競艇で舟券を予想し、的中させることと儲けることは次元が違います。オッズを使った予想法や万舟券投資法であなたも今すぐ勝ち組に!

eienodds

永遠オッズDB

競馬と違って投票総数の少ない競艇において、「オッズ」とは・・・朝一の大量投票、異常オッズ等を探すためのものではなく、投票直前に「どれぐらいの金額を賭ければどれぐらいのリターンになるのか?」を綿密に計算するために・・・あるいは、それまでの損金を補ってなおかつ利益を出すための・・・厳密な計算のために存在していると思います。

投票総数の少ない競艇において、一つの買い目に大金を投入することは自爆行為に等しく、勝式によっては・・・自らの投票のせいでオッズを下げてしまうことだってあります。

なので・・・電投締切後にどれぐらいオッズが下がるのかを概念として知っておかないと、出せるはずの利益も出せなくなってしまいますよね。

しかし、おおよそ日本人と言うのは・・・なんらかの職業を持っているわけでして(笑)、電投締切1分前にチマチマとオッズページを見ながらオッズをメモし続けることは不可能です。というか、そんなことやってたら・・・会社をクビになってしまいますし、肝心の投票が出来ませんよね(笑)。

そこで・・・オッズを全自動で取得するソフトウェアを紹介します。

永遠オッズDB

永遠オッズDB

その名も・・・『永遠オッズDB (データベース)』です。

「永遠」の名の通り、一度起動しておけば、未来永劫、永遠にオッズを収集し続けます。

このソフトは、競艇オフィシャルサイトのHTML版のオッズページを指定した時刻に自動で読み取りに行き、2連単/複、3連単/複のオッズを蓄積し、データベースとして構築していくことが出来ます。

競艇は一年間に約5万レース程行われますが、その全てのレースのオッズを取得します。あなたがお望みなら・・・オッズページそのものをパソコン上に「htmlファイル」として保存・蓄積させていくことさえ可能です。

「出走表とかで買い目を導くソフト」Unlimited版と連携させ、超綿密なシュミレーション訓練をするために開発しましたが、収集・蓄積したオッズデータをエクセル等の表計算ソフトで二次利用出来るように、csv形式またはxls形式で外部出力させることも出来ます。

長期間の連続稼働で問題になるのは・・・パソコンの内蔵時計の正確性です。負荷のかかる作業をすればするほど・・・パソコンの内蔵時計って簡単に狂ってしまいます。

1日のズレは僅かであっても・・・連続稼働で何日もオッズを収集し続けていくと、そのズレはすぐに致命的な問題となります。電投締切1分前に設定しているのに、パソコンの内蔵時計が狂っていては・・・1分前に取得したデータとして信用することは出来ませんよね?

そこで・・・「永遠オッズDB」は、ソフト起動時とLoad時(当日の開催レーススケジュールを読み込みに行く時)、及び認証チェック時に、ntpサーバー(インターネット公式時計サーバー)にもアクセスし、あなたのパソコンの内臓時計を毎日自動で修正します。

また、当日の朝になって、予期せぬ出来事でレーススケジュールが変更されたり・・・レース中の事故処理や、江戸川競艇場のような一般船舶通過待ち等の理由で電投締切時刻が変更された(遅延が起きた)場合であっても、出来る限りの素早いタイミングでそれに対応させるべく・・・一定間隔毎に取得リストを自動更新し、常に最新のレーススケジュールに合わせてオッズを取得していきます。

永遠オッズDBの使い方

◆永遠オッズDBマニュアルページ←別ウィンドウで開きます。

◆永遠オッズの使い方<ビデオ解説>←別ウィンドウで開きます。

ビデオ解説の中で紹介しておりますのは、旧版の永遠オッズなのですが・・・最新型の「永遠オッズDB」も基本的な使い方は同じです。

このソフトは基本的に・・・一旦起動したら「ほったらかし」に出来るソフトウェアです。その日のオッズ収集が終わっても、更新時刻になるとそのまま自動で翌日(当日)のレース開催スケジュールを読みに行き・・・前日と全く同じ条件でオッズを取得し続けます。

一旦起動したら最後(爆)、論理上、あなたのパソコンのハードディスクを埋め尽くすか、停電になってパソコンの電源が落ちるかするまで(笑)・・・ずっとオッズを取得し続けます。

あなたが会社へ出勤していようが、休みの日に家族とどこかへ出かけようが、あなたに代わって何日でも何年でも・・・休むことなく『永遠に』オッズを収集し続けてくれるソフトウェアなんですわ。

オッズデータ取得時刻の設定について・・・

例えば、「電投締切3分前」「電投締切5分後」に設定しておけば、電投締切3分前のオッズと5分後のオッズを取得することが出来ます。

電投締切5分後というのは便宜上「確定オッズ」と言う意味に捉えて下さい。電投締切時刻の1分後に本場での締切となり、その直後にレースが始まりますので・・・電投締切5分後と言うのはレースが行われている最中か、レースが終わろうとしている時間帯であり・・・即ち「≒確定オッズ」ということになります。

競艇の場合、競馬に比べて投票総数が少ないですから・・・電投締切時刻からあまりにもかけ離れた時刻におけるオッズに大した意味はないと言うか・・・何らかの特徴を見つけられるとも思いませんので、電投締切3分前とか1分前ぐらいに設定して収集するのが良いと思います。

この「永遠オッズDB」は1台のパソコン上において「重複起動」が可能です。2つ重複起動させれば4つの、3つ重複起動させれば6つの異なる時刻のオッズを収集することが出来ます。

もちろん・・・それなりのマシンスペックと通信環境は要求されますけど、例えば3つ重複起動させれば・・・5分前・4分前・3分前・2分前・1分前・5分後におけるオッズの推移を分析することだって可能です。最大3つまで重複起動させることが可能です。

普段そこまでオッズに注目されたことはないかもしれませんが、「出走表とかで買い目を導くソフト」Unlimited版と組み合わせて使えば・・・まるでタイムマシーンに乗って、過去に行ったかの如く・・・超リアルなシュミレーション訓練をすることが出来ます。

あるいは、csv形式またはxls形式で外部出力し、エクセルやアクセス等の表計算ソフトで分析することで・・・「いつもあなたが購入している時間帯におけるオッズ」と「確定オッズ」との間に・・・どれぐらいの差、推移幅があるのかを把握することができ、的中時の純益をより増大させることが可能になると思います。

電投締切直前の任意の時刻のオッズと確定オッズ、そしてレース結果・・・これらを見比べるという「視点・観点」は、あなたにさまざまな「ひらめき」をもたらすでしょう。

オッズを昇順や降順でソートして段差を見つけ、「ある程度の的中域」を見つけることが出来るようになるとか・・・電投締切時刻5分前と3分前のオッズの違い(締切直前の売れ行きの推移)から判断して「オッズデータだけで」儲かる買い目の領域を見つけることが可能になるとか・・・あなたの「ひらめき」次第で、無限の可能性が広がって行くと思うんですよね。そのお手伝いが出来るのが・・・「永遠オッズDB」なんですわ。


永遠オッズDB 補足その1

「永遠オッズDB」は、WindowsOS上で動作するプログラムです。一度走らせ始めたら全自動で永遠にオッズを収集して行きますが、WindowsOSが止まってしまうとオッズが取得できなくなります。

つまり、WindowsOSがスリープや休止状態になってしまいますと、「永遠オッズDB」も止まってしまいます。WindowsOSがスリープや休止状態にならない設定下で「永遠オッズDB」をご使用下さいませ。

Microsoft Update等の自動アップデートプログラムは、重要な更新の時に勝手にパソコンを再起動する場合があります。また、ウィルスバスター等のセキュリティソフトも自動でアップデートしますが、アップデート内容によっては勝手にパソコンを再起動させる場合もあるようです。

勝手にパソコンが再起動されてしまいますと・・・「永遠オッズDB」は再起動することが出来ず、オッズデータは収集されませんので、OSやセキュリティソフト等に、勝手にパソコンを再起動させない設定にてお使い下さいませ。

「永遠オッズDB」は一年間のライセンス登録により使用して頂けます。オフィシャルサイトの改変があった場合は迅速に対応し、アップデート致します。

この4月から競艇はBOAT RACEと表記が変わりましたので、ひょっとしたら近々・・・オフィシャルサイトの仕様が変更になるかもしれません。

↑斉藤の読み通り、2011年6月28日に・・・やりやがりました!(笑) (対応済みです。)

  • 申し訳ないですが、SONAR機能を動作させたノートン・インターネット・セキュリティーをお使いの場合はサポート対象外とさせて頂きます。永遠オッズDBをウィルスソフトだ!と誤判定しやがったので!出来ましたらノートン以外のセキュリティーソフトに乗り換えてから・・・ご使用下さいませ。

<参考記事>「SONARはクソである!しかし、ノート●ユーザーは賞賛に値する!」

永遠オッズDB 補足その2

「セキュリティソフトからの要らぬ干渉回避方法について」

「永遠オッズDB」は、sOddsdata.mdbというアクセスファイル(.mdbファイル)にオッズを記述・蓄積して行きますが・・・

「永遠オッズDB」起動後に「オプション」→「データベースの最適化」を行おうとした時に、セキュリティソフトによっては、「永遠オッズDB」がアクセスファイル(.mdb)を勝手に書き換えようとしている!という誤った判断をし、動作を緊急停止し、「永遠オッズDB」を強制終了しやがる・・・というケースがご報告されました。

起動は普通に出来て、オッズの取得も出来るのですが、データベースの最適化を行おうとすると・・・強制終了されてしまうみたいです。

「データベースの最適化」は、sOddsdata.mdbの快適な読み書きスピードを保ち、長期に渡って安定的にオッズファイルを保持して行くために欠かせない重要な操作でして・・・斉藤も一定期間毎に必ず行っている、大切な「ファイル保守・管理」操作です。

それを「不正な動作」と言われたら・・・たまりませんわ!

しかも、「永遠オッズDB」の強制終了だけでなく、セキュリティソフトによってsOddsdata.mdbがsOddsdata.mdb.bkという拡張子(バックアップファイル)に書き換えられてしまうケースもあるみたいで・・・

このようなことを勝手にされてしまうと・・・起動時にsOddsdata.mdbファイルが見つからない(存在しない)ということで、永遠オッズDBが起動出来なくなります。

ま、これは・・・sOddsdata.mdb.bkを再びsOddsdata.mdbに手動でリネームすることで再び起動出来るようにはなるのですが・・・

大切なsOddsdata.mdbを保守管理(最適化)しようとして、逆に不安定にされてしまうわけで・・・正直、斉藤は激おこプンプン丸でして、

ちゃんと見ろや!
このクソ●ィルスバ●ター!(激怒)

ってわけなのですが・・・激怒したところで何も変わらないとも思いますので(苦笑)・・・念のため、今回のアップデート版を適用する前に、お使いのセキュリティソフトの「例外設定」で、「永遠オッズDB(EienOddsDB.exe)」を監視の対象外のアプリに指定してから起動されることをお勧め致します。

あ、もう、ついでに「とかで(SSHT.exe)」も例外設定に指定しておいて頂けたらと思います。いえ、「とかで」は今のところは何の干渉も受けてないんですけど、この先は分かりませんので(苦笑)・・・

一度例外設定に指定しておきさえすれば、今後は余計な心配をさせられることもなく、快適にお使い続けて頂けることと思いますので。

永遠オッズDB 補足その3

「OSからの要らぬ干渉回避方法について」

※全てのユーザーさまが対象ではないのですが、一部のユーザーさまの環境下において・・・「永遠オッズDB」のアップデート後、起動時に「警告ウィンドウ」が表示され、起動することが出来ない・・・というケースがご報告されましたので、その解決策をお伝えしておきますね!

警告ウィンドウ

「永遠オッズDB」の起動時に、このような警告メッセージが表示された場合、
『管理者として実行』を行って下さい。

<実際の手順>
「永遠オッズDB」のアイコン上で右クリックして「管理者として実行」の項目があれば・・・選択してください。

管理者として実行1

上記の「管理者として実行」の項目が右クリックメニュー内になかった場合は、そのまま「プロパティ」を表示させ、「互換性」のタブ内下部にある、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れてOKを押してください。

管理者として実行2

こうすることで・・・起動時の警告ウィンドウは出なくなり、正常起動するようになると思います。

ちなみに・・・斉藤の環境下では、Windows8.1のパソコンでのみこの警告ウィンドウが出現しまして、Windows7のパソコンでは出たことがなくて・・・なので斉藤は、Win8以降のOSでのみ出現する警告だと思っていたのですが、Windows7ユーザーさまからもこの警告ウィンドウが出たとのご報告を頂きまして・・・どういう環境下、どういう条件の時にこの警告ウィンドウが出るのか、正確なところは分かっておりません。

が・・・「管理者として実行」をすることで、この警告ウィンドウは出なくなりますので・・・お試しくださいませ。

※これは「永遠オッズDBのみの話」としてご認識下さい。「とかで」においてもこの「管理者として実行」をONにすることで、さまざまな制限から解放される場合がありますが、「Windows10&とかで」においては、この設定をしないで下さい。投票ナビから投票することが出来なくなるケースがあるみたいです。


※このソフトはWindows用のソフトです。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional