競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

2年前の予言が間もなく現実に・・・

2年前の予言が間もなく現実に・・・

突然ですけど・・・2年前の斉藤のブログ記事を
覚えていますか?

覚えているわけないですよね?(苦笑)

ちょっと長いんですけど・・・一度、読み返して
みて下さい。面白いこと書いてますので。

■プログラマーBPさんからの予言書
http://kyotei.claretinfosys.com/index.php?QBlog-20170502-1



・・・お読み頂けましたでしょうか?

懐かしいですねぇ(笑)。

あの予言を発した直後に、「とかで」の進化を阻害する
オフィシャルとテレボートの融合等の邪魔が入ったり(笑)、
斉藤の人生的にもいろいろと大きなイベント等があって、
なかなか思うようには開発が進まなかったんですけど、

2年前に発した予言が・・・間もなく現実となります。

その現実化の第一弾がTOP(とかでアウトプット機能)の
リリースであり、第二弾がTRM(とかで自動投票機能)の
リリースとなります。

2年前の予言内容・・・一部はまだ実現してなかったり、
意図的に開発を進めてない部分もあるんですけど、
大体90%ぐらい正しかったというか・・・全体の
9割方は現実のものとなりつつあります。

で、あの記事の中に、下記のような記述がありまして・・・


ということで・・・まとめますと、

●TOP(とかで・アウトプット)機能は、
あなたが指定した期間の、指定した項目を
エクセルファイルとして出力します。

あなたはそのエクセルを開き、フィルタ機能を使って
条件を絞り込んで行き・・・良さげな購入条件を見つけます。

●TRM(とかで・レース・マネージャー)は、
その購入条件を読み取り、あなたに代わって
「買うべきレース」が現れるのを待ち、

買うべきレースが現れたら、あなたに代わって
次の動作(アラートメール発報、または直接購入)を
指示します。

TRM(とTOPのコンビ)は、文字通り・・・
あなたのレースをマネージメントすることが出来ます。


この表現の内、「次の動作(アラートメール発報、または
直接購入)を指示します。」と言う部分の表現に関して・・・
「アラートメール発報」の機能は開発できておりません。

それは・・・それをやるよりも先にやらなければならない
と思った、大事なことがあったからです。

> あなたはそのエクセルを開き、フィルタ機能を使って
> 条件を絞り込んで行き・・・良さげな購入条件を見つけます。

> 良さげなアイデアがまだ見つかっていない方は・・・
> TOPを使って見つけて下さい。そのための機能がTOPです。

・・・この部分です。

これ・・・もう完全に「あなた任せ」な表現です(笑)。
TRM(とかで自動投票機能)で使用する「勝てる条件」を
見つける部分に関して、完全にあなた任せだよという
表現になっています(笑)。

もちろん端的に言い切ってしまえばその通りで(笑)、
勝てる投票条件を見つける作業と言うのは文字通り
「あなたの努力次第」なのですが、

そう言い切ってしまうと・・・元も子もない(笑)。
斉藤のやってる活動というのは「勝てる人を養成する」
ことなんですから、ちょっと役不足と言うか、この
活動をやっている斉藤のポリシーとエナジーに対して
ちょっと弱い。「勝てる人を養成する」ための助力
(斉藤側の努力)が足りてない・・・と思ったわけです。

もちろん2年前のその当時から、

「儲けの書」=「エクセルファイル」

と称して、斉藤オリジナルの攻略手法を設定書にして
公開するとも書いてましたけど・・・

考えてみれば・・・あれは斉藤ワールドのディープな
メンバーさま用で、「とかで・アンリミテッド・
シークレッツ」の教材群をお持ちの方を対象とした
もので・・・

自動投票機能を使える人(使ってもいい人)というのは、
既にその時点で「自分オリジナルの勝てる手法を確立
出来ている人」のことですから・・・

そうじゃない人、斉藤ワールドのディープなメンバーさん
じゃない人にも、もっときめ細やかに手を差し伸べた、
マジな(本気度の高い)「勝つための道しるべ」をつくる
ことが出来る「何か」が必要なんじゃないか?・・・
と思ったわけです。

もしも、自動投票機能というものを軽~い気持ちで
使い始めてしまったら・・・多分絶対必ず、即死して
しまう方が出てきてしまうかも?・・・という強い
懸念を感じたのもあります。

ディープなメンバーさま用の「儲けの書」よりも、
TRM(とかで自動投票機能)を使ってみようと思ってくれた
全ての方を守ることは出来ないかな?という思いの方が
強くなりまして、

で、それが・・・「テンプレートエクセル」なのです。

このエクセルを使う時点で、まだ自分オリジナルの勝ち方、
勝てる手法を確立されてない方にも、勝てる手法を見つけて
もらえるように・・・斉藤の見本というか、勝てる方法とは
こうして見つければいいんだよ・・・ということを伝える
「お手本」みたいな感じで利用して頂けるようにした
エクセルブックなのです。

そんなわけで・・・個別の手法専用の「儲けの書」では
なくて、TRM(とかで自動投票機能)を使って勝つための
基本書「テンプレートエクセル」の開発を重視・優先した
わけです。

で、その「テンプレートエクセル」の件ですが・・・
またも長くなりそうなんで、例の表示形式で・・・
いや、ここにも書いておきますけど、斉藤のブログに
アップしておきますので、そちらでご覧頂いてもOKです。


●テンプレートエクセルの重要性

あくまでも一般論として申し上げますが・・・今現在のあなたが、あなたなりの観点・感性でデータを出力し、テンプレートエクセルで分析しても・・・おそらく答えは決まっている。的中率は分からないが、回収率が75%になるだけだ。多分、絶対、必ず。

いや、斉藤となんらかの繋がりがある方・・・競艇専門学校のメンバーさんだったり、「とかで」と「永遠オッズDB」のユーザーさんで「とかで・アンリミテッド・シークレッツ」や「SAMDES配信講座」等のUnlimited版専用の攻略法群や講座を受講中のメンバーさんであれば・・・月毎に浮き沈みの波はあるでしょうけど、最低限ベース的な回収率が100%近辺の立ち位置におられるか、少なくとも斉藤がこのように言っている意味を理解して頂けているというか・・・身を持って肌で感じて理解して下さってることと思います。

TRM(とかで自動投票機能)を使って勝つための、その最初の一歩としてTOP(とかでアウトプット機能)を使ってデータを外部出力し、そのデータをまとめたエクセル(テンプレートエクセル)で分析し、勝つ条件を見つける必要があります。

例えば・・・この条件とこの条件とこの条件を全て満たしている時、かつ、この項目のデータの数値がいくつ以上の時に投票して行けば、一定期間において回収率が100を超え、これぐらいの利益が出せる・・・という「勝つ条件」を見つけ、それを設定ファイルとして保存しておく必要があるんです。

TRM(とかで自動投票機能)は、その設定ファイルを読み込んで、その条件に一致したレースを見つけ、全自動で投票してくれます。

そんなわけで・・・「テンプレートエクセル」が最も重要です。TRM(とかで自動投票機能)を使うための第一歩なわけです。


●TOP(とかでアウトプット機能)こそが、自動投票の始まり部分にして最も重要なパートである。

↑大事なことなのでもう一度書きました(笑)。

で・・・これは予告なんです。ここ最近ずっと連続であなたにお送りしている斉藤のメールやブログ記事は、近日中にリリースする予定のTOP(とかでアウトプット機能)を、リリースの開始と同時に、リリースの直後からすぐに使い始めて頂き、自動投票で勝つための理論とスキルを学び始め、手に取って扱い、テスト(試行錯誤)を始めてもらいたいという思いから書いてることなんです。

今すぐ準備を始めて欲しい。あなたは普段どういう項目をどういうふうに見て、どのような数値だったら投票に至っているのか?「とかで」で言えば、どのような強弱割合のレースを抽出し、スタ展データが出た後、進入隊形?1号艇のコース1着率?展示タイム?モーターの2連対率?どのような項目をどのような順番で重視していて、それらの数値をどのような物差しで取捨選択して買い目を導いているのか?

自分の内面との対話?みたいな、何を見てどう決めているのか?自分の判断行程そのものの詳細で正確なトレース作業・・・そういう「自分との対話」を今のうちから始めておいて欲しいのです。

これまで斉藤は「永遠オッズDBを使って今すぐオッズを収集し始めておいてください」なんて言ってましたけど、そんな時期はもう・・・とうの昔に過ぎているのです。

TOP(とかでアウトプット機能)がリリースされたら即座に使い始められるように、まずは自分自身の判断基準とか判断行程というものを詳しく把握しておくべきです。

そして、テンプレートエクセルを活用して勝てる条件をいくつも見つけ出し、来るべき第二弾のリリース、つまりTRM(とかで自動投票機能)のリリースに備えておいて欲しいと思ってます。

「そんなこと言ったってよ・・・斉藤、お前のことやから、TRMのリリース時期が予定よりも大幅に遅れる・・・ってことも、充分にありえるよなぁ?」

あ・・・すみません。ムキに否定はしません(爆)。でもまぁ今、めっちゃ楽しく毎日開発作業をしてますんで、進捗が遅れることはあっても止まるとかはありえません。今年の秋頃、遅くとも年内(2019年末)にはリリースする予定なんですけど、

ま、これまでの斉藤のふるまいを見返せば、絶対にそんなこと(リリースが遅れること)はありえない!と断言できるような立場と言うか人物像じゃないんで(苦笑)・・・完全否定はしませんけど(爆)、

でも、例えばですよ・・・本当に予告した時期ギリギリの2019年末のリリースになったとしても、時間の無駄にはなりませんので。

だって考えてみて下さい。アウトプット機能とテンプレートエクセルを使って勝てる条件を見つけ出せたら・・・そのまま手動で買えばええですやん!

本業の制限上、昼間に内緒でこっそりと舟券を手動で買えない人には申し訳ないですけど、もしもつまみ買いぐらいなら出来る・・・のであれば、テンプレートエクセルであなたが見つけたその条件で買ったらええですやん!

注:テンプレートエクセルで導き出した「勝てる条件」とは、的中率と回収率のバランスの良さで利益を出すもの・・・という側面がありますから、手法によってはつまみ買いでは利益を出すのが難しい場合もあるかと思います。対象レースを欠かさず全部買う方が成績収支が安定すると思いますので、あまりにも頻度の低いつまみ買いしか出来ないのであれば、TRM(とかで自動投票機能)のリリースをお待ち頂いた方が良い場合もあると思います。



とにかく・・・

TRM(とかで自動投票機能)の完成・リリースが遅れると
いうのは、あなたに時間をタダでプレゼントしている
ようなものです(爆)。

タダで何かをプレゼントするような、お人好しの
斉藤じゃないんで(笑)・・・頑張って開発を進めて
いきますので!

ということで、今回はここまで。

最後までお読み下さりまして
ありがとうございました。

斉藤 圭佑

2年前の予言が現実に・・・

コメント


認証コード9671

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional