競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

BPさんに感謝!菊地モードが実現に!?

BPさんに感謝!菊地モードが実現に!?

斉藤です。こんばんは。

さすがはBPさんです。先日の斉藤のブログでチラっと書いただけで・・・直接伝えるのではなく、さりげなくコソっと提案してたのに(笑)・・・ちゃんと斉藤のブログを読んでくれていて、菊地モードを搭載してくれることになりました!(嬉)

ということで、菊地モード搭載中です。もう載せることが決まってるので、先に説明書を改訂しました(笑)。

「投票分析タブ」マニュアルページ
http://kyotei.claretinfosys.com/index.php?tokademanual1

↑このページ内の「選手データ詳細ウィンドウ」の項目名をクリックしてお読みください。

また、この菊地モードの使い方というか、ワンポイントアドバイスみたいなのをここに書いてみますので参考にして下さい。

「選手データ詳細ウィンドウ」

菊地モードの使い方と『ワンポイントアドバイス』

本当は「選手個人モード」とでも名付けようと思ったんですが、やっぱり「菊地モード」の方がしっくり来るんでこの名にします(爆)。なのでここでも3960菊地孝平を例に上げて、このモードの表示方法とワンポイントアドバイスを書きますね!

2021/7/25芦屋4R
1.まずは「選手データ詳細ウィンドウ」を表示します。↑この段階ではまだ通常モードの表示です。「6選手のデータ」が表示されています。

菊地孝平を選択する
2.ここで上部メニューにある「グラフ表示」→「全艇」→「3960菊地 孝平」を選択すると・・・

菊地孝平モード発動
3.「枠なり進入フィルタ」が掛かった状態で菊地孝平のコース別の成績データが表示されます。(菊地モード発動) この菊地モードで「着順ヒストグラム」を表示中のみ、左サイドに「コース別進入率」も表示されます。

菊地孝平のコース別のスタートタイミング推移グラフ
4.右クリック→スタートタイミング推移グラフを選択すると菊地のコース別のスタートタイミングの推移グラフが表示されます。

ここで注意点!(仕様のご説明)
本来「フライング」とはスタートタイミング欄で「マイナスの数値」として記述・表示されるべきなのですが、このスタートタイミング推移グラフにおいては、グラフ上でマイナスの値を表すことをしていません。

そもそもフライング(マイナス値)って・・・そんなにたくさん発生するものでもないんで、見やすいグラフ表示をするためにスタートタイミング推移グラフの原点は0(ゼロ)にしています。

赤の下線部及び○で囲んだ部分
なので、2021年7月22日の菊地の6コースからのフライングは-0.02という負の値ではなく、正の値0.02としてグラフ上にドットされています(右サイド赤○の部分)。左のデータベース内の記述も-0.02ではなく0.02として表示されています(左サイド赤の下線部分)。これは仕様ですのでご了承ください。

All Dataタブ&スタートタイミングヒストグラム
しかし、右クリックで「スタートタイミングヒストグラム」を表示させると菊地の6コースからのグラフの-0.05のところに1と分布が表示されています。(分布グラフですので「-0.01~-0.05の間」のデータとしてここに1と分布されます。) また、「All Data」タブで見ると2021年7月22日の行の「事故」欄に「F」と記載されていますので、それで「F0.02」と認識してヒストグラムではマイナスの値の分布として正しくグラフ表示できています。

というわけで、「スタートタイミング推移グラフ」だけは・・・グラフの原点を0にしているためにF0.02が0.02としてドットされていることをご了承ください。負の値を絶対値にして正の値としてドットしたとしても、例えばF0.05等の大きなフライング(非常識なフライング)の値になればなるほどグラフ上でドットされる場所も0よりも上の位置になりますので・・・多くのケースにおいてロウワーラインまたはアッパーラインを引き上げることに繋がると思います。正確性をスポイルするほどではないと考えています。これは仕様ですので・・・どうかご了承ください(苦笑)。

「ワンポイントアドバイス」

グラフ表示→全艇→選手名を選択した(菊地モード発動)時は自動で「枠なりフィルタ」が掛かった状態で表示されます。そうしないと6つ全てのグラフが同一になってしまうからです(苦笑)。

でも、あえて「右クリック」→「すべてのフィルタをクリア」でフィルタをクリアしてみてください。
すべて同一のグラフ形状
着色だけが違っているものの、全く同じ形状のグラフが6つ並んでいるのがお分かり頂けると思いますが(苦笑)、

この状態(「菊地モード発動」&「枠なりフィルタ」が掛かってない状態)にしてから、左サイド「選手別」タブで各項目のフィルタリングを駆使すれば「一人の選手に対して一度に6種類の見方(フィルタリング)で調べる」ことができます。

例えば1号艇のデータ欄で・・・いや実際にはもう1号艇のデータ欄ではありませんで、何号艇の欄であっても全て同じ「菊地孝平のオールデータ」という意味になりますが、例えば1~6号艇までの欄内にある「PoolNo」(競艇場ナンバー)を使って・・・

1号艇欄・・・PoolNoで1~5だけを選択し、
2号艇欄・・・PoolNoで6~9だけを選択し、
3号艇欄・・・PoolNoで10~13だけを選択し、
4号艇欄・・・PoolNoで14~15だけを選択し、
5号艇欄・・・PoolNoで16~19だけを選択し、
6号艇欄・・・PoolNoで20~24だけを選択

・・・このようにすることで、

1号艇欄 = 関東エリア:(桐生・戸田・江戸川・平和島・多摩川)
2号艇欄 = 中部エリア:(浜名湖・蒲郡・常滑・津)
3号艇欄 = 近畿エリア:(三国[北陸]・びわこ・住之江・尼崎)
4号艇欄 = 四国エリア:(鳴門・丸亀)
5号艇欄 = 中国エリア:(児島・宮島・徳山・下関)
6号艇欄 = 九州エリア:(若松・芦屋・福岡・唐津・大村)

・・・というふうな「エリア」区分けで各グラフを表示させてみることが可能になります。

菊地孝平エリア別スタートタイミング推移グラフ
で、例えばスタートタイミング推移グラフにすると、中国・九州エリアでは平均値が0.12と少し遅くなるみたいだとか、地元中部エリアでは(斡旋数も多いんでしょうけど)結構0.2以上の遅れ気味のスタートもある?みたいなことが分かります。

※ちなみに・・・この設定を「フィルタ保存」メニューから保存することもできますけど、菊地モードではなく通常表示モードでそのフィルタを使ってしまうと、1号艇選手の関東エリアの成績、2号艇選手の中部エリアの成績・・・という表示内容になってしまいますのでご注意くださいね(笑)。

それ以外にも・・・例えば「グレード」欄を使ってSG/G1/G2/G3/一般戦という区別で特定の選手の成績を分類することも可能ですし、「種別」欄を使って優勝戦/準優勝戦/特別選抜A戦/特別選抜B戦/予選/ドリーム戦という区別で特定の選手の成績を分類することも可能です。あるいは「枠なり進入フィルタ」を掛けた状態のままで1号艇から6号艇までを「全て同一のフィルタリング(例:一般戦)」を掛ければ、そのフィルタリングにおけるコース別の成績を表示させることが可能です。

この「菊地モード」は、左サイド上部メニューの「グラフ表示」でもう一度「全艇」を選択するか、「データ更新」ボタンを押すと終了し通常の表示に戻ります。

コメント


認証コード9361

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional