競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

「原点に帰ろう」とは?

「原点に帰ろう」とは?

今、どっぷりとやってる・・・新しい生活様式。
この生活様式・・・つまり、この手法を学んでいる

うちに・・・ちょっと思い出したことがある。

いや、思い出したと言うよりか・・・

「考えさせられた」と言う方が正しい。

その内容とは・・・

『原点に帰ろう』 だ。

原点とは・・・「出走表を良く見る」と言うこと。

前々回の記事でも述べましたが、選手の力量の差、

強弱とは「数字からでしか読み取れない」んですよね。

強い選手と弱い選手の差は何か?と聞かれれば、

それは即ち結果の量なんですわ。

結果を多く残してきた奴が・・・強い選手。
結果がまだ残せてない奴が・・・弱い選手。

だから松井はいつでも王者と呼ばれてますし、

○○選手が「SGタイトルに一番近い男」などと

不名誉な呼ばれ方をするのは、実力はあるのかも

しれないが「まだ勝ってないから」に他ならない。

勝てるだけの実力は備えているが、結果がないだけ。

しかし、いつ結果を出すのかは分からないし、

ずっとこの先も出せないままなのかもしれない。

強い・弱いで表すことは出来ても、所詮は過去の話。

今この瞬間強いのか、弱いのかまではわからないん
ですわ。

あくまでも「強かった」であり、言い方悪いですけど、

昨日まで強かった、前レースまでは強かった・・・に

過ぎないんです。

今からやるこのレース、松井と山口の、どちらが

強いのかは・・・正直分からないんですわ。

予想支援ソフトにどっぷりと身を任せ、予想支援

ソフトが表示してくれる項目を利用し、支援ソフトの

ウソと本当を利用し(見破って)儲けてきましたが・・・

本来は・・・リアルに今この瞬間の強弱を判断できる
ようになるべきで、そうしたければ・・・出走表を
「穴が開くまで見るべき」だ。

一生懸命、穴の開くまでよく見てみれば・・・
答えが書いてある時があるのだ。

なぜなら・・・

出走表とは「最新鋭の過去データ」なのだから。
(そう感じさせられた出来事があったんですわ。)

競艇を確率論で見るのなら、トコトン数字にこだわる

なら・・・出走表を全部見ずして、どうしてデータを

攻略してる・・・などと言えるのだろう。

今やってる、修業中の生活様式で、改めて

そのことを思い出したんです。

かつて斉藤は、出走表に穴が開くぐらい・・・

ありとあらゆるデータを見ていたものです。

それが・・・いつの間にか予想支援ソフトに任せっきり
となり、ソフトが表示してくれているデータだけしか

使わなくなっていました・・・。

知らず知らずのうちに・・・「ソフトの信者」に

成り下がりつつあったんですわ。

これではダメなんだ!

以前にも・・・確か1年前ぐらい前?に、このブログで
「出走表だけで買い目を導く方法」を書く・・・などと
表明したと思います。

結局・・・自分の舟券が第一で忙しくて(笑)、その時は
確かにそう思ったのですが、実際に行動に移すことは
ありませんでした。

・・・今度は本当に書こうと思います。

忙しくても書かなければならないと思ったんです。

マジ本気で。

そういう認識に至る・・・出来事があったんですわ。

斉藤の原点ともいえるこの手法を・・・書く!とブログで
以前に表明したのは・・・今回の修業、いや、「学び」の
予兆だったのか?

斉藤には1年後を読むチカラがあるのかもしれない(笑)。

5分後のレース結果が満足に読めないくせに(爆)。

と言うわけで・・・原点に戻り、書くことにしました。

というか、書きたくなったんですわ。

いや、まだちょっとしか書いてません。

本気で考えたら、書く内容、書きたい内容は腐るほど
あるんですが、それを全部書いてたら・・・1年前の
石橋式投資法の時のように、リリースは3ヶ月後に
なってしまう。

下手すりゃ・・・半年後になってしまうかもしれない(笑)。

なので、斉藤自身は原点に帰り、出走表をよく見る
ことの重要さを再確認するために書こうと思います。

しかし、自分自身への戒めとして、原点に帰る重要性を
説く内容では・・・読む方にとっては迷惑な話でしょうし(笑)、
下手すりゃ意味が分からないと思います(爆)。

どこを見て、何をどう評価すれば、買い目を導くことが
出来るのか?

そういう具体的な例を挙げて・・・説明することにフォーカス
して書きたいと思います。

それ以外の・・・データに関して不思議に思うこと、
斉藤が却下してたデータと大事にしてるデータ、
その心情の移り変わり・・・

そういうのはブログにでも書くことにします。

あ、言っときますけど・・・

誰の為に書くのか?と言えば・・・もちろん一番は
「斉藤自身の為」です。

斉藤が原点に帰る為に思ったこと、思い出したことを
書きますが、斉藤にとって必要な物は、あなたに
とっても・・・必要なことだと思いますので。

・・・多分、絶対、必ず。

コメント

  • なるほどー



    少し見習ってみます


  • Re:なるほどー


    >ダンディーさん

    コメントありがとうございます。

    本当のところ・・・出走表だけで買い目を導くのは当たり前です(笑)。探せばあるのでしょうけど、これだけ目の前にデータがあるんですから、出走表だけで間に合うはずなんですよね。

    基本的には・・・ですが(笑)。



認証コード7341

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional