競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

空手道よりも・・・ボクシングスタイル

空手道よりも・・・ボクシングスタイル

どうも。斉藤です。

これは・・・奥義のレクチャーのプレ版を書き貯めて
いる時に・・・ふと思った例え話です。

斉藤個人的には「言い得て妙」だと思ったんですが、

数日経ってから読み返してみて・・・

あまりにも・・・終始一貫して例え話なんで(笑)、

ちょっと奥義のレクチャーにはふさわしくないと思って・・・
ブログで公開することにしました。

これを読んでも・・・斉藤の言いたいことは分からないかも
しれません。

ですが、奥義のプレ版を真剣に読んで下さってる方には

分かって頂けることと思います。

多分、絶対、必ず。

< 空手道よりも・・・ボクシングスタイル >

TVドラマとかでスポ根ドラマとかでありがちなシーン
なんですけど・・・

アスリートが、早朝に砂浜をランニングする、という

シーンがありますよね?

空手家は・・・波が被ろうが被らまいが、全く気にすることなく、
我が道を行くが如く・・・波打ち際をまっすぐ走ります。

ボクサーは・・・横から打ち寄せてくる波を、軽々としたステップで
避け、フットワークを駆使して・・・波打ち際をジグザグに走ります。

空手のフルコンタクトの試合って、顔面への攻撃とかは
禁じ手ですが、通常・・・ボディへの正拳突きに対しては、
避けることなく受け止めます。蹴りはさすがに防御して
ますけど、空手家にとって基本的に・・・相手の拳は受け止め、
交えるものです。

ボクシングの試合って、出来れば一発のパンチも喰らわない
ように・・・ボディや顔面への攻撃を避けてかわし、防御しながら
戦うわけです。ボクサーにとって基本的に・・・相手の攻撃を

受け止めるという意識はありません。

この一試合、このひと勝負に勝つだけでいいのなら・・・

空手の場合は「肉を切らせて骨を断つ」というのがありますし、
ボクシングの場合も「クロスカウンター」というのがあります。

ある意味・・・捨て身の精神で死中に活を求めるとか、
そういう勝負です。

しかし、競艇は毎日やってるんです。プロボクサーのタイトル
マッチや、空手のワンデイ・トーナメント戦とは違って・・・

競艇は、今日勝ってもどうせ使うんですから(爆)、

また賭ける必要があるんです(笑)。

ギャンブラーは・・・終わりのない勝負を続けて行く運命なのです。

空手のように、相手の正拳を受け止め続けて・・・

毎回、試合に勝てるでしょうか?
長い期間、勝ち続けられるでしょうか?

正拳突き合戦に勝ち、この相手は倒したけれど、

自分の肋骨にヒビが入った状態で・・・
次の試合も勝てるものでしょうか?

これは・・・大数の法則から逃れようとする心理に

当てはまると思います。

勝ちはしても・・・フルコンタクトで、かわすことなく

相手の拳を受け止め続けていたら、いつか戦えなく

なります。戦いたくても戦えない体になってしまいます。

正拳突きを受け止め続けるのは、本命系を買い続ける

のと同じ。

正拳突きを受け止め続けるのは、たくさんのレースを

買い続けるのと同じではないでしょうか?

斉藤が言ってる意味・・・分かりますか?

ボクサーのように、相手からの攻撃をできるだけ受けない
ように、タイミングを見計らってパンチを打ち、当たれば
すぐにガードを上げるか、スウェーバック(上半身を後ろに
反らす)する。

大数の法則に飲み込まれないように、打つレースを厳選し、
当たる確率が高い時だけパンチを打つ。有効打が決まれば、
即ガード、即スウェー・・・。

「ヒットアンドウェイ」です。競艇もこちらの戦い方でないと
・・・長く続けて行けないのではないでしょうか。

多分、絶対、必ず。

追伸:

しかし実際、斉藤は空手の方が好きでして、空手を
非効率だとかは言いたくないんですけど、

勝負に勝つ、いや、勝ち続けると言う意味においては・・・

ボクシングのスタイルの方が効率的だと思うのです。

とか言いながらも、万舟券獲った時は、パソコンのモニターを
見下ろして「残心」のポーズ取ったりして(爆)。

その日の1レース目で獲ったりしたら、
「一撃必殺ぅ~唸ぁって飛ぶがぁ~♪」なんて・・・
仕事中でありながら・・・密かに歌ってたりします(笑)。

追伸:2

最近・・・【奥義のレクチャー】プレ版を読むには
どうすればいいんだ?というお問い合わせを頂きます。

ごめんなさい。今は・・・無理です。

5月末までに競艇専門学校をお申込み下さってた方か、

斉藤のシークレットセミナーをご受講下さってた方に

お送りしているのですが、

毎回・・・記事を書き上げるたびに、その都度、一斉配信
してますんで・・・

最近知って、読んでみたいと思って下さってる方に

今から配信することは出来ません。

途中から届いても・・・斉藤の言いたいことは伝わらないと
思いますので・・・。

で、プレ版があとちょっとで終わりますんで、終わったら
正式にレクチャーをスタートさせる予定ですけど、

正式スタートしたら・・・希望される方には、プレ版をお読み
頂けるように準備しますので・・・それまで待ってて下さいね。

コメント

  • 山本です


    失礼ながら、久しぶりにブログを拝見させてもらいました。メールといいブログといい、ためになる言葉が多く感心しきりであります。


  • Re:山本です


    >山本 清彦さん

    ・・・ありがとうございます。斉藤の例え話は極端なんで・・・こいつ、頭がおかしいんじゃ?って思われるかもしれませんが、その通りです(笑)。

    これからも意味不明な例え話をいろいろと書いていきますね(笑)。今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。



認証コード2869

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional