競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

ファブリーズ依存症?

ファブリーズ依存症?

ファブリーズ依存症?

ファブリーズ・・・男にとって革命的な発明である。
今世紀最高の発明だ!

・・・と斉藤は思う。

斉藤は・・・ファブリーズなくして快適な人生は
送れない。

・・・多分、絶対、必ず。

前回の記事が・・・ちょっとヘビーだったんで(爆)、
今回はライトな内容を(笑)。

ライトとは軽量・軽いと言う意味ですが、ここで
言うライトとは「軽い」というか、「軽薄」という
ニュアンスが最もふさわしいかも。

だから・・・そんなに沢山いないかもしれません
けど、女性読者さんは・・・読まなくて結構です
ので(爆)。

●●さんのサポートが完了したということで・・・
一時的だったにせよ、そのサポート期間の中で、
間違った感情に支配されたメールを送ってしまって
いた・・・

これは前回の記事でも書きました通り、反省すべき
点ですし、今後の斉藤の課題です。

感情のコントロールはマジに大切なことなんで。

で、そういう・・・サポートの質にこそ・・・
問題がありましたけど(笑)、だからと言って
鬱(うつ)に籠(こも)って・・・ずっと反省し続けて
いるわけじゃありません。

なんせ・・・半年間です。よっしゃ!めでたい!
呑みに行こう!ってことになりますわな(笑)。

と言っても・・・組織でサポートしてるわけじゃ
なくて、いえ・・・BPさんにも時々ヘルプして
もらってますけど・・・基本的には斉藤個人の活動
なんで、よっしゃ、呑みに行くぞ!って・・・
一人で決めているだけなんですけど(爆)。

でも、一人だと盛り上がらないんで(笑)・・・
当然、知り合いを誘うわけです。

例えば・・・以前に指をケガするという災難に遭い
ましたが・・・そういう「災い転じて福となす」
と言う感じで知り合った、看のぉねぇちゃんを
誘ったりします(笑)。

純粋に・・・飲み食いに行って、同じ時間を過ごす
だけで、多分、絶対、必ず、どうこうするわけじゃ
ないんですけど・・・

やっぱり気になるのは・・・帰宅時の臭い(爆)。

斉藤は・・・鼻が利きます。自分で言うのもなん
ですが、かなり優秀な嗅覚を持ってると思います。

ワインの大まかな生産国、あるいは使用している
ブドウの品種ぐらいは・・・ある程度正確に嗅ぎ
分けられます。

目は悪いし耳は片方聞こえないですが・・・
鼻だけは良い(笑)。

で、鼻がいいから気になるんですわ。

このぉねぇちゃんの香りは・・・嫁にも子供にも
嗅ぎ分けられるのでは?という恐怖に震えながら
帰宅するのは・・・大変心臓に悪い(爆)。

斉藤の子供の中で、一人だけ・・・斉藤の嗅覚遺伝
子を継いでいる娘がいまして、小さい頃に「パパ、
お化粧の匂いがするよ。」って言われたことがあって(笑)・・・

たまたま嫁が近くにいなかったから良かったものの(爆)・・・

そういうわけで・・・これに辿りついたんです。

多分・・・これほど便利なものはありません。
絶対・・・これなくしては家に帰れない。
必ず・・・生涯、手放せないものです。



そう・・・消臭ファブリーズ(爆)

ファブリーズ依存症?

もちろん当然・・・「香りが残らない」と書いてる
無香性のタイプです(笑)。

いや、これ・・・斉藤に言わせれば、僅かに香りが
残ってしまうんですけど、まぁ・・・一般的な嗅覚
の人には大丈夫なレベル(笑)。

とにかく・・・ファブリーズ・ジャンキーというか、
もはや・・・依存性(笑)。

それはもう、全身に(笑)。

服だけじゃなくて、髪の毛、顔、首筋、腕・・・
皮膚だろうがどこだろうが、お構いなしにシュッ!
シュッ!シュッ!

ファブリーズはヤバイという書籍も本屋で見たことが
ありますんで・・・

確かに少々ヤバイというか、なんとなくですけど、
あんなに一発で臭い物質を消す(いや、隠す)液体が、
人体に無害なわけがないのでは?・・・と思いつつも、

そんなこと言ってられない!(笑)

全てを消し去り、リセットしてから帰宅するのだ!

多分、絶対、必ず。



追伸:
斉藤は・・・潔癖症ではありません(笑)。普段の
生活の中では、ファブリーズなど一切使って
おりませんし、不要です(笑)。

ネットで検索してみたら、ファブリーズでゴキを
退治している人もいるみたいで・・・驚きました。

ワシゃゴキブリかぃ!・・・なんですけど(笑)、
とにかく・・・背に腹は代えられない(爆)。

ま、人体に有害・無害ってのは・・・いろいろと
論議されてるみたいですけど、常識の範囲内で判断
すべきことで・・・神経過敏になってはいけません(笑)。

使うシチュエーションを限定し、節度を守って
使用する(爆)。

感情と同じで・・・上手くコントロールするしか
ありません(笑)。

追伸:2
現在のところ・・・斉藤にとってファブリーズとは、
即ち「使い捨て」であります。

だって・・・自宅で使ってないのに、そんなの持って
帰れませんがな(笑)。

370mlも要らない。ボトル形状もいびつだ。
これは・・・主婦のことしか考えていない。

ポケットに入るような、持ち運びできる、四角くて
小さな・・・携帯サイズが欲しい!

斉藤だけでなく・・・世の家庭持ち男性は、
そういうものを望んでいると思います。

多分、絶対、必ず。

P&Gさん・・・お願いします!(爆)

コメント


認証コード4593

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional