競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

公開 詫び状

公開 詫び状

どうも。斉藤です。

ブログってのは・・・ウェブ・ログの略なんだ
そうで、言わば・・・「日記」みたいなもの
なんだそうです。

リアル生活で日記など書かない斉藤ですが、
それでも・・・メモ魔であります。これまでの
人生の中で、こだわってきたこと・・・

例えば、

★若い頃に夢中になってた・・・クルマの改造に
関する記録、体感的な部分の、自分なりの表現での
メモ、

★好きな女が、俺の行為で「喜んでくれた瞬間」
の、その理由に関する考察と次なる発展への計画(爆)、

★口に含んだ瞬間に溶けていった・・・超高品質で
レアなワインに関する印象(笑)、

そういったことを・・・メモしてきました。

年末頃に・・・ちょっとした手帳みたいなのを
銀行員とかに貰うじゃないですか?ああいうのに
ずっと書き込み続けてきたんです。

毎日じゃないですけど、人生の節々で、気になる
度に記録してきたんですよね。

競艇を始めてからは・・・競艇専門学校という
活動を始めてからは・・・データの分析方法に
関するひらめき、自分なりの視点と実際の統計
結果との相違点などを・・・

「石橋式投資法」の執筆を始めた頃からは・・・

自分なりの読み方、1マークの展開予想と買い方、
そして実際の結果、予想との相違点、展開予想の
読み方の修正点・・・そういったことをメモし
続けて来ました。

そして、その時々で思ったことを・・・斉藤の
ブログにも書き残してきました。

ま・・・手帳に書いたメモを「日記」とは呼ばない
でしょうけど(笑)、斉藤としては、メモであろうが
このブログ記事であろうが・・・全ては「日記」の
ようなつもりで書いてます。

もちろんブログには・・・斉藤著作の教材や
オリジナルソフトのご案内とかも書いてます
けど(笑)、それはメールが届かないことへの
保険であって・・・

本来の目的としては・・・斉藤が思ったことを
自由に書くための「日記」的なスペースなんです。

ディープなプライベート部分までは書きません
けど、公開できる範囲で、思いを語るスペース
なんですわ。

しょうもない思いから、熱い思いまで、軽い
気持ちで考えたことから、重~い思い(笑)
・・・までを。

いつか・・・何年か経って読み返したら、懐かしく
当時の自分自身を振り返りつつ、その時考えていた
ことを思い出し・・・現在の斉藤のの姿、姿勢?
生きざま?と比較して・・・成長の糧として、
活用するためのスペースなんですわ。

斉藤にとって、このブログとは・・・競艇専門学校
の斉藤 圭佑としての活動記録であり、メモであり、
そしてちょっぴり「ただの男、斉藤 圭佑」としての
思いも書く場所であり・・・最高の表現場所だと
思っています(笑)。

・・・毎度のことですが、前節が長過ぎますねぇ(笑)。

そんなわけで・・・本題です(笑)。

斉藤自身の活動記録、斉藤が現在思っている
こと・・・

そういうのを未来の斉藤に伝え、斉藤自身の成長の
糧として・・・このブログで語っておかなければ
ならない気付きというか、「学び」が・・・最近
ありました。

一昨日の夜のことなんですが・・・斉藤は、ある
サポート業務を完了させることが出来ました。

「とかで」Unlimited版が・・・起動は出来る
ものの、どうやっても正常に動かすことが
出来ない・・・

というユーザー様がおられまして・・・。

実名は伏せます。●●様とおっしゃる方で・・・
その方からサポートの要望が来たのは・・・
なんと!半年前に遡ります。

もう・・・はっきり言って解決までに時間かかり
過ぎなんですけど(笑)、いやこれは・・・特殊な
ケースでして・・・

解決までの半年間には、パソコンの故障かも
しれない?という●●さんのご判断で、修理期間も
含まれてて、その間は何もサポートしてないんです
けど(笑)、

そして、イマイチ・・・パソコンに慣れてない方
だったこともあり、パソコンの動作の仕組み、
フォルダやファイルの階層等について・・・斉藤の
意図が伝わらなかったり、●●さんからのご報告の
内容を斉藤が正しく汲み取れなかったりして・・・

とにかく意思疎通にやたら時間がかかり、動作しな
い原因を突き止めることがなかなか出来ません
でした。

そんなわけで・・・解決までに半年もかかったんです。

で、原因を突き止めてみれば・・・「なんだ!
そんなことか!」だったんですけど(笑)、「え?
本当にこれが原因だったの?」っていうこと
だったんですけど(笑)・・・

それは・・・斉藤もBPさんも全く予想もしていな
かった、OSのある設定が原因だったのでした。

「とかで」のGoやQuickボタンが正常に動作しな
い・・・

たったこれだけの問題を解決するために、半年
かかったわけです。

このような現象は、他のユーザー様、誰ひとりと
して発生したことがなくて・・・

なんで動作しないのか?斉藤からの質問に対する
お返事を読む限り、どこもかしこも正常で、
どうやっても動作するはずなのに・・・

●●さんのご報告通りの環境を用意し、いろいろな
テストをして、なんとか同じ現象を再現させようと
徹夜したこともありました。かなり長い時間、
斉藤は苦労してきたわけです(笑)。

しかし・・・斉藤よりももっと苦労されたは・・・
他ならぬ●●さんご本人です。

不慣れな分野で、斉藤の言ってることがイマイチ
理解出来てない状態で・・・それでも一生懸命に
なって原因を探るのにご協力して下さいました。

最後の1ヶ月半なんて、ほぼ毎日ぐらいの頻度で、
あれこれとメールのやり取りをしてました。

で、ふとしたことがきっかけで・・・およそ
大まかな原因部分を突き止めることに成功し、
多分、絶対、必ず、これが原因だったんだろう
と確信し・・・

なぜ、このことに気付けなかったのか?これまでに
やりとりしたサポートメールの中で、斉藤が
見落としていた部分はなかったのか?どこかに
ヒントとなる部分がなかったんだろうか?

・・・と、全てのメールを読み返していて・・・
ふと・・・気付いたんです。

原因がどうだったとか、ヒントがあったとか
なかったとか、そういうのじゃなくて・・・

ひょっとして斉藤は、この半年間、とんでもない男
と接していたのではないか?

●●さんは、斉藤よりも年上で、パソコンに不慣れ
であるにもかかわらず・・・一生懸命原因を突き
止めようと努力し、協力し続けてくれた。

これは・・・かなりのド根性が無いとやれない
ことだ。

半年間だ!半年間も・・・この原因を探るために、
斉藤の言うことに付き合ってくれた・・・。

●●さんって、かなり根性据わった男なんじゃ
ないか?と。

・・・正直に告白しますね。

●●さん、どうか怒らずに読んで下さい(笑)。

「もういいです、諦めます」・・・って言葉を
吐くのは簡単です。

斉藤も・・・ここまでやって来て、そういう言葉を
吐かれたら・・・多分ブチ切れるでしょうし(笑)、
「それだけは絶対に言わせないぞ!」という気持ち
で、「何が何でも解決してやる!」と、マジ真剣に
サポートしてたんですけど(笑)、

やっぱり半年もの間には・・・

「なんでそうなるねん!どこか斉藤の言うとおりに
やってくれてない部分があるんとちゃうか!?
本当にその通りにやってくれてるんか?」

・・・と、半ば腹立ち気味に思ったこともありました。

他にもやらなきゃならないことがたくさんあるし、
実際、一刻も早くそれらに没頭したい・・・

でも、その前にこの問題を解決しなくちゃいけない
んだけど、一向に原因が分からない。サポートは
全く進捗していない。

このままじゃ・・・いつまで経っても本腰入れて
次のことが出来ないよ・・・

そんな・・・時間的な束縛感みたいな・・・
「焦り」を感じて、腹が立っていたんだと思います。

そして・・・その時、斉藤が送ったサポートメール
の文面には・・・そういう感情がモロに表れて
いました。

ですが・・・●●さんのせいじゃないんです。

パソコンに不慣れなことが・・・別に悪いことじゃ
ないはずです。犯罪を犯してるわけでもないですし。

斉藤の言うことを信じ、「とかで」を使って下さった。
パソコンに不慣れなのに・・・斉藤のことを
信じて「飛び込んで来て」下さったんです。

パソコンが分からなくても、なんとかなるさ!
と・・・斉藤のことを信じて飛び込んで来てくれた。

その男気に・・・報いなければならなかったのに。

いや、結果としては・・・解決できたんで、
「とかでを完全動作させる」という意味では・・・
報いることができたんですけど・・・

意思疎通がうまく出来ない、ことごとく徒労に
終わるサポートばかりで、無駄に時間が流れて
いくことに・・・だんだんと腹が立ち・・・

気がつけば、感情が文面に表れたサポートメールを
書いてしまっていた。

斉藤を信じ、「飛び込んで来てくれた」んだから、
なんとか使えるようにサポートしてみせるぜ!
という思いでサポートを始めたのに・・・

いつの間にか「飛び込んできやがった」という
感情に変化し、その感情に支配され、そういう
感情が現れたサポートメールを斉藤は書いて
しまっていた・・・。

分からないことだらけの中で・・・●●さんは、
一生懸命努力して下さった。おそらく・・・
何のことやらチンプンカンプンの用語が並んで
いたと思います。

いや、それは途中で斉藤も気付きましたんで・・・
出来るだけ詳細に書くように努めましたけど、

一時的にしろ、そういう感情に支配されていた
自分自身が情けなく・・・恥ずかしかった。

意思疎通が図れないもどかしさが、いつの間にか
時間の束縛感に変わり、焦りの感情が生まれていた。
そしてその感情が相手へと向けられていた・・・

斉藤、お前・・・何様のつもりやねん?

サポートメールを読み返して・・・
斉藤はとても恥ずかしかった。

相手が問題なのではなく、己の思いが途中で
ぐらつき、間違った感情に支配されていた・・・

半年間、ずっとそんな感情が続いていたわけでは
決してないんですけど・・・

でも・・・時に失礼なメールが送られてきたにも
かかわらず・・・毎回一生懸命のお返事を返して
下さった●●さん。

●●さんの寛大さ、そしてド根性に触れ・・・
自分自身をもっと見つめ直さなきゃ・・・と、
●●さんに教えられたような気がしたのでした。

そういうわけで・・・【詫び状】を公開します。

この件につきまして・・・●●さんに心より
お詫びを申し上げますと共に・・・学ばせて
頂いたことに感謝を申し上げます。どうも
ありがとうございました。

と共に・・・

この記事を・・・書いたことさえ忘れた未来の
斉藤が読んで・・・懐かしみ、微笑みながら読む
ことが出来ている男になっていることを・・・
自分で祈ります(笑)。

斉藤 圭佑

追伸:
いえ、感情自体は存在してていいんです。
腹が立ったら怒る。それは当然のことで、
日本人はもっと怒るべきだと思いますが・・・

しかし・・・このケースでは、腹を立てるべきでは
なかった。

腹を立てるのなら自分自身に対して・・・でもなくて、
そもそも・・・腹を立てるようなシチュエーション
では無かったはずだ。

腹を立てるべきじゃないことで腹を立てていた・・・
ということに腹が立つんです。そんな自分自身に
腹が立つ。感情がコントロール出来てなかった
ことに・・・自分で腹が立っているんです。

なぜなら・・・

怒りの感情だけじゃなくて・・・焦りとか喜びとか
慢心とか・・・「感情のコントロール」って、
ギャンブルで最も大切なことだと思ってます。

いや、「思ってる」んじゃなくて、「知ってる」んです。

詫び状ではありましたが、この問題はギャンブラー
として深い意味を持っています。あなたもご自身の
感情について・・・感情のコントロールについて、
よく考えてみて下さい。

この意味が分からない人・・・そしてこの意見に
同意できない人は・・・ギャンブルのド素人ですわ。

多分、絶対、必ず。

コメント

  • 御無沙汰してます


    今回の記事、かなり勉強になりました。共感できることもあってすごく感動したので、すぐにコメントを残そうと思ったのですが、言いたいことがすぐにまとめることができなかったのと自分自身の段取りの悪さで、ついつい先延ばしになってしまって・・・すみません。

    これからも勉強させていただきますね^^変わらずお元気そうでなによりです。これからも無理せず頑張ってください!


  • Re:御無沙汰してます


    >inyaさん

    ・・・コメントありがとうございます。ずっと腹が立っていたわけではなくて、時々だったんですけど(笑)、それでもそういう感情に支配されていた文面は恥ずべきで、相手に失礼な態度だったと反省してます。

    さてさて、ギャンブルには欲が付き物で、人間の感情と切り離せないものだと思ってます。だからこそ、感情をコントロールすることが大切だと思うんですが、inyaさんはどうやってコントロールしてますか?

    個々の選手の能力判断には感情が入り込む余地は少ないと思いますが、金を賭ける時の・・・オッズの値によって欲が生まれ、感情が芽生えたりしませんか?(笑)

    また・・・そのあたりのことについて、inyaさんのブログ等でレクチャーして頂けたら嬉しく思います(笑)。今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。

    斉藤 圭佑



認証コード1422

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional