競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

斉藤はスピード狂ではありますが・・・

斉藤はスピード狂ではありますが・・・

斉藤はスピード狂です。

四十過ぎてますが、制限スピードを守ったことがありません。

一般道なら100km/hぐらいまで(出せる所では)出しますし、
高速道路はいつも 160~180km/hで巡航してます。

最近は捕まってないですが、斉藤の自宅前の通りにある標識は、
全て斉藤が建てたものである・・・と言っても過言ではないぐらい、
多額の反則金を支払って来ました。

いいじゃないですか。交通違反って反則金制度なんですから。

反則金を支払うことで罪を滅ぼしているわけです。チンピラに
手を出したら事務所に拉致られて、勘弁してもらうのに金払うのと
理屈は同じです。

ま、警察の方がちょっとだけ良心的と言うか明朗会計で、やらかした
度合いに応じた料金表をご丁寧にも用意してくれてます(笑)。

あ、飲酒運転はダメですよ。

あれは反則金ではなくて罰金です。世間からは悪の権化、最低の人間、
人間のカスみたいに言われて大損ですし、対人事故でもやらかしたら
相手に申し訳ないですし、自分の家族までもを辛い目に遭わせて
しまいますので。

斉藤は最近、飲酒運転だけはしないように決意しました。
最近?ってツッコミ入れないように。とにかく、あれはダメですね。

で、飲酒運転だけはしないと誓った斉藤ですが、
スピード違反だけはしない・・・と誓うことは、多分、絶対、必ず、
ありません。

捕まっても反則金で済むんです。警察は反則を摘発しますが、
お金を払うことで許される制度なんですから。

だから斉藤が運悪く捕まってしまったとしても、警察に対して
謝ったことは一度もありませんし、一切反省の言葉はありません。

斉藤に対して説教でも垂れやがった日にゃ、説教を取り消して
謝罪の言葉を聞くまでは、反則切符に絶対にサインしませんからね。

反則金の納付とは、反則行為を許してもらうために支払うのです。
反則行為とお金の交換制度なんですから。

だから、説教するなら切符切るな、切符切るなら説教するなと言うと、
99%のポリスは説教せずに黙々と違反切符を作成するんですわ。

何か脱線し過ぎですね。警察を批判したかったんじゃなくて、
斉藤はスピード狂だと言いたかっただけなんですが・・・。

やはり積年の恨みでしょうか(笑)。警察と仲が悪いのではなく、
隠れてコソコソ取り締まる「交通課」と仲が悪いだけなんですわ。

一課や生活安全課とは仲良くさせてもらってます(笑)

さて、インターネットとは情報の世界。だからこの世界のもスピードが命。

朝青龍の涙の引退会見を今頃報じていたんでは話になりません。
今なら特別報奨金の額面の正当性と暴行事件の捜査の行方を
報じてなければなりませんよね。とにかく、情報はスピードが命
なんですわ。

ところが・・・

要求されるスピードが年々速くなっている一方で、斉藤のスピードは
・・・かなり遅い。

石橋式をリリースすると言ってから・・・遅れること3ヶ月。
石橋式の奥義を学んでもらうための虎の穴講座をやると言ってから
・・・遅れること2週間。

ハンドルを握れば誰よりも速く走ろうとする斉藤が、
なぜそんなに遅いのか?

僅か10分の間に3つのレースが同時進行していようとも、
スタ展を見比べ、オッズを見比べ、どのレースに投票するのかを
即時即決できる斉藤が、なぜそんなに遅いのか?

なぜなら・・・斉藤はスピードよりもクオリティを重視しているからです。

急ぎ仕立てをしたところでたかが知れてますし、急いだことで
クオリティを落とすぐらいなら、最初からやらない方がマシです。

基本、斉藤一人で、ソフトウェアの開発はプログラマーさんと
二人だけでやってます。

どうがんばってもたいしたスピードが出ないのならば・・・
クオリティこそ我が命。

斉藤とプログラマーさんが・・・自信を持ってお勧めできるクオリティに
なることが確信できましたので・・・

虎の穴講座で石橋式投資法専用の自動投票ソフトについての
開発進歩状況と、どのような機能を有しているのかについて・・・
説明を始めることにしました。

およそ・・・サラリーマンの域を逸脱していると思います。
上司から「お前、今日はどんな仕事したんや?」って聞かれたら・・・

きょぅてぃのぉしごとをちょっとだけぇ・・・

としか言えないような数日間を過ごしていますが・・・
なぜか充実してますわ(笑)

追伸:
そんなわけで自動投票ソフトの概要説明と、あとひとつ・・・
石橋式投資法の「もうひとつ別のアプローチ」とでも言える、
教材にはあえて書かなかった・・・特別な抽出方法を
虎の穴講座でのみレクチャーしました。

追伸:2
そういう案内を会員様にメールでご連絡差し上げたのですが、
なぜかいくつかのエラーメールが返ってきてしまいました。

その中の一つのメールアドレスは、なんと斉藤が受信チェックの
為に登録しておいたヤフーアドレスでした。自分が自分に送った
メールさえ、届かないのには笑ってしまいます。

いや、実は対処法があるんですわ。

「大切なメールを・・・多分、絶対、必ず、届ける方法」

http://kyotei.claretinfosys.com/fwd3/notmeiwaku

これを設定しておくのを忘れてたんですねぇ。
これ・・・かなりいいです。

コメント

  • ありがとうございます


     ペタありがとうございます。勉強になりますよ。


  • ペタ ありがとう ございます。


    今回の 話も 楽しく 読ましてもらいました。

    反則金も 馬鹿に ならないでしょう。

    けいすけさんの家は、
    制限速度の標識が いっぱいある通りと
    覚えておきます。
    事故に 会いませんよう お祈りいたします。



  • Re:ありがとうございます


    >DRAGONFIGHTRさん

    コメントありがとうございます。

    しかし、斉藤の考え方は世間からちょっとズレてますので・・・勉強にならないというか、警察とのやりとりは参考にしないでくださいね。

    下手すると・・・現行犯逮捕されますぜ(笑)


  • Re:ペタ ありがとう ございます。


    >ライナさん

    コメントありがとうございます。

    斉藤の家の前の通りは・・・制限速度30km/hです(笑)。しかしなぜか・・・パトカーは40km/hぐらいで走ってます(爆)。



認証コード1584

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional