競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

パンとワイン。クリスチャンの話じゃねぇ。

パンとワイン。クリスチャンの話じゃねぇ。

【保存版】あなたが競艇で、ボートレースで稼げるようになるために必要な3つのこと

斉藤です。こんばんは。

ウクライナから小麦が輸出されないからなのか・・・斉藤家の朝の食卓に並ぶロールパンやクロワッサンは、価格据え置きのまま・・・よく見ると一回り小さくなっていて(苦笑)、斉藤家の夜の食卓に欠かせない、斉藤の好きなワイン類は・・・ボトルの容量は一定なんで小さくはならず(笑)、容赦なく値上がりしていく・・・

決してクリスチャンじゃなく、かといって敬虔な仏教徒でもない斉藤なんですけど、パンとワインって世の中の経済事情を表す「指標」なんじゃないかと。

生粋の日本人、「ご飯とみそ汁」のはずの斉藤のお袋でさえ、やれサラダ油が高くなったとか、小麦粉が高くなったとか嘆いてる(苦笑)。高くなったと言ったって・・・なにもいきなり2倍とか3倍になった訳じゃないんだろうから・・・特売とか待たずに今すぐ買えばいいのに・・・と思うんですが、食材の選定や調達は斉藤の役目じゃないんで、口を挟まず黙って見てるのですが(苦笑)・・・

とにかく、世の中は値上げラッシュみたいです。これからもしばらく、多分絶対必ず、あらゆるものが値上げされて行き・・・物価は上がり続けて行くことでしょう。

それに対して・・・給料は上がらない。

「大して」上がらないのではなく「全く」上がらない。斉藤の本業だってそう。上がらないどころか微妙に減ってますが、まだ給料もらてえる分だけ幸せなのかも。

厳しい世の中です。

そんな世の中でこれからも生き残っていくために必要なのは・・・金(カネ)。きれいごと言っても仕方ないんでストレートに言ってますが、物価の値上がりに対抗できる、プラスαのゼニを稼ぐ必要があります。

何をして銭を稼ごうがあなたの自由ですが、縁あって斉藤のことを御存じ下さってるあなたに斉藤がお伝え出来るのは・・・やっぱりこれしかありません(笑)。

競艇で稼ぐ。ボートレースで稼ぐ。

いや、ギャンブルなんて儲からない。もしもギャンブルで儲ける方法が本当にあるのなら、絶対にそれを他人に教えたりしないよね・・・という、

高みをめざしてみたが、望むところにはたどり着けなかった。だからそれは存在しなかったのだ。

などという二段論法で物事を語る・・・斉藤に言わせれば本気で物事にチャレンジしたことがないか、頭の悪い(やり方の悪い)奴らの開き直りのような苦し紛れの言い訳をバカ正直に信じてるに過ぎない。

たった一度や二度のチャレンジで簡単に挫折・撤退してしまい、不甲斐ない自身の現実から逃避し、毒づいて留飲を下げようとしてるだけに思える。

全身全霊で物事に取り組んだ経験のない負け組ギャンブラーの語る戯言に説得力を感じているようじゃ、いつまで経ってもあなたは一般大衆と同じですよ。

ずっと・・・そんなレベルで居続けるのかぃ?

まぁそこまで・・・本気で取り組んだことがない奴らが多数を占めているからこそ我々は勝てている、という面もあります。負ける(外す)奴がいてくれてこその勝者・・・ですからね(ニヤリ)。

多分資本主義経済だってそう。株式相場だってそう。1パーセント未満の、ごく一部の者だけが勝ち続け、それ以外の大多数は勝ったり負けたりを繰り返しながら結局は負ける(資産を減らす)ために参加しているのだ。

そろそろ目を覚ませよ。

人間は、苦しめられ打ち負かされるとき、なにかを学ぶチャンスをえる。才覚を発揮すること。勇気をもつこと。事実をつかむこと。無知を知ること、節度や、生きるための本当の技術を獲得することなどを。<ラルフ・ウォルド・エマーソン>

いや、斉藤のような堕落した人間が偉人の名言を引用するのはちょっと気が引けるのですが、まぁ私は基本的にだらしのない人間で、ギャンブル分野だけ極道(道を極めようとする者)です、と、前置きお断りした上で使ってるんで、この分野に限っては引用しても許してもらえるんじゃないかと思ってますが(苦笑)、

とにかく!

この状況を打開し、厳しい世の中でこれからも生き残っていくために・・・プラスαのゼニを稼ぐ!競艇で稼げるようになるためには、次の「3つのこと」が必要です。

あなたはこの3つ、持ってますか?



【保存版】あなたが競艇で、ボートレースで稼げるようになるために必要な3つのこと

1.「1マークの展開を読む力」(ある程度)
2.「的中率と回収率のバランス」を探るリサーチ力
3.「ITスキル」と「時間」

ひとつずつ解説します。

  • 1.「1マークの展開を読む力」(ある程度)

予想を組み立てる時に何を見るかといえば・・・もちろん数字です。というか数字しかありません。でも数字というのは無味無臭の乾燥したものであり、単に値を示しているだけであり・・・その数字が示している本当の意味を理解できる力が必要です。例えば・・・

1号艇は1コースからの1着率が40%で、2号艇も2コースからの1着率が40%だったとします。この2艇、共に1着率は同じ40%ですが、その40が意味する内容は・・・天と地ほど違いますよね?意味分かりますか?

あ、本来はコース1着率の数字だけでなく、そのコースにおける平均的なスタートタイミングや今節の平均スタートタイミング、そしてスタート展示におけるスタートタイミングと展示タイム・・・等々、多数の項目の数字をチェックし、それらの数字を総合的に見比べて、あるいはそれプラス選手名や級別等も視野に入れて1マークの展開を読もうとすべきですけど、ここでは例として、あくまでコース1着率という点に絞って端的に書きますけど、

「1コースから1着を取れる確率の高い選手か?」という意味で、信用できる数字というのは最低でも50%は必要で、それが40%しかないということは、基本的に信用はできない、外コースの艇に負けてることの方が多い選手(数字)なわけです。

40%という数字を信用できるのは、それ以外の艇の1着率が軒並み10%程度の時だけで、そういう数字の並びだった時は・・・まぁ信用しても良いかもな?ぐらいには考えますけど、

で、それに対して2コースからの1着率が40%もある2号艇は、1号艇よりも断トツの格上の技量を持つ選手となります。

だから・・・例としての極端な説明ではありますが、こういうケースでは「2号艇の方が強い」と読みます。差すか捲るかは知りませんが2コースなんでまぁ差すと仮定して・・・2コースから差し切るケースを想定した場合、1号艇は2着に残る可能性がある・・・と読みます。王道的なセオリー的に言えば「2-1-流し」と読むことになるのかな。

これが2コース2号艇ではなく3コースから外の選手にコース1着率の数字の良い選手が居た場合は、1号艇は着外まで沈むことまで想定した買い目構成にするべきで、3-4-流しとか4-5-流しとか・・・

『待てコラ、舐めてんのか斉藤?それぐらいのこと言われんでも知ってるわ!』

あ、そうでしたか。ならOKです。ある程度1マークの展開を読む力が必要と言いましたがその程度でOKです。それで充分です。

  • 2.「的中率と回収率のバランス」を探るリサーチ力

真正直に王道的に2コースからの差し切り1着と読めば、当たる確率は高くなる反面、配当は低くなります。そりゃそうでしょ、その程度の展開を読む力は大方のファンが持ってるものですから、皆が同じ買い目となり配当は低くなります。

でも、あえてここで1号艇を頭にして買えばどうでしょう?1号艇だって1コースから40%の確率で1着を獲ってるわけです。10回に4回、つまり5回に2回は1コースから1着を獲っている。対する2号艇も同じ40%、5回に2回は2コースから差して1着を獲っていますけど、逆に言えば5回に3回は差すも届かず・・・で1着を獲れてないんです。

1コース艇が5回に2回は1着になり、2コース艇は5回に3回は差し切れてない・・・と考えれば、そして今回のレースでそれが現実となる・・・と仮定すれば、1号艇を頭にした1-2-流しって、現実的にあり得る買い目だと思いません?

そして一般的にはその1-2-流しの方が合成オッズが高くなるでしょうから・・・2-1-流しで手を出すよりも価値が高いと思いませんか?

多くのファンが「2号艇の方が強い」という判断をするのであれば、その逆を買った方が配当はデカいわけです。

このレースはどういう結果になるか?を読むだけでなく、それが正しそうに思えたとしても大して儲からないのであれば買う意味はないんです。

1号艇と2号艇のどちらが1着になるかは「神のみぞ知る」であり、やってみなくちゃ分かりません。ですが、配当的にはどちらに賭けた方が美味しいのか・・・一般的にはそれを「期待値」という表現をするらしくて、「期待値の高い方に手を出す」のがベターなんて言われてるんですけど、

どっちがどれぐらいの確率で来て、どっちを選んだ方が高い回収率となるのか。斉藤はそれを「期待値」という言葉ではなく、「的中率と回収率のバランス」という表現をしています。

同じシチュエーションのレースを100レース買ったとして、

●コース1着率の数字の意味通りに2頭を買い続けて小さいのをコツコツ獲って積み立てて行くのが良いのか、

●数字の意味を逆手にとって1頭を買い続け、たまにそこそこ大きいのを獲ってプラスにすればいいのか、

●あるいはそのミックス・・・なんらかのプラスαの条件を探して見つけ、その条件を満たしている時は1頭で、そうじゃない時は2頭で行く・・・とか、

そういうのを探し求める努力・・・的中率と回収率のバランスの一番いいところを探し出そうとするリサーチ力が必要なんですよね。

  • 3:「ITスキル」と「時間」

似たようなシチュエーションの100レースにおいて、どういう項目の数値がどういう値の幅の時に1頭で買えばいいのか、どういう値の時は2頭で買う方がいいのかをリサーチする、

あるいは1頭の買い目の合成オッズがいくつぐらいの幅にある時に的中することが多いのか、2頭の買い目の合成オッズはいくつぐらいの幅の時に的中することが多いのか、そういう切り口でリサーチしてもいいでしょう。

『的中率と回収率のバランスが一番良いのは○○という項目の数値が▲▲~××の幅の時に■頭の買い目で買うことだ。でもその合成オッズが□□未満の時は手を出す価値が無いからパスする・・・が正解らしい。』

という結論を見つける力が「リサーチ力」で・・・あ、正解「らしい」という表現を使っているのは、直近の100レースにおけるデータから推測しているからであり、未来永劫ずっとこの傾向が続くということまでを調べ上げられたわけじゃないから。

だから定期的に傾向は再確認すべきだし、その再確認結果を見て傾向の変化を掴み、反映させていく・・・という繰り返しが必要となります。

そういうスキルと時間が必要となります。ITスキルと表現しましたが、「パソコンスキル」の方が近いかな?

これを実行するにはMSエクセル等の表計算ソフトが必要です。また、切り口(分析のアイデア)はたくさん出てくるでしょうから、その一つ一つを分析・リサーチしていくためにはそれなりの時間がかかります。なので、効率良く最短時間で知りたいことを知るためには表計算ソフトを上手に使いこなす(分析しやすいようにカスタム化、システム化する)スキルも必要です。



以上、あなたがボートレースで稼げるようになるために必要な3つのことについて説明しました。

超端的にまとめますと、

あなたに「ある程度1マークの展開を読む力」さえあれば、あとはいろんな切り口で「的中率と回収率の良いバランス」を探ればいいだけ。だがそのためには「パソコンスキル」と「時間」が必要。

ということです。

「良いバランスを探る」ための「スキルと時間」が必要

これ・・・難しそうに思いますか?

大丈夫!それらは既にあるんです!
斉藤ワールドでは既にもうこれらのものを用意してるんです!

■「とかで」Unlimited版には「TOP(とかで・アウトプット)機能」というオプション機能がありまして、「とかで」のDATAタブや投票分析タブで表示しているほぼ全てのデータの中からユーザーさんが必要とするデータのみを外部出力する機能があります。

■外部出力したデータをエクセルに取り込んで分析するにあたり、ユーザーさんにエクセル操作の十分なスキルがなかったとしても・・・大丈夫なように、斉藤作の「テンプレエクセル」というエクセルファイルが付属されています。

このテンプレエクセルの「フィルタ機能」を使えば、「この項目の値がどういう数値の幅の時」というのを簡単に入力することが出来て・・・基本的にはマウスクリックだけで数値を変更することが出来て、変更したらただちに的中率や回収率が表示されるような仕組みになっています。

つまりあなたがすることは「数値の幅を変更してみる」だけ。的中率と回収率が良いバランスになっていて、そのパターンで買い続ければ資金が増えて行くことが確認されている・・・という条件や買い方を見つけることだけに集中できる。

■そしてさらに・・・自動投票機能。「テンプレエクセル」であなたが見つけた「資金が増えて行くことが確認出来ている条件」をそのまま自動投票ソフトに送信すれば、あなたはパソコンのモニター前に座り続ける必要はなくなります。あなたに代わってTRM(とかでレースマネージャー)が時系列に沿って順次進行していく全ての開催レースを監視し、条件を満たしたレースがあり次第自動で投票して行く。

「TOP(とかでアウトプット機能)」、「テンプレエクセル」、「TRM(自動投票)」にはそれぞれの全てに「斉藤作の見本、お手本」を付属していますので・・・

・外部出力とはこうやれば良いのか!
・テンプレエクセルでの分析ってこうやれば良いのか!
・自動投票ソフトを走らせるってこうやれば良いのか!

・・・がすぐに理解してもらえるようになっています。

ということで・・・

1.「1マークの展開を読む力」(ある程度)
2.「的中率と回収率のバランス」を探るリサーチ力
3.「ITスキル」と「時間」

これら3つの力があれば、世の中がどうなろうと関係ない。物価が上がろうが本業の給料が上がるまいが関係なくなる。競艇で勝つ、ボートレースで勝つという力を身につけ、稼ぎ続けることができるのです。

そしてこの3つの内、2.と3.は「できる」んです。あなたにその自信がなくてもできるように、見本・お手本を添えて「できてしまう」環境を用意してるんです。

あなたに必要なのは・・・1.のみ。「1マークの展開を読む」ある程度の力があれば良い。

さっきあなたは・・・

『待てコラ、舐めてんのか斉藤?それぐらいのこと言われんでも知ってるわ!』

・・・と言いましたよね?

おめでとうございます!

あなたには「競艇で勝ち、ボートレースで稼いで物価の上昇なんて気にならない人」になる条件がすべて整っています!この先、厳しい世の中がどれだけ続こうとも、そこにボートレースがある限り・・・ずっと大丈夫です!

わかりましたか?

あなたはルール(条件)を見つけるだけ。的中率と回収率のバランスの取れた賭け方を見つけるだけ。それさえ出来れば「競艇で勝つ、ボートレースで勝つ」ということを達成できてしまう。

しかも、そのために必要な要素・道具類・・・TOPやテンプレエクセル、そしてTRMには斉藤作の見本がある。最新鋭最高益の現役バリバリの手法をお伝えするほどお人良しではないが、勝ちたいならこういう分析のやり方をして、こういう設定で買えばいい・・・という見本、お手本を付けてある。

要は・・・システムはもう出来ているということ。あなたが勝つためのシステムが、勝てるあなたになるためのシステムの準備がもう出来ていて、あとは使ってみるだけでいい。

だから・・・あなたがやらない理由が分からない。

追伸:
当たれども儲からない、当たったり外したりを何年も続けてきたであろうあなた!結局資金が目減りしてるんなら、それはやり方が悪いんだ。

ボートレース攻略はデータ分析によって可能。データ出力→分析→自動投票・・・というシステムを使った一連の流れ、自動化のシステムというのが既にあるのだ。

そういう便利なシステムを用意してるのだから・・・ぜひそのシステムを使いこなして、舟券投票まで自動化するチャレンジを始めてみてほしい。

今すぐ始めないと・・・いつまで経っても今の収入状況から抜け出せない。プラスαの稼ぎを得ることは多分絶対必ず、永遠に出来ないだろう。

追伸:2
競艇で稼げるようになったあなたは、実際には何もしなくなる(笑)。現場にも行かないしマークシートも塗りつぶさない。本業の合間にTRMから送られてくる的中メールを見てニヤリとするだけ(笑)。

そういう人生を過ごすために、斉藤と一緒に・・・一時(いっとき)だけ頑張ってみませんか?

追伸:3
ちょっと愚痴。多分・・・マジ本気で取り組んだこともないくせに、ちょっとかじったぐらいの中途半端で投げ出し、逃げ出した人間のくせに・・・「本当にそんなの(勝てる方法)があるんなら、人に教えたりしないんじゃねぇのか?証拠を見せてみろ!」などと、意味不明な立場でメールを送ってくんな。お前、誰様?相手にしてるヒマはねぇから。

こちとら、勝てる方法が本当にあるから教えてるんだ。無かったら教えられないじゃないか!(苦笑)

「とかで」というソフトを生み出して10年以上使い続けて来てるんだ。「とかで」専用の攻略法だって直後に生み出して、少しずつ進化させながら、これも10年以上ずっと使い続けられてるんだ。今ではダッシュの亜種の手法で・・・そういう成績を出せるように進化して来てるんだ。たかだか数千円や数万円の謝礼で教えることなんてできない代物だ。それぐらいのことも分からないのか?

前向きな相談メールは大歓迎。後ろ向きなメールや懐疑的なメール、ケンカ売ってくるメールは不要。お前どれだけヒマなんだよ。他をあたってくれ。

斉藤 圭佑

パンとワイン

コメント


認証コード9241

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional