競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

嗅覚を理論化し、理論を数値化する。

嗅覚を理論化し、理論を数値化する。

斉藤です。こんばんは。

オフィシャルとテレボートの統合は、
一体どうなるのでしょう・・・。

オフィシャルからも、テレボートからも、未だに新しい
コミットメントはなくて、毎日画面開いてキーボードの
Ctrl+F5でスーパー画面更新かけてるんですけど、
新しい告知は表示されません(悲)。

「いつになるのか?」さえ分からずに、ずっと待ち続ける・・・
ってのは性に合わないというか辛かったんで(笑)、
オフィシャルとテレボートに電話してみたんですよ(笑)。

そしたら、どちらさんも全くの未定という回答で、
「決まったらトップページに載せる」の一点張りでした。

まだ目途も立ってないのかなぁ?
そんな感じに思えました。

というか、多分、こういう問い合わせが多いんだと思います。
この質問をした瞬間にオペレーターの声のトーンが
変わりましたもん(笑)。

「またその質問か」っていう感情が読み取れましたもん(笑)。

目途が立たないなら・・・やめたらどお?(爆)

斉藤が期待しているのは・・・

「諸事情により、このたびのオフィシャルサイトとテレボート
サイトの統合は中止となりました。ご迷惑をおかけして
誠に申し訳ありませんでした。」

・・・という表記です(爆)。

そんな英断・・・あり得ないでしょうけどね。

多分、絶対、必ず(笑)。



さて・・・

このところ絶好調です。

負けないんです。週に1日、あるいは10日に2日、
負けているだけ。

基本的には日曜日は休みで、平日も本業との兼ね合いで
買えない日もある・・・っていう買い方だったのが、

これだけ調子が良いと、「買えない日」なんてのは
許せなくて(笑)、自分に対する「裏切り行為」でしか
ないように思えて(爆)、夜に埋め合わせしてでも
「買える日」にしてしまう(笑)。

で、勝った日というのは・・・最低でも3~4マン勝っていて、
負けた日の損金も・・・それぐらい。

つまり、負けたって言っても・・・勝った日々の、どこかの
1日分の利益と同じ。残りの・・・勝った日の平均勝ち額は、
4マン以上10マン未満という感じで、週に2日もしくは
10日に3日ぐらい、二桁マン勝ち。最大は30マンぐらい。

なんでやろ?
なんでこんなに調子が良いのか?

多分・・・身も心もダッシュ一色に染まっているからだ。

最近は「しのごの」方式で「種銭稼ぎ」をすることもなくなった。
というより忘れてしまってた。その必要がないぐらい・・・
調子が良いもので。

※いや、もちろん「しのごの」の判断も調子いいんですよ!
今日なんかたくさんのアラートレースがあったんですけど、
4~5レース取捨選択を外しただけかな?それ以外は・・・
ほぼパーフェクトに正しい判断が出来ましたわ。
買いませんでしたけど(爆)。

でも、このダッシュ(と亜種の両方)の「調子が良い」という
ことは、「調子が悪い」時もあるはずで、いつかそういう時が
来るはずだ。

多分、そのうち来るんじゃないか。
絶対、もうすぐ来るはずだ。
必ず、明日来る。

そういう戒めの気持ちを持って生きてきたけれど、最近それさえも
「ホントかなぁ」・・・と思ってしまうようになった(爆)。

この「ダッシュの亜種」は、ハッキリ言って「嗅覚」から始まった。

嗅覚以外の何物でもない・・・最初はそう思ってた。
そう思うようにしてた。

調子乗んなよ斉藤!お前、何様のつもりやねん?
昔を思い出せよ!調子乗ってたらそのうちぶっ飛ぶでぇ(笑)

そういう・・・斉藤自身の心の声がずっと聞こえていた(笑)。

だから・・・嗅覚以外の何物でもない、そう思うべきなんだ!と
戒めてた。

もちろんこの間、ブラッシュアップは続けてきたけれど、
革新的なブラッシュアップにはまだ至ってない。

だからまだ「嗅覚」と表現すべきレベルだと思う。そう思うべき
なんだ。嗅覚に毛が生えた程度のレベルで買い続けてきて・・・

でも、あれからどれぐらい経った?

4月の上旬あたりにこのやり方を思いついて(嗅ぎ付けて)・・・
今が5月下旬。

もう2ヶ月かぁ。

この間・・・負けた記憶がない。いや、あっただろうけど忘れた。
というか、負けた悔しさが残ってない。

翌日には獲り返せる・・・というか、当日にまだ一発目の的中を
獲れてなくて、マイナスが積み重なって行ってる時でも、「昨日の
利益がちょっと減っただけやん!」って思ってしまう感覚。

負けた気がしない。
負けたのは、区切りがそこ(一日という概念)だったから。

一日単位で収支を締めてるから・・・数字上では負けたことに
なってるだけ。

そういうイメージ。

つまり・・・「さしたる連敗がない」ということ。

負けた日ってのは、対象レースが少なかった日。手を出せる
レースが二つか三つしかなかった日。

そう言い切っていいんじゃないかと思えるぐらい・・・
「数があれば獲れる」のだ。

不思議なんだけどね。こんなのあり?って思うぐらい。
でも、事実として2カ月間、ずっと獲れてるんだ。

手数を出せば・・・いずれ必ず獲れて、
早く獲れたらそれだけその日は有利になる。

獲るのが遅くなれば・・・手数の分だけ利益は減るが、
それでもプラスの領域にいるのは確かで・・・これは仕方がない。
手数を出すというのはそういうことなんだ。

2カ月だぜ。こんなのが2カ月も続いてるんだ。
永ちゃんじゃないけど・・・「どうする?」みたいな(笑)。

この2カ月間・・・ずっと考えて経験して分かってきたことがある。

嗅覚を斉藤なりに理論化し、その理論で数字を見ようとすると
・・・手を出せるレースが見えてくるんだよね。
「これはGoでしょう!」と、自信を持って言えるのだ。

的中する自信を持っているのではない。
「手を出すべきだ」という自信を持てるのだ。

このレースを買わずしてどうするのか?
もしもこのレースが来たらどうするの!

そういう意味での・・・「手を出すべきだ」の判断に
自信がついてきた。

だから・・・外れても気にしない。
手を出さなければ、得られるものもないからね。

いやまぁ・・・入金額が目に見えて減って行くのだから・・・
多少は気になるけど(笑)、でも、「そのうち来るよ、実際、
これまで来てるしぃ~」という自信がある分、それほど
(以前よりも)気持ちは揺るがない。

この2カ月で獲ってきた利益を「一時的なもの、確定してない
もの」と思ったら、資金めちゃくちゃあるのと同じだからね。

一日という単位で見ず、ひと月という単位で見れば、資金量
有り余ってますからねぇ(笑)。

いや、実際は・・・かなり浪費して減ってるんだけどね(爆)。

そんなわけで・・・

あとはこの「嗅覚」を言葉に直し、その言葉を数字に直して
記録して行けば・・・文章としてあなたに伝えられるように
なると思う。

そんな気がするぐらいまで、斉藤自身の頭の中、見るところ、
見る順序、考え方というものがハッキリと見えてきました。

ただ、見えてはいるのだけど、レース毎に見るところの優先順位と
判定基準が変わるんだよね。無意識のうちに。

無意識のうちに・・・って言っても、夢遊病者じゃないんで(笑)、
夜にもう一度振り返って見てみれば、やっぱり当たり前の対処
だった・・・と思えるんだけど、優先順位を変えた理由をうまく
文章化・・・分類することがまだ出来ていない。

このレースにおいては・・・っていう説明の仕方なら出来るん
だけど、全てのレースでそういう説明をすることが出来るん
だけど、それらをまとめて・・・系統化した文章にすることが
出来ない(苦笑)。

でも・・・ヤマ勘じゃないんだ。
まとめて系統立てた文章として説明できないから・・・
悔し紛れに「嗅覚」と表現しているだけで、

本当は・・・見るべき場所と見る順番と、取捨選択の
判断のための数値というのは分かっている。

言わば・・・「見るべきところを見て考える」の積み重ねが
「嗅覚」だと思ってる。毎日毎日何年も見てきたら、自然と
そうなってくるものなんだ。

例えば・・・本当、たとえ話だけど、

横一線でスタートしたら、1が逃げて2が差し、3が握れば
4も握るか差して、5は4の反対の捌きをして、6はハナから
最内を差す構えをしながら展開を見てる。

これが典型的な捌きのパターン。

ま、あくまでもこれは横一線の時の話であり、
あ・・・当然、伸びも同じぐらいで、技量もほぼ同じ、
という前提なんだけど(笑)、

とにかく・・・基本的にはそうなるものなんだけど、
現実にはそうならない時もたくさんあって・・・

それを「なぜそうなるのか?ならなかったのか?」って、
言葉で説明するのは・・・とても難しい(笑)。

いや、書けないことはないと思うけど・・・もしもあなたが
その理由を書いて説明しよう思った時・・・膨大な数の
パターンがあることに気付くだろう(笑)。

1が逃げ、2が差して・・・

・3も差した場合の4の捌きは?
・3が握った場合の4の捌きは?
・それらの場合の5の捌きは?、6は?

というパターンがあって、しかも実戦のレースなんだから・・・

・もしも横一線じゃなかったら?
・内側コースが凹んでたら?
・外コースに前に出られてしまってたら?
・凹んで両サイドから絞られて行き場がなくなってしまったら?

というふうに、状況によって選手が選ぶ「捌きの選択肢」は
変わっていくと思うんですよね。

その上でさらに・・・

・イケイケで握ってくる性格の選手と、差して堅実に着順位を
積み重ねていく性格の選手とがいて、それらの選手の捌きに
他の選手も少なからず影響を受ける・・・

・もう予選でこれ以上無理して点数を稼ぐ必要がない選手と
稼ぐ必要がある選手とで・・・

というふうに・・・無限とまでは言わないが、全部を網羅しよう
と思ったら、それこそ指数関数的な膨大な数のパターンがある
ことに気付かれるでしょう。

樹形図

これはたとえ話でしたけど、この話と同じように・・・

出走表のデータを見る時に、見るところと見る順位と判定する
データの基準値・ボーダー値というのは、あなたの見方、
狙い方によって変わってくると思うんです。いろんなパターンが
あると思うんです。

見方・狙い方によって・・・見るところと見る順序と
数値の評価というのが変わっていくものだと思うんですよね。

それを言葉で説明しようとしてるから・・・
斉藤は苦しんでるんだと思います(笑)。

ただ・・・

穴系の狙いというのは、どこかに一つ、キラリと光る要素を
見つけてその可能性を感じ取る・・・という狙い方というか
考え方ですから、このたとえ話のような、状況による捌き方の
選択肢ほどたくさんの選択肢があるわけではないと思います。

実際・・・斉藤は「これ、来る可能性があるよね!」という
結論だけでGoしてるわけです(笑)。

でも、実際にちゃんと一定間隔で的中が来てるんで・・・
それでOKなんです(笑)。

「キラリと光る要素を見つけた!」が・・・結果に結びつけば
OKで、結びつかなければNGなんです。

そういう見方をすることが「正しいのか正しくないのか」では
なくて、結果論なんです。

結果から遡って・・・その結果となったのではないか?と思える
要素を見つけ、正しい判定をするための基準値を知る。

その積み重ねで・・・きらりと光る要素を見つけられるように
なり、その光が本物か偽物かが分かるようになる。

あ、ちょっと違いますね、「その光が本物であることが多いのか
少ないのか、が分かるようになる」が正しいですね。

そういうケースに気付くためにはどこを見たら良いのか、
そして、見て判断するための要素の数値は?ってことを考えたら、
王道的な見方をしてちゃダメなんですよね。変えて当然なんですわ。

その・・・キラリと光る要素をどこまで高い確率で見つけられるか、
見て判断することができるか。これに尽きると思います。

こういう・・・「まとめ」は書けるんですけど(爆)、
系統別に分けて書くことが出来ない(笑)。

今年、御歳50の斉藤・・・多少、頭が弱くなりつつあると感じて
ますが、いや、そもそもそれほど頭良くなかったんで(笑)・・・
ボケてしまう前に系統立てて書き終えたいものです(苦笑)。

出来るだけ厳密な手順化と順序化、しかし、その順序を変更する
ケースがあって、その時の条件・・・等々、どこまで明確に
書くことが出来るか、現在チャレンジ中です。

頭の中にあることを文章にした時に、対象レース毎の違い・・・
メンバー構成の違いや数値の違いとかで、見るところや
優先順位や判定基準値を変えてる部分をうまく言葉で説明
するのが・・・難しい。

テレパシー能力が欲しいですわ。
テレパシーがある人なら教えてあげますんで、
テレパシーで申し込んでください(笑)。

でもまぁ・・・この亜種、斉藤の言ってること、伝えようと
している内容を半分ぐらい理解出来たら・・・十分勝てると
思います。

的中率20%で大きく勝てる狙い方です。
的中率15%とかでも勝てると思いますし、
的中率10%を超えたら負けないと思いますわ。

多分、絶対、必ず。

追伸:
この号の下書きを始めたのは先週末で、書いたそばから・・・
土曜日と日曜日、ちょっとだけ負けました(笑)。2日で
4~5マンぐらいかな?

対象レースが少なかったことが主たる原因だとは思いますが、
でも、覚えている限りにおいて、初めての明確な・・・
「連敗」でした。

でも、落ち込んだりはしなかったです。
かえって・・・安心した(笑)。

「月曜日には来るでぇ!この土日で期待値が溜まったわけや。
天井来てるで!」

などという・・・勝てないスロッターのようなつぶやきを
しつつ、ニヤニヤとしてた(笑)。

で、実際、昨日の月曜日に11マン、これを書いてる今日
火曜日も現時点で10マン。

あ、この2日間は・・・実は亜種じゃなくて、亜種で獲るまでも
なく本流で獲ったんですけど、やはり期待値溜まってましたねぇ。
天井来てたですねぇ(笑)。

多分、絶対、必ず。

追伸:2
ダッシュと、この亜種をやってたら、一日一万円生活は
出来ないや。

でも、穴狙いに移行するまでの間・・・つまり「本命系が読めて、
かつ、そこからちょっとだけズレた領域を狙えるようになった人」
には・・・一日一万円生活の手法は最適だと思うんだけど・・・

斉藤自身は・・・もう戻れないや。

多分、絶対、必ず。

追伸:3
先日、なんか久しぶりに行きつけの飲み屋に行って、
キープしていたボトルを出せ!と言ったら、なぜか
焼酎とブランデーの2本のボトルキープがあって・・・
結局、泥酔したんですけど(爆)、

いや、飲み屋は全然関係ないんですけど(爆)、
それでふと思いついたことがありまして、
我ながらいいアイデアが出たと思いましたんで、
BPさんにお願いして・・・

勝つためのスピードが確実に上がりましたわ!
ありがとうございました!

追伸:4
ダッシュの・・・この亜種のやり方が文章となり、
教材となったら・・・どうなるのかなぁ。

どうしたってオッズは下がるだろうから、斉藤自身の儲けが
減るだろうから・・・やっぱり超限定にしたいなぁ。

と言っても・・・ここでこんなこと書いてても
大した意味はなくて。

どうするにせよ、少なくともダッシュのメンバーさんだけが
ご案内の対象なんだから。

あなたがこの亜種のご案内の対象者様となるのは
いつのことでしょうか。

いや、妬みやっかみ冷やかしはオーケーです。
スルーするだけなんで。

でも信じて飛び込んでみようかな?と少しだけでも
思っているのなら・・・

まずはとりあえず、斉藤ワールドに足を踏み入れてみて下さい。

「とかで」Unlimited版のユーザー様になることが入り口です。

ハッキリ言って「ダッシュ攻略法」はハードル高いです。
亜種はどうするかとか、書けてもないんで(爆)まだ全然
決めてませんけど・・・

亜種どころか、それ以前に「ダッシュ」の世界に入ってくるための
ハードル自体が既にもう高いんです。

だから・・・興味があるのなら、真偽のほどを確かめに、まずは
斉藤ワールドに足を踏み入れて来てみて下さい。外からでは
絶対に見えませんから(ニヤリ)。

あなたがこちらに入って来て、そして見たもの感じたもので・・・
判断して下さればOKですわ。

ということで、今すぐ斉藤ワールドに足を踏み入れて来てください。

■「とかで」Unlimited版&「永遠オッズDB」
ライセンスお申し込みページ

http://kyotei.claretinfosys.com/index.php?%3Aselfpaybanktokadeandeiendb

↓こちらはエクスプレスチケットです。

■「とかで」Unlimited版&「しのごの
攻略法」セットお申し込みページ

http://kyotei.claretinfosys.com/index.php?%3Aselfpaybanktokadeandsinogono

ということで・・・
今回のお知らせは以上です。

最後までお読み下さりまして
ありがとうございました。

斉藤 圭佑

コメント


認証コード7623

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional