競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

潜在意識を変える方法

潜在意識を変える方法

「職業に貴賎なし」と言いますが、斉藤は支持します。

「世の為人の為になる職業」と、「それほどでもない職業」は

確かにあると思いますし、「稼げる業種」と「稼げない業種」も

あると思いますが、それは、その時その時期の経済状況や

国の在り方のせいで変わるだけであって、職業そのものに

「貴賎はない」と思います。

しかし、その一方で・・・

どのような汚いやり方、非合法な手段であったとしても、

そのお金を稼ぐ為に要した「努力・労力」というものにも、

「貴賎はない」と思ってます。

ここでは・・・行為の合法・非合法性を問うているのでは

ありません。

たとえ・・・非合法な稼ぎの手段であったとしても、

パクられる危険性を考慮し回避するために、いろいろな

努力・労力が必要なはずです。

もちろん非合法な稼ぎは勧められるものではありませんし、

このような表現に対しては反論もおありでしょうが、

極論すれば・・・

「真面目に汗水垂らした労力」と「パクられない為に

費やした労力」は同等な価値を持っている。

・・・と、斉藤は思うのです。

どんな理由があって、どんな非合法な金の稼ぎ方をしたと

しても、稼いだ金に「稼ぎたかった理由と稼いだ手段」が

書かれているわけではありません。

お金はお金。

手が切れそうなピン札も、しわくちゃの古札も、

その価値は同じです。

あなたの持っている1万円札に、あなたの血と汗が

染み込んでいようが、他人の血が染み込んでいようが、

金としての価値は同じなんですわ。

いや・・・道徳論ではなくて、価値観の話でもなくて、

「お金の価値」の話として、ですよ。

投機筋・仕手筋がどこかのクズ株を大量に購入し、

情報を意図的に操作し、その株の価値を引き上げ、

高値になった途端に全部売り払って大儲けしてますが、

あれも捉え方ひとつでパクられる危険性を持ってますよね。

インサイダー情報とか偽計取引、風説の流布だとかいう

罪に問われ、パクられることがありますが、極端な話、

罰金額よりも大きい儲けがあれば良いわけです。

あるいは、儲けた金を巧妙に隠せられれば、屁みたいな
罰金額に抑えられるはずです。

そして、もっと大きな存在に成り上がれば、政治家とも

繋がり絡まって・・・罪に問われなくなることさえ
ありますよね。

ホリエモンや村上ファンドがパクられ、ゴールドマン・
サックスが捕まらないのがいい例です。

話が脱線し過ぎですね。元に戻します。

とにかく、どのような種類の稼ぎであろうと、その稼ぎを

得るために行ったあなたの努力・労力は大変尊いものである

と言いたかったわけです。

寝る間を惜しんでデータを分析し、統計に則って導き出した

あなたの舟券が的中し、利益を得る。

その行為は本業とかで、給料を得るために汗水垂らした

労力・努力と全く同一の価値があり、尊いものなのです。

なのに世間では「ギャンブルで得た金」というイメージがあり、

その金を「不浄のもの」と評するか、ギャンブルをした行為

そのものを「戒められるもの」として、あなたの潜在意識を

日夜蝕んでいる・・・。

このような・・・お金に関するマイナスの感情、ギャンブルで
得たお金に対するマイナスの潜在意識を修正する
第一歩となる、かなり重要で有用な行為を・・・皆さんに
シェアしたいと思います。

それは・・・

ギャンブルで儲けた金で、あなたの家族・
大切な人に、何がしかのプレゼントを贈る

ことです。

高額なプレゼントは不要で、ギャンブルで儲けた金額の

10パーセントとか数パーセントとか、微小な額で良いんです。

そして、その金の出所は「競艇である」と宣言することです。

奥方の性格によっては激怒される場合もあるかもしれません。

大っぴらにギャンブルすることを公言する旦那に対して、

好印象を持つ嫁は・・・普通、いません。

しかし、ギャンブルで得た金であると宣言するのは重要です。

これは、家族のあなたに対する印象やギャンブルに対する認識を

変えるために行う行為なのではなく、あなたご自身の潜在意識を

変えるために行う行為なのです。

と言うか・・・家族とは言え、嫁は元々が赤の他人なわけですから、

嫁の意識を変えるのは無理というか、変えようとする必要は全く

ありません。

むしろ、ギャンブルに対して厳しい意見を持っている嫁の方が

正常で、出来れば否定的であり続けてくれた方が、何クソ魂で、

あなたの潜在意識を変えるためにはありがたいぐらいです(笑)。

で、もう一度言いますが、嫁や家族の意識を変えようとしている

のではなく、あなたご自身の潜在意識を変えようとするために

行う行為です。

宣言することによって後に引けない、決して負けることが

許されない状況を作り出し、舟券道に真剣に取り組もうと

する意識を植え付けます。

そして、出来るだけ毎月決められた日にプレゼントします。

毎月プレゼントし続けるのです。月トータルで負けてしまい、

プレゼントする余力がない場合は、その旨正直に告白します。

毎月プレゼントし続けることで、ギャンブルで得た金でも

家族の笑顔に役立つことを潜在意識に語りかけるわけです。

毎月プレゼントし続ける為には、とにかく勝つ必要があり、

稼ぎ続ける必要があるわけです。

半強制的に勝つことを義務付け、勝った金の数パーセントを

家族のために使うことで、自身の潜在意識を変革して行く

のです。

ギャンブルの収支報告と言うか、勝った負けたの話とは、

通常、ギャンブルしていることを知っている親しい間柄で

のみ行われます。

パチンコでどんなリーチが来て何連チャンしたかとか、

どんなドツボにはまってしまったとか・・・パチンコを

したことない奴相手には、そのような話をしないですよね。

そして、そこに「パチンコ=悪」であるという認識は

ありません。

ギャンブル仲間としかしない話を家庭ですることで、

「ギャンブル=悪」である・・・という潜在意識を

変えようとするのです。

実際、勝っている限り・・・プレゼントは続きますので、

だんだんと家族から反対されることもなくなりますし、

「ギャンブル=悪」ではあっても、うちの旦那は

クールで大人のギャンブルをしている・・・という

認識が生まれ、文句を言うことはなくなります。

斉藤家の場合、嫁は何か欲しいバックとかがあると、

妙に優しくなります。「子どもの風呂は私が入れるよ。

明日の(対象レースの)抽出やるんでしょ?」などと、

怪しい笑顔で語りかけられます。

とにかく、ギャンブルで得た金で家族にプレゼントを

するのは潜在意識の改革に役立ちます。何より・・・

いったん始めたら、もう後に引けないので(笑)、

開き直って舟券の研究に没頭できるメリットもありです。

あ、最後に言っておきますが・・・

もしもあなたの家庭に波風が立っても・・・

多分、絶対、必ず・・・斉藤は責任を取りません(爆)。

追伸:

年末年始にかけて、お金に対する意識の持ち方、

ギャンブルで得た金についての意識について、いろいろと

思ったことを書いてきましたが、読者の皆さまから、

実にいろいろなメッセージを頂きました。

本当にどうもありがとうございました。

全てのメッセージに対して、ひとつひとつお返事を差し上げて

いたのですが、ある方からのメッセージに返信している時に、

この行為・・・「競艇で得た金で家族に何らかのプレゼントを

する」ということの意義を思い出しました。

今でもこの行為は続けているのですが、斉藤的にはもう・・・

月々の恒例行事と言うか、無意識に普通にやってることなんで、

この行為の重要性を忘れてしまってたというか、重要なことだ

という意識がなくなってしまってました。どうもすみません。

コメント


認証コード2402

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional