競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

決してお勧めする考え方ではないが・・・

決してお勧めする考え方ではないが・・・

決してお勧めする考え方ではないが・・・

斉藤は金持ちを妬んだことは一度もない。
合法・非合法を問わずだ。

なぜなら・・・努力したはずだからだ。

税金を我が物顔で自由奔放に使い倒し、国民の金で
遊びほうけている金持ち役人も確かにいる。
実際、お金を持ってる公務員に悪い奴は多いとは思う(笑)。

しかし、横領とかはまぁ別として、お金を稼いでいる奴は
努力している。

努力したはずだ。

お金が入ってくる立場に立てるように・・・いつかどこかで
頑張ったはずだ。

いや、百歩譲って、バレなきゃ横領はOKだとしよう。

それでも・・・バレないように証拠隠滅に努力しているはずだし(笑)、
そもそも横領できるレベルのポストに就くのに・・・かつて
何らかの努力をしたはずなのだ。

アフリカの原野に住んで、公金を横領できる奴はいない。
深海に潜む原子力潜水艦で任務を遂行中に賄賂を要求
出来る奴はいない。

話を元に戻そう。

お金を儲けるには儲ける為に何らかの努力があったはずだ。
その頑張っている瞬間を見てないから・・・ひがむのだ。

どんなに汚い奴にも・・・努力した時はあったはずなのだ。
だから斉藤は金持ちを妬んだことはない。賛美もしないが。

生まれた瞬間に社長な奴はいない。
社長の息子として生まれ、次期社長が約束されている奴はいる。

しかし、次期社長としてふさわしくなる為の努力は陰でしてた
だろうし、社長の息子として生まれたせいで、あなたが普通に
味わえた楽しみを知らずに成長した・・・と言う部分だって
あるはずだ。

どういう環境で生まれたかは関係ない。

「どういうふうになりたいか」に対して行動するかしないか、

の問題だ。

善悪の問題はあろうが、頭を使い、神経を使い、知恵を
振り絞って考え、実行したことは事実なのだ。

ビジネスにおいて儲けるためには、下げたくもない頭を

下げなければならないこともある。気に食わない上司の

下で働かざるを得ない場合もある。

しかし、ギャンブルの場合、誰にも気兼ねする必要はない。

舟券を買うのに誰かに頭を下げる必要はないし、払戻しを

受ける為に誰かを接待しなければならないようなこともない。

だから斉藤は競艇が好きなのだ。

多分、絶対、必ず。

コメント


認証コード6010

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional