競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

やっぱりOneDriveは要らない!

やっぱりOneDriveは要らない!

これはボヤきです(苦笑)。
なのでメール配信もしてません(笑)。

前回の記事でも書きましたけど・・・

最近、Windows11においても「とかで」君がOneDrive(WindowsOSに搭載された自動同期システム)から干渉を受けている事例が報告されています。

投票時にGoogle社のChromeブラウザを利用しています関係上、「とかで」及び「TRM」は起動時に毎回自動でChromeブラウザのバージョンナンバーをチェックします。

で、そのChromeブラウザのバージョンナンバーに適合した最新のChromeドライバーがあればダウンロードして更新してからアプリ本体が起動します。(更新の必要性が無ければスルーし、そのままアプリ本体が起動します。)

ところが、OneDriveの配下となっている場所にSSHTフォルダを置いていると・・・SSHTフォルダ内にChromeドライバーをダウンロードすることを許さなかったり、ダウンロード直後に勝手に削除されてしまったりします。

「ファイルの削除」という動作はWindowsセキュリティ(Defender)の仕業だと思うでしょ?でも事実なんです。SSHTフォルダを「除外」(監視の対象外)に指定しているのにも関わらず、OneDrive側でファイルを勝手に削除しやがるんですよ!

ファイルの削除が行われなかったとしても・・・配下のSSHTフォルダ内に新しいファイルが増えた(ダウンロードされた)ということで、すぐに同期が始まり・・・その同期が完了するまで他の動作を止めてしまい、「とかで」や「TRM」が正常動作出来なくなってしまうという問題が発生しております。

「OneDriveは諸悪の根源だ!」

と言ってるわけではありません。言いたいですけど。「とかでやTRMにとっては悪だ」と言ってるのです。OneDriveは便利な機能なのかもしれませんけど、標準仕様として「デスクトップ上」がOneDriveの配下になっているのが気に入らねぇ。

そんなわけで・・・

OneDriveが有効な状況で「とかで」や「TRM」を・・・つまり「SSHT」フォルダや「TRM」フォルダをデスクトップ上に置かないで(インストールしないで)ください。

デスクトップ上がOneDriveの配下になっている状況で「とかでインストーラーVer2.3」や「TRMインストーラー」を使ってインストールする時、デスクトップ上を指定してインストールすると高い確率でトラブルが発生します。

「解決策」

  • OneDriveを使うなら、「とかで」や「TRM」を新規でインストールする時にデスクトップ上を指定しない。
  • 「デスクトップ」をOneDriveの配下から外す。
  • OneDriveを停止・アンインストールする。

いずれか一つを必ず選択して実行してください。もちろん斉藤のおすすめは一番下の・・・「OneDriveとの決別、永遠のさようなら」です(笑)。

多分、絶対、必ず。

斉藤とは相性があOneDrive

コメント


認証コード6553

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional