって~イケる!間違いないぜぇ!!!

まぁさすがに「オリ展データ」ですから「これ単独で買い目を導く」なんていう使い方はさすがに難しいんですけど(苦笑)、取捨選択の場面でめっちゃ使えることに気づいたんです!

オリ展データがこうなってるから・・・から始まって、「だったらあのデータはどうよ?」と目視で確認していて・・・「とあるデータ」との関連性を見つけたんですよね!

だから手動入力はますます遅くなり(笑)、欠けたデータを埋めるのに余計に時間が掛かってるんですけど(苦笑)、

例えば「しのごの」、例えば「SAMDES」、例えば「両建てPlus」・・・マジな話、ダッシュでも阿修羅でも使えるぜ!ということに気づけたんです!

  • これはめっちゃデカい助太刀・・・宮本武蔵と佐々木小次郎が斉藤の左右に立って助太刀してくれてるようなものです。
  • 地雷原を前に進軍できてないウクライナ部隊に対する友軍からの空からの強大な援護射撃です!
  • 勇者斉藤の左右に魔法使いと賢者が立ち、メラゾーマとベホマズンを毎ターン唱え続けてくれてるようなものです!(爆)

まだデータを集め始めたばかりで、数値的な説得力というか、参考となる一定量のデータを蓄積出来てるわけじゃないというのに・・・直感?積み重ねてきた実戦から身につけた感性?そういうものに代わるというか・・・そういう感性が無くてもこのデータを使えば代用できる!オリ展データは使えるぜ!ってことを確信しました!

しかも!

これまで斉藤は・・・この「オリ展データ」を最終の取捨選択で迷った時の、Goまたはパスの判断の理由付けというか、「オリ展でこういう数値になってるからヤメとこう、あるいはGoするべきや!」という・・・最終的に自分を納得させるためのデータとして補助的に使ってましたが、

最終の判断時じゃなくて、途中でも使えますし、関連性があることが分かった「とあるデータ」も含めて使えば・・・一番最初に除外するべきもの(レース)として対象から排除するのに使うことだって可能になると思ってます。

ま、それは・・・ある程度一定量のデータを集めてからじゃないと断言はできないんですが、とりあえず現時点の段階で・・・各手法の最終の取捨選択で迷った時にオリ展データを利用して手を出すべきじゃないものをスルーすることで・・・無駄打ちをかなり減らせるんじゃないかと。

このオリ展データを正しく使えるようになれば、SAMDESはもちろんのことダッシュや阿修羅で手を出しちゃいけないレースっていうのが(確率論的に)事前に分かるようになると思います。

ということで・・・

この「オリ展データ」、長年続けてきた経験から直感的にそうなんじゃね?という感じでこれまで使ってたんですけど、そういのが100レースあったら、どれぐらいのレースで活用できて、どれだけ取捨選択が楽になるのか、どのように成績が上昇するのかを調べてみたい・・・とますます思うようになりました。

シミュレーション訓練を積んで身につけるべき「判断力」を一部、数値で代用できるようになるんじゃないかと!

ということで・・・本記事のタイトル、

「ケガの功名?」

アプリが自動で集めてくれるよりも、実際に自分の目で数値を見ながら入力していると「気づく」ものなんですねぇ。

実戦で、各公式サイトを開いてオリ展データの色を見てた時よりも、自分で記入した時の方が気づけるものなんですねぇ(笑)。深く深く数値を見るようになるものなんですねぇ。

想定外のこと、トラブルが発生した時ってのは、新しい何かに気づけるチャンスなのかも?と思いました。

ま、だからといって、全てのデータを手動で集める気にはなれませんが(笑)、なんたって膨大な量がありますからねぇ(苦笑)。だからアプリの開発は引き続き頑張って進めて行きますけど、

アプリ開発中に設定ミスって転んで地面に両手をついたら泥で汚れてしまった・・・と思ってたら、その泥汚れの中に砂金が付いてたことに気づいた!

・・・って話でした(笑)。

ケガの功名?

乞うご期待!

追伸:
「俺はオリ展データをこう使っている!」とか、「オリ展データでこういうことが判断できないだろうか?」とか・・・あなたのご意見やご要望、斉藤の分析に期待している内容等がありましたらぜひ聞かせてください!

頂いた全てのメールにお返事することはできませんが、全て読ませて頂き、参考にさせて頂きますので・・・メンバーさまにはメールでもこの記事をお送りしてますので、よかったら「そのメールに返信」で構いませんので・・・ご意見をお聞かせ頂けたら嬉しいです!よろしくお願いします!

斉藤 圭佑

コメント


認証コード4143

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional